カテゴリ
ダム・発電所(329)
鉱山(55)
林道(57)
隧道(113)
(17)
鉄道(60)
その他(118)

2019年04月21日

廃墟 鱒池亭

最近気づいた。私は社内では廃墟マニアだと思われている
らしい。
廃墟の話題になると、「あいつやったら知っとんで」となるし、
若い人が「Shimnetiさんちょっと連れてって下さいよ」、と
いうのは大抵廃墟のことを言っている。

だけど私は廃墟マニアではない。本当のマニアの人から
すれば私など、少し廃墟にも行く人、というレベルである。

私が行く林道や鉱山、発電所には廃な物が多いから、
そんなイメージになっているのだろう。
また多少そういう行為をしていることも事実。

せっかくだから廃墟を何点か。とは言え随分ま前の訪問。
時の経つのは早いもので、もうあれから5年近く経とうとしている。
今も健在だろうか。

比較的良い道沿いに有る。
01.jpg

車が停まっているのが見える。
02.jpg

看板もある。
03.jpg

04.jpg

この車によってここが「鱒池亭」という名前だと思った。
帰ってから検索すると、やはり有名物件。
05.jpg

廃な車も好きだ。よく眺めている。
チェリー バネット コーチ 2.0SGX である
サンルーフ付きだ。

勝地 鱒池亭
自然公園,岩風呂,鱒つり
お食事,鱒鯉料理,ご宴会

などと書かれている。
06.jpg

07.jpg

08.jpg

09.jpg

車の周辺にはすでにいくらか廃な小屋が見える。
鱒池亭は川をはさんだ対岸に有る。
10.jpg

木々の間から建物が見えている。
11.jpg

ここから望遠で満足しておこうか、とも思ったが、やっぱり
ちょっと行ってみることにした。
12.jpg

川を渡るためのアプローチ。
13.jpg

まずこの橋を渡らねばならない。
だけど帰りはここを通らなかったので、必ずしも
この橋を渡らなければ辿り着けない、と言うことは
ない。
14.jpg

さほど高くないし短いし渡るのは簡単だ。
15.jpg

16.jpg

6月だったが、すでに鬱蒼とした雰囲気である。
17.jpg

外界との仕切りはすでに無く、いらっしゃい状態だ。
18.jpg

自然な岩斜面にしがみつくように建てられている。
19.jpg

昭和な雰囲気に萌える。
もうすぐ替わる令和からすると二世代前ということか。
20.jpg

鳴る心配が無いから、用は無くても安心して押せる。
21.jpg

奥へと進んでみる。
22.jpg

崩落した階段
23.jpg

浴場か。
24.jpg

25.jpg

対岸、元来た林道側にも建物が見えている。
帰りに寄ってみよう。
26.jpg

27.jpg

どんどん進む。
いまや何の部屋だったかはわかりづらい。
28.jpg

比較的大きめの部屋。
おどろおどろしい雰囲気になっている。
29.jpg

現役時代はさぞ風情が有って良かったろうに。
30.jpg

まだ上が有る。
31.jpg

先程の崩落階段を見下ろしている形だ。
32.jpg

どれもこれも懐かしい雰囲気。
33.jpg

食事中には見られないことを願う。
34.jpg

臭ってきそうだが、もちろんもう臭いは無い。
35.jpg

36.jpg

37.jpg

あちこちに手を洗う所が有るのは良いことだ。
38.jpg

39.jpg

40.jpg

浴室まで有る。
41.jpg

斜面にへばりついているのだから、3階であっても
外を見たらこんな感じだ。
42.jpg

セントラルヒーティング。
懐かしい響きだ。
昔、お金持ちの友達の家は、「あのおうちはセントラル
ヒーティングなんやで」なんて言ってたもんだ。
43.jpg

あの橋を渡らずとも、川を渡ることができる。
44.jpg

鱒池亭ともおさらば。
45.jpg

46.jpg

47.jpg

48.jpg

対岸のこちらに。
49.jpg

50.jpg

レトロな照明、とか言っているけれど、今赴任中の三重の
アパートも似たようなものだ。
51.jpg

ちょっと中も見てみるが、あまり珍しいことは無かった。
52.jpg

53.jpg

54.jpg

55.jpg

56.jpg

57.jpg

鱒の養殖をして、料理も有って、泊まれて。
そんな場所だったんじゃないかな。
58.jpg

59.jpg

林道復帰。
60.jpg

林道からの眺め。
こういうことが流行らない時代になったのかな、
と、つくづく思う今日この頃。
61.jpg
posted by Shimneti at 00:19| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

城崎温泉 湯元 量水器室

天気予報にまたやられた。
今日は雨だというから、部屋でおとなしくこれに写真
貼っつけてる。
けど、雨降ってない。どうしてくれんの、この不完全燃焼感。
ぶつける場所がない。つくづく学習能力無いなぁ。自分。

それはまぁいいとして、これはもう2年ほど前のこと。
社内旅行で城崎温泉に行った。
集団行動嫌い、協調性ゼロの私がみんなと温泉入ったり
談笑したりしてるはずもなし。
旅館に着いて夕食までのひととき、みんなが温泉に入ったり
している間、自分は一人夕闇を彷徨っていた。
01.jpg

温泉街からこっち向いて歩いてるやつなんて皆無だ。
さっそく何か見えてきた。
02.jpg

煉瓦の穴が見える。
前に小さな川がある。それを渡って近づいてみる。
03.jpg

要石には「量水器室」と書かれている。
04.jpg

量水器やバルブなどがある、というのか。
05.jpg

量水器の後ろは当然施設だが、暗くて見えない。
06.jpg

県道だったか、もう少し山側に上がると、別の入口も
有った。
07.jpg

そんなわけで、次の日の朝、二日酔いのまま再訪した。
早朝に出かける私を見て「おっ、一番湯を狙うんだな」
なんて思う人は誰もいない。
またわけのわからん所、見つけよったんやな、と思われて
いるに違いない。で、まぁ、その通り。
08.jpg

昨晩と違って、明るいというだけで全く雰囲気が違う
ものだ。
09.jpg

10.jpg

それほど昔のものでもないだろうけれど、かなり良い感じ。
どうして昔の物にはこう趣が有るんだろう、と思う。
何でも重機で簡単に造ってしまう現在と違って、思い入れ
が全く違うのだろうな。
いま同じような物を造ろうと言っても、とってつけたような
レトロ感の、張りぼての物が出来上がるんだろうな。
かと言って、まぁこれもとってつけた感は少なからず有る
から、まぁ大差無い、と言うことにしておこう。
11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

昨晩と同じように渡ってみる。
15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

上の施設のフェンスの横は歩いて行ける。
多少の坂道になっている。
21.jpg

水処理施設のようだ。
22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

だんだん入れないでもない雰囲気になってきたけど、
入ってはいない。旅行中に逮捕なんてあってはならぬ
ことだ。
27.jpg

堰堤が出てきて、その向こうは池になっている。
28.jpg

29.jpg

温泉っぽくはない。
これ以上は行かず、ここで引き返した。
30.jpg

31.jpg

奥にメンテナンス車両が入れるくらいの出入口がある。
32.jpg

33.jpg

道路側から見たところ。あまり出入りは無さそうである。
34.jpg

探索はこれでおしまい。なんぼ協調性無いと言っても
時間は守らんとね。
一応私なりの城崎温泉を楽しんだ、ということだ。
posted by Shimneti at 17:40| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

岡本歴史文化遺産 伝病火葬場跡

梵釈寺にある看板によると、この伝病火葬場跡は
こんな場所にある。
「伝染病」じゃなく、「伝病」だからねっ!
01.gif

国土地理院に合わせてみる。
02.gif

03.gif

04.gif

05.gif

06.gif

せっかくだから歩いて行ってみることにした。
普段は車だから、一瞬で通り過ぎる場所も、歩くと
いろいろと見えるものである。
07.jpg

「殺人事件現場」の看板。
事件当時、少しニュースに出ていたが、今もこの看板がある
ということは、未解決なのであろう。
そしてこの看板があることにより、また違う憶測に話題が
発展している、という元凶となるものでもある。
しかしそんな影響よりも事件の解決が優先であることは明白
なのだろう。
08.jpg

歩いてきた方向を振り返る。
こちら側にも看板が有る。
09.jpg

目的の場所に進んでいく。
この場所は心霊や肝試しで有名で、「大塚団地」と呼ばれている。
かつて私は、探索は夜中にやっていた時期が有って、ネットも
何も情報も無く、知らぬが仏でこの地にも数回踏み入ったが、
霊感が零な私には何も起こらなかった。
ちなみに滋賀には、この大塚団地のように、開発に失敗したような
箇所は何か所も有る。完全に消滅した区画も有れば、数軒が細々、
数十軒が細々、などいろいろだ。数十軒であっても、かなりの淋しい
雰囲気にはなってしまっている。
さて、この大塚団地に明るい時間に来たのは初めてだが、雰囲気も
明るく、また誰に会うこともなく、散歩には良かった。
10.jpg

数軒の方が利用をされている、とのこともあって、道は整備され続けて
いるようだ。
11.jpg

以前は無かった太陽光発電も出来ていた。
再エネ賦課金上昇にあえぐ一貧乏国民の私がどう思ったか
なんて、言うまでもないから言わない。
12.jpg

不法投棄をしてはいけない、と書いてあるコヤツが、すでに
不法投棄に見える説アリ。
13.jpg

14.jpg

15.jpg

家が見えてきた。
「服部土木興業」と書かれていて、かぎりなくゴミ屋敷に見える
が、現役の様子であった。
16.jpg

服部土木興業を過ぎたら、すぐのところが目的地だ。
17.jpg

先に見える四辻。
18.jpg

この右側のはずである。
19.jpg

道は・・・ちゃんとある。
20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

予定通りの鉄塔もある。
25.jpg

26.jpg

しかしながら火葬場の跡らしきものを見つける、には至らなかった。
このコンクリートは何か関係あるのだろうか。
27.jpg

せっかくなので団地跡のさらに奥にも行ってみた。
くまなく全部歩く、までは出来なかったが、かなりを制覇したと思う。
28.jpg

・服部土木興業の向い側にも廃屋っぽいのが、
・コテージみたいなのが有って、農業の拠点にされている風
・製材所みたいなのが現役
・隠れ家的別荘にでも利用されていそうな小屋が現役。
・背の高い真四角の家、これは廃墟か。
・林業のミニ拠点にでも使われそうな小屋3棟。これは廃墟。
など発見できた。
ここもまた完全な廃墟ではなく、人の営みが存在するのである。
posted by Shimneti at 17:41| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする