カテゴリ
ダム・発電所(329)
鉱山(55)
林道(57)
隧道(113)
(17)
鉄道(60)
その他(118)

2019年02月17日

梵釈寺(ぼんしゃくじ)に看板見に行く

この道はよく利用する。などと言っても地元の人に
しかわからない。車で走ると実に爽快だからだ。
したがってなにかと利用している。
で、その道中にちょっと目を引く名前の寺が有る。
梵釈寺(ぼんしゃくじ)。
01.gif

そこの看板が新しくなっている。
と言っても2005年のことだから、もう随分経ってはいる。
岡本歴史文化遺産  というタイトルで
平成17年1月 岡本夢プラン委員会 が建立した、という
ことだろう。
ここに気になる地図が有るのを、前々から気になりながらも
今頃になって、ちょっと見に行ってみたくなった。
その「今頃」と言うのも2015年のことで、不完全燃焼を続け
ながら、やっと2018年に動き始めた、という話。
02.jpg

くだんの看板のタイトルは「岡本歴史文化遺産」
わざわざ看板を見に来たのだから、全部書き写してもいいものだが
自分の興味は、もはや斯様な文字情報ではない。
それでも何点かは記しておく。

梵釈寺(ぼんしゃくじ)
 もともと平安京を開いた桓武天皇の創建で志賀の里にあった。変遷を経て、
天和(1681〜1683)年間に領主奥田家と日野正明寺の晦翁(かいおう)
和尚により現在の場所に創建された。亭保13(1728)年に宇治の黄檗山
万福寺の末寺となった。謄写版を発明された堀井本家の菩提寺であり、
全盛期には多くの寄進をされた。

にぎりめし
 村の境目すなわち境界。主要な地点に土を高く盛り上げて目印とした。
この形が「にぎりめし」に似ていることから呼ばれるようになった。毎年秋に
岡本の役員は境界廻りを行い、樹木の伐採や、「にぎりめし」の管理を行って
いる。表示の「にぎりめし」は特に大きく、大字寺、綺田と岡本の重要な境界標。

伝病火葬場跡
 明治10年頃からコレラが多く発生するようになり、細菌の蔓延を恐れて
設置した広域の火葬場。蒲生町内では大字畑田とこの2ヶ所。

弁財天
 現在は水没しているので見ることはできないが、古くから岡本に伝わる
般若経600巻の内の150巻を奉納していると伝えられる。

紫香之神(しかのかみ)(岡本発祥の地)
 天智天皇の第二皇子は、これより北の丘陵地に小御門を造営し、ここを
高岡宮とし皇子はのちに大梵天皇と称した。その後、聖武天皇の勅撰に
より、全国を行脚された行基菩薩はこの地において、仏閣を開立し、天皇
お付きの者23人衆に壺焼き、水晶磨きなどを教えた。その後、23人衆は
現在の岡本周辺に移住した。
03.jpg

そして、魅力的な地図。
04.jpg

05.jpg

さて、どこに行きたいと思ったか?
そりゃこれよ。「伝病火葬場跡」
「伝染病」だったらわかるけど、「伝病」やで?
ミスプリか?と思ったけど・・・
06.jpg

さっきの看板だって・・・
07.jpg

現地の案内看板だって・・・
あれ?こっちは「伝病『焼屍』場跡」
だけどやっぱり「伝病」。
なんでなんでしょうなぁ。
08.jpg

なんでなんでしょうなぁ。
posted by Shimneti at 15:06| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

半田の寝仏

半田だと言っても津市の半田だからね。
津市は県庁所在地。津市と言ってもいまやめっちゃ広範囲
だからね。
とは言っても半田は市街からそんなに離れてるわけでも
ない・・・のにこの塩梅。なかなかの田舎っぷりだ。
このあたりは広範な小山になっていて、戦前砂を採るための
鉱山が有ったり、そこから派生して戦中は軍需工場が有った
りで、そちらこちらに坑口が開いている。地中は相当な
坑道が張り巡らされているらしい。
01.jpg

三重に赴任した2012年、自転車でプラプラしてて比較的
すぐにここに来たのだった、というのを最近思い出して
2018年、再訪した。
どこまで空洞かわからんような小山をえっちらおっちら
登っていくと、なんだなんだ?
02.jpg

骨壺みたいなのがいっぱい置いてある場所が出てくる。
03.jpg

そこを抜けると、「すすきの原」が如く「雑草の原」が出現。
04.jpg

こんなひっつき虫だらけのとこに入るやつおらんやろ、
と思うような場所に看板がある。
ほほぉー 龍泉寺。お寺の持ち物なわけね。
でもこのまま放置、と言うことはあれかな?陥没かなんか
するから使えん、ってやつかね?
05.gif

それともこれも鉱山跡かね。
06.jpg

何も無いなぁと思ってたら奥に何か寝とる、ということに
気付いた。
07.jpg

なんじゃありゃ?
しかもかなりの巨体やぞ。
08.jpg

09.jpg

んー、まぁ入るんはやめとこう。
もっと見えるとこ無いかな?
10.jpg

11.jpg

ええとこが見つかった。この広場の向こうに墓地があって
お参りの方々の白い目線を背中に、しかも他人様の墓地
をずかずか跨いで、この風景。
12.jpg

なんだ、シートを被ってるじゃないの。
なんだろねぇ。
13.jpg

まぁこれ、ガリバーみたいなのが寝てる、ということは
間違いない、と思ったね。寺の持ち物だし・・でもまさか
仏か?  いや正直仏だろうな、とこの時すでに思ったね。
・・で、こんなでかいのを運んだ人も居れば、シートを
被せた人も居る。とにかくこれが何かを知っている人は
たくさん居ることも間違いない。そう思ったのを覚えている。
帰ってインターネット博士に聞くか。と言うことで退散。
ネットを見たら案の定いっぱい出てきた。
でも誰が何の目的で、この先どうするのか、ってのは
いまだによくわかってない。
14.jpg

15.jpg





伊勢若松じゃないけど、忙しい時はちょっとした合間に
国土地理院のお世話になる、ってのが最近の自分の
形になっている。特にこういった場合、上空からの写真に
古いやつが有るのがありがたい。
2004年には存在するけれど、1979〜1983年は無い。
16.gif

そんなわけで、2018年6月、なかなかに忙しいんだけど
近場だし、ということで久しぶりに散歩がてらやってきた。
6年前とほぼおんなじコースだ。
17.jpg

あの骨壺みたいなのも健在。
18.jpg

19.jpg

でも丘の上はちょっと様変わりしていた。
20.jpg

雑草の原のイメージは無い。整備されてる。
21.jpg

奥には・・・?寝とるよ。
22.jpg

おっシートが外れている。寝仏であることはすでにネットで
見てあったので、初見の時の感動は無い。
また雑草の中にこの姿を晒しているわけでもないことが
見ていての安心感につながっているような・・・。
23.jpg

近い将来何かが起こりそうな整備具合。
24.jpg

25.jpg

立禁よりもゴミ捨禁を重視している感じ。
入口のイメージがこういう具合だったとは、今回よくわかった
次第。
26.jpg

27.jpg

足場の階段を見れば、その巨大さがわかるというもの。
あの台座の下には地下迷路が広がっている、というのも
なかなかの浪漫だ。
では例の墓地に行って正面から拝んでおこう。
28.jpg

29.jpg

木が邪魔でなかなかすっきりクリアに見える場所は無い。
30.jpg

なかなか良き寝顔である。
これを建造している風景。運んでいる風景。必ずや撮っている
人が居られるとは思うが、そこまでは辿り着いていない。
31.jpg

32.jpg

33.jpg

34.jpg

35.jpg

36.jpg
posted by Shimneti at 22:32| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

伊勢若松のそばの謎のコンクリートタワー

うだる暑さ。
口を開けても「暑い」の二文字以外出てこない。
午前中少し仕事だったが、そのまま帰るのも勿体ない
と思って、道中の伊勢若松駅に立ち寄った。
ここは電車で出張するたびに(と言っても年に一度くらい
しか電車に乗ることがないが・・)窓から見て気になって
いる場所。伊勢若松の駅の近くだ。
なにもこんなクソ暑い日にわざわざ行かんでも、とも思え
るが、いままでいつでも行けるにもかかわらず実行して
なかったんだから、今日思い立ったいま行っとかんと
もう一生行かないんじゃないか、いやそんな大げさなこと
でもないんだけど。
場所はこのあたり。
01.gif

電子国土の空中写真・衛星画像によると1979年以降
あたりから登場する。
2007年、活躍している風には無い。
02.gif

2004年、残骸だね。
03.gif

1988年から1990年、現役か?
04.gif

1979年から1983年、ここで登場する。
05.gif

1974年から1978年、なにやら計画がありそうな。
06.gif

07.gif

現地。
08.jpg

09.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

サイロの跡かね。謎。
ご近所の方が外に居られたが、人付き合いの悪い私は
聞いてみよう、などという発想には至らない。
しかるに現地に赴いても謎は謎のままだ。
20.jpg

田圃の中を癒しのカラーリングが走っていくが、
暑さは吹き飛ばず。汗を拭きながら伊勢若松まで
歩いて戻った。
21.jpg
posted by Shimneti at 00:17| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする