カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(46)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(57)
その他(98)

2017年10月08日

潮見埠頭 廃線 名古屋臨海鉄道

仕事で潮見埠頭に来た。
仕事でどこかに出かけるなど、ここ最近では超が
つく珍しさだ。
01.jpg

せっかくだから名古屋臨海鉄道の廃止区間でも見て
いこう。
02.jpg

03.jpg

埠頭の先っちょに近いところで、その向こうは海。
04.jpg

何か特に思い出の場所、というわけでも無いけれど
レールが残っているところが癒されるポイントだ。
05.jpg

東名古屋港の駅前に盛大に路駐して、散歩した。
こちらは現役。
06.jpg

工場地帯を走るレールは、当然貨物がメイン。
07.jpg

車社会の現在、「走らす」ということに関して鉄路の比較
にならないほど車が便利になってしまって、これだけの
工業地帯にあっても鉄道は廃れる一方である。
08.jpg

09.jpg





続いて、何か目的が有ったわけではないが、地図を
見てココ、と思ったので大江駅前に行った。
駅前と言うのに、駐車場の廃墟みたいなのが有って
盛大に斜め停めして、散歩に出かけた。
10.jpg

何か珍しいものが有ったわけでも無かったが
ここでいささか気分の悪い事象が発生。

大江駅前には大手企業がある。
そこから出てきた警備員がにこりともせずに
「警察に通報するけど、いいですかねぇ」
かなりの横柄な口ぶりである。
何か通報されなあかんことしたっけ?
「むだぁーんで停めてもらったら困るんだけど」
あ〜ぁ、あの廃駐車場の話か。
11.jpg

なるほど、帰ってGoogleさんを見てみたら、一応
現役の駐車場らしい。
12.gif

なるほどなるほど、車がたくさん停まっている。
13.jpg

しかし、今はこの状態。フェンスが有るとか、どこかに
駐車してはダメとか、通報するとか書かれてあるわけ
でもない。ましてや誰かに迷惑をかけたわけでもない。
通報すると言うのならどうぞ、と言ってもよかったが、
もはや私は違うことを考えていた。
○○○○○○○○ほどの企業であっても、警備にまで
社員教育は行き届かないものなんだな、と。
普通、一言目から通報する、などと言わないだろう。
ここに停められては困る、と言う説明が必要なはずだ。
明らかに応対の仕方が間違っている。
さて、わが社はどうだ? 各所の警備の面々を思い浮
かべながら、あぁたぶん大丈夫だな、と安堵した。
きっと初めての人にそのような横柄な態度はしないだろう。
むしろ親切だろうな、と思った。
10.jpg

14.jpg

気分は悪かったが、再び潮見橋近辺に戻って来て
かつての駅のあたりを見て次に進んだ。
15.jpg

16.gif
posted by Shimneti at 14:52| Comment(4) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

柘植駅 転車台

目的地は、このすぐそばにある廃墟ですが、
ここにも立ち寄らんわけにはいきません。
01.jpg

02.jpg

矢印のあたりに転車台が残っているはず。
でもここからは何もわかりません。
03.gif

ここに行くための道は・・・
以外とマシ。車で入っていけます。
04.jpg

横づけOKでした。
05.jpg

でも・・・この塩梅。ちょっと近づく気がしない草の中。
06.jpg

07.jpg

崩壊した斜面を降りてきました。
08.jpg

当時のものかどうか。
09.jpg

10.jpg

結局は草をかき分け近づいてみました。
11.jpg

転車台の上には線路が残っていました。
12.jpg

13.jpg

14.jpg

草に覆われてよくわかりませんが、円形に縁が
有ります。
15.jpg

なかなかわかりづらい。
一両分は載せて回さないといけないので、結構な大きさ
です。
16.jpg

17.jpg

ちょっと上にのっかってみます。
18.jpg

19.jpg

転車台の中心部分。
20.jpg

21.jpg

22.jpg

駅側。
23.jpg

振り返って、終点側。
24.jpg

25.jpg

転車台の下にも降りてみましたが、草だらけ。
26.jpg

27.jpg

28.jpg

退散。
29.jpg
posted by Shimneti at 14:11| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

旧東青山駅と山の上の茶屋跡

ブログ始めて以来のローペース。月一更新に
なっとりますがな。これじゃぁもうじき広告が出てくんぞ。
たまには更新せんと。ダムも切れてるし。




旧東青山駅跡へ向かっているところです。
写真では伝わっていませんが、激急坂です。
そして山奥。
最寄りの駅がこんな山奥ってどうよ、などと
思ってしまいますが、観光が主だった、とも
言います。でも少数でも地域の利用もあった
はず。
01.jpg

激坂の途中には滝。車を停めるにもサイド
ブレーキが効かんほどの坂です。
この上流、駅跡の横では川の水が駅に入らぬ
よう人造コントロールされていますが、この滝
を見てもそんな片鱗は感じさせません。自然の
滝然としています。
02.jpg

さらに上がるとこれ。ここで車放置。
ここからは歩きです。
帰りはオールバックになったけど。
03.jpg

明るい雰囲気です。
04.jpg

謎の穴も健在。
05.jpg

06.jpg

裏手にまわって、
07.jpg

なぞですなぁ。
08.jpg

09.jpg

同じ8月でも、2005年に来た時は草が鬱蒼と
していました。
10.jpg

滝谷トンネル側を眺む、の図です。鬱蒼。
さらにこの3つ向こうのトンネルはあの痛ましい
事故の有った場所です。
11.jpg

青山トンネル側を眺む、です。草がすごくて
青山トンネルを見に行く気がおこりません
でした。
12.jpg

しかもこの先は・・・
13.jpg

やっぱり鬱蒼。道には見えないです。
とある三重県の方の動画を見るまでは東青山
変電所にも気づきませんでした。一応奥まで
歩いて行ったのですが。
14.jpg

2014年の8月は、とても明るい雰囲気。
これは随分自分の中の印象が変わりました。
滝谷トンネル側です。
15.jpg

こちらは青山トンネル側。
トンネル側からの水の流入を防ぐ堰もはっきり
見えます。
16.jpg

広い駅ではありますが、ホームはとても狭い
ですな。
17.jpg

これですから。
当時、両側を特急が駆け抜ける、なんてことは
無かったでしょうけれど・・・
18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

青山トンネル側へ少し進んでみます。
25.jpg

水路の為に少し撤去されています。
26.jpg

27.jpg

奥には、・・・ 当時の私鉄最長である大将軍、青山
トンネルが鎮座しています。
当時のトンネル掘削は、今よりももっと難工事を強い
られており、この青山トンネルも例外なく難工事で、
16名もの犠牲者の上に完成したことは三重に住む
ようになり、知りました。
28.jpg

草の少ない12月に再び訪れました。
一度来だすと、何度も訪れる・・・
29.jpg

今回は学習して下から歩いて来た、と言うのに
道は回復していました。
30.jpg

さすがは12月。草の勢いも無くなっています。
31.jpg

滝谷トンネルもはっきりと見えています。
32.jpg

青山トンネル側。遠く、変電所の鉄塔も見えています。
33.jpg

山側には観光地だった頃の売店跡があります。
いまや2階建てには見えません。
34.jpg

振り返るとホームが見えます。長閑な良い駅だったこと
でしょう。
35.jpg

その脇には、かつてのハイキング道が有ります。
36.jpg

すでに廃道と化しています。それでも十分に通る
ことができます。これはありがたきこと。
37.jpg

この道が無ければ辿ることもなかったことでしょう。
38.jpg

一応街灯も有ったようです。
39.jpg

40.jpg

快調に登って行きます。
41.jpg

42.jpg

43.jpg

44.jpg

45.jpg

46.jpg

石垣も登場。
47.jpg

まるで城跡のようです。
48.jpg

しかし、上ってみると、建物が倒壊した
跡のようでした。
49.jpg

茶屋か休憩所が有ったのでしょう。
・・・となると、荷をあげるのはどうしてたのか、
とか、余計なことが気になりますな。
50.jpg

有線ぽいのもあります。
51.jpg

時代を感じさせる物から時を超えても変わらぬ物
などさまざまなものが転がっています。
52.jpg

これは、
お知らせ
?23日から東青山駅移転に
ともない、ハイキングコースが
下記のとおり変更になりました
ので、ご了承ください。
青山高原布引観光協会
近畿日本鉄道株式会社

しもた、どう変わったんかちゃんと見て来んかったぞ。
でももう見に来ないことでしょう。
53.jpg

さらに山の上へと道は続きます。
54.jpg

現役っぽい山道と二手から合流して道が続きます。
55.jpg

56.jpg

57.jpg

58.jpg

59.jpg

廃小屋も登場。
下山途中にあろうことか、まさかの道迷い。
気が緩みすぎやぞ、と猛省の中降りてきました。
60.jpg

61.jpg

古いのかどうかもよくわかりませんが、見つけた
空缶とビンたちです。
この地がハイキング道となることは、もうよほどの
ことがないと有り得ないことでしょう。廃観光地
で感じる夢の跡の思いに浸っていました。
62.jpg
posted by Shimneti at 00:43| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする