カテゴリ
ダム・発電所(323)
鉱山(53)
林道(56)
隧道(112)
(16)
鉄道(58)
その他(111)

2019年05月06日

岐阜 古津楽苑 1

長い連休も今日で終わり。林道・ダム・鉱山の探索、という
観点だと全く充実しなかったけど、法事やら実家にやらで
和歌山は湯浅にも行ったし、大阪にも行ったし、それ以外でも
これといった旅行はしない代わりに、熱田神宮にも参った。
だからそれなりに忙しかったか・・・。
ウラル山脈のM子と出かけられなかったのが残念。
熱田神宮への道中の電車の窓から見える景色で、この
古津楽園を思い出したよ。
(電車から明確に見えたわけではないのだけれど。)
ごくたまにしか通らないけれど、長良川沿いを通っていると
山の中に気になる塔が見えている。
琵琶湖西にも同じようなのが有って気になっているの
だけど、どういうわけかこっちの岐阜の方を先に行って
みたくなった。本当は松尾池の岩舟荘がどうなっているか
見に来たのだったが、こちらの塔が優先になった。

道路からはこんな感じで見えている。
01.jpg

車を停めて、あらためて望遠で撮ってみた。
こりゃ寺か何かだね。と思ったけれど、道も見えず、行って
みたい度はかなり上昇した。
02.jpg

しかしどこから登ればいいんだ?
麓には現役のホテルがある。
敷地に入らなければならないのか?
03.jpg

微妙に敷地内か、と思わせるこんな道をみつけた。
04.jpg

私はいまだにスマホのような文明の飛び道具を
持たないから、こういうことはいつも帰ってからわかる
ことになる。
先にこれを見てあれば何のことはなかったのだが、
この入口にたどり着くのに、ちょっと手間取った。
05.gif

しかしながら先ほどまで道だった道は、道でなくなる。
荒れ放題・・・
06.jpg

それでも我慢して登ると、また道が復活。
何か建物が見えてきた。
07.jpg

どうやらこれは現役。
昔の何かの施設(W.C.?)にポンプを設置してある。
08.jpg

09.jpg

このタンクこそバリ現役だ。二槽式のパネルタンク。
10.jpg

その裏手に回ってみる。
11.jpg

これはなかなかの風景だ。某国の便所かと思ったが、仕切り
が無くなっているだけだ。
12.jpg

13.jpg

14.jpg

ここを通り過ぎると、奥にさらに階段が見えた。
15.jpg

もちろんどんどん登っていく。
16.jpg

17.jpg

いまや何かわからない施設跡も通過する。
18.jpg

19.jpg

20.jpg

奥にまた建物が見えてきた。
21.jpg

22.jpg

表へ回ってみる。
23.jpg

消防用設備もある。
24.jpg

25.jpg

扉が開いている。
26.jpg

からっと晴れた、明るい日だから入れる、というものだ。
これがジメッとしていようものなら、なかなか気色の悪いこと
になるだろう。
27.jpg

2階への階段。しっかりしている。
28.jpg

29.jpg

良い天気に恵まれ、とても明るい和室である。
30.jpg

天気のおかげでおどろおどろしさは全くない。
雨の夜なんかに入った日にゃあ、さぞかし怖いだろうな。
31.jpg

明るい廊下は続いている。
32.jpg

33.jpg

34.jpg

先ほどの襖の反対側。
35.jpg

36.jpg

37.jpg

また1階に降りてきた。
シャンデリアのようなのがある。
38.jpg

この建物はもうこの辺にして、先に進む。
39.jpg

しばらくはこのような感じ。
40.jpg

電柱が有ったが、生きているように見えた。
41.jpg

さらに進むと、ここは道だったのか、という雰囲気になる。
42.jpg

これは寺の設備なのか、遊びの場の設備なのか、
という疑問。詰まるところ、寺の設備に見えるな、
と言うことなんだけどね。
43.jpg

長良川が見下ろせている、という場所だ。
44.jpg

あともう少しで彼の地に、というところまで上がってきた。
45.jpg

ちょっとした広場には驚くことにバスが居た。
今や藪の中だが、かつては車が上がれた、と言うことだ。
46.jpg

廃墟も好きだが、草ヒロも好きだ。
47.jpg

48.jpg

49.jpg

50.jpg

51.jpg

この運転席懐かしいな。子供のころの幼稚園の送迎バス
がこんな感じだったな。
52.jpg

あと少し上がったら・・・
53.jpg

54.jpg

これはやっぱり寺っぽい。
55.jpg

狛犬ならぬ、狛象がお出迎え。
56.jpg

57.jpg

この感じ。これが良いんだよ。かつて栄えた鉱山にも
相通ずるものがある。
58.jpg

59.jpg

もうあと少しであの白い塔に到着。
60.jpg
posted by Shimneti at 02:19| Comment(3) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

廃墟 鱒池亭

最近気づいた。私は社内では廃墟マニアだと思われている
らしい。
廃墟の話題になると、「あいつやったら知っとんで」となるし、
若い人が「Shimnetiさんちょっと連れてって下さいよ」、と
いうのは大抵廃墟のことを言っている。

だけど私は廃墟マニアではない。本当のマニアの人から
すれば私など、少し廃墟にも行く人、というレベルである。

私が行く林道や鉱山、発電所には廃な物が多いから、
そんなイメージになっているのだろう。
また多少そういう行為をしていることも事実。

せっかくだから廃墟を何点か。とは言え随分ま前の訪問。
時の経つのは早いもので、もうあれから5年近く経とうとしている。
今も健在だろうか。

比較的良い道沿いに有る。
01.jpg

車が停まっているのが見える。
02.jpg

看板もある。
03.jpg

04.jpg

この車によってここが「鱒池亭」という名前だと思った。
帰ってから検索すると、やはり有名物件。
05.jpg

廃な車も好きだ。よく眺めている。
チェリー バネット コーチ 2.0SGX である
サンルーフ付きだ。

勝地 鱒池亭
自然公園,岩風呂,鱒つり
お食事,鱒鯉料理,ご宴会

などと書かれている。
06.jpg

07.jpg

08.jpg

09.jpg

車の周辺にはすでにいくらか廃な小屋が見える。
鱒池亭は川をはさんだ対岸に有る。
10.jpg

木々の間から建物が見えている。
11.jpg

ここから望遠で満足しておこうか、とも思ったが、やっぱり
ちょっと行ってみることにした。
12.jpg

川を渡るためのアプローチ。
13.jpg

まずこの橋を渡らねばならない。
だけど帰りはここを通らなかったので、必ずしも
この橋を渡らなければ辿り着けない、と言うことは
ない。
14.jpg

さほど高くないし短いし渡るのは簡単だ。
15.jpg

16.jpg

6月だったが、すでに鬱蒼とした雰囲気である。
17.jpg

外界との仕切りはすでに無く、いらっしゃい状態だ。
18.jpg

自然な岩斜面にしがみつくように建てられている。
19.jpg

昭和な雰囲気に萌える。
もうすぐ替わる令和からすると二世代前ということか。
20.jpg

鳴る心配が無いから、用は無くても安心して押せる。
21.jpg

奥へと進んでみる。
22.jpg

崩落した階段
23.jpg

浴場か。
24.jpg

25.jpg

対岸、元来た林道側にも建物が見えている。
帰りに寄ってみよう。
26.jpg

27.jpg

どんどん進む。
いまや何の部屋だったかはわかりづらい。
28.jpg

比較的大きめの部屋。
おどろおどろしい雰囲気になっている。
29.jpg

現役時代はさぞ風情が有って良かったろうに。
30.jpg

まだ上が有る。
31.jpg

先程の崩落階段を見下ろしている形だ。
32.jpg

どれもこれも懐かしい雰囲気。
33.jpg

食事中には見られないことを願う。
34.jpg

臭ってきそうだが、もちろんもう臭いは無い。
35.jpg

36.jpg

37.jpg

あちこちに手を洗う所が有るのは良いことだ。
38.jpg

39.jpg

40.jpg

浴室まで有る。
41.jpg

斜面にへばりついているのだから、3階であっても
外を見たらこんな感じだ。
42.jpg

セントラルヒーティング。
懐かしい響きだ。
昔、お金持ちの友達の家は、「あのおうちはセントラル
ヒーティングなんやで」なんて言ってたもんだ。
43.jpg

あの橋を渡らずとも、川を渡ることができる。
44.jpg

鱒池亭ともおさらば。
45.jpg

46.jpg

47.jpg

48.jpg

対岸のこちらに。
49.jpg

50.jpg

レトロな照明、とか言っているけれど、今赴任中の三重の
アパートも似たようなものだ。
51.jpg

ちょっと中も見てみるが、あまり珍しいことは無かった。
52.jpg

53.jpg

54.jpg

55.jpg

56.jpg

57.jpg

鱒の養殖をして、料理も有って、泊まれて。
そんな場所だったんじゃないかな。
58.jpg

59.jpg

林道復帰。
60.jpg

林道からの眺め。
こういうことが流行らない時代になったのかな、
と、つくづく思う今日この頃。
61.jpg
posted by Shimneti at 00:19| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする