カテゴリ
ダム・発電所(310)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(97)

2017年05月05日

樫山集落

57.jpg

これは橋のつもりかね?という、かなり目を引く風貌の
橋を横目に樫山へと向かいます。
01.jpg

とは言いつつ、ちょっと渡ってみたりするのだけれど・・
02.jpg

03.jpg

渡った先、
ロープも張ってあって、この道が使われていることを
示しています。
この先はまたいつの日か。
04.jpg







小匠ダムから樫山まで。
雨の中の、この道中こそ今回のメイン、と言わんばかり
の困難をもって、林道が迎えてくれます。それもまた
別の機会に譲って、 とにかくこの小旅行の終盤、樫山
に到着です。いまや、この道では歩きしか許容していない
道程です。
05.jpg

06.jpg

07.jpg

08.jpg

最後の隧道を抜けると、間もなく樫山。
09.jpg

10.jpg

最終コーナー。簡易Aバリケードでなんとなく封鎖
されています。
11.jpg

12.jpg

小匠へ(道狭い)。車を想定しての記載だと思いますが、
いまはそういうレベルではありません。
13.jpg

向うに開けているのが、樫山集落です。
14.jpg

走って行きたい気持ちを抑えて・・・
あえてそちらは選ばず、まずは剣神社の方に行きます。
15.jpg

16.jpg

17.jpg

さらに、獣道ではなく明らかに人の手の入った道が
続いています。
18.jpg

19.jpg

20.jpg

どこが正規のルートだったか・・
樫山神社です。
21.jpg

22.jpg

以外ときれいに維持されています。
いまも誰かが訪れては整備をされているのでしょう。
23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

こちらのほうが正しいルートなのでしょう。
27.jpg

林道へ出ると看板が出ていました。
28.jpg

写真の奥に見える看板のところを右に入って
ぐるっと周ってきた形です。
29.jpg

ここまでの道中とは打って変わって、舗装された道に
開けた雰囲気です。ここはまた、あえてまっすぐは
行かず、右の細い方へ進みます。
30.jpg

右の方。
ちょっと荒れつつあるけれど道はきれいです。
31.jpg

道中の橋。これも渡らず、後で行くことにします。
32.jpg

33.jpg

34.jpg

35.jpg

36.jpg

37.jpg

ここでまた右に細い道が出てきます。これが奥行有りそう。
右に進みます。
38.jpg

予想通り道は続いていきます。
39.jpg

40.jpg

家が有った跡でしょうか。
開けた場所が点々と有ります。
41.jpg

42.jpg

43.jpg

かなり上がってきましたが、重機で開いたような場所が
有ります。
44.jpg

さらに登って、最頂部でしょうか、ここも開けています。
45.jpg

46.jpg

放置はされていない、
そんな雰囲気です。
47.jpg







ふたたび家の有る場所まで降りてきました。
家が点在していますが、いずれも住むには少し傷み
が進み過ぎているようです。
48.jpg

49.jpg

50.jpg

家々の傷みに対して、道路が異様にきれいに
見えます。
51.jpg

52.jpg

53.jpg

54.jpg

この先、紀伊半島南側からはここまで車で来れるの
でしょう。
55.jpg

大雨の前触れのように今は静まりかえっています。
この後、土砂降り。ずぶ濡れになりながら元来た道
を帰りました。
56.jpg
posted by Shimneti at 21:41| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

小匠ダムの道中 謎の墓石

そういえば、昨年急に思い立って釜ノ谷隧道に行った
次の日は雨の中、小匠ダム〜樫山集落へと行ったんだっけ。
そんな記憶だったんだけど・・・ いま写真を見ると随分いい
天気だな。あれ?

まぁそんなことはいいとして、小匠ダムに向かう途中こんなの
が見えます。
あぁ 川にお墓があるのか・・・ え? 何か変やろ。
01.jpg

ちょっと近づいてみることにしました。
02.jpg

お墓だったところが川の流れで孤立しちゃったのかな?
そんなことを思いながら近づきます。
03.jpg

おっ ちゃんと説明書きがあるじゃないの?
04.jpg

05.jpg

・・と思ったら違った。
06.jpg

そしてお墓じゃないようです。
07.jpg

何ですか?
結局よくわかりませんでした。
何かをつなぎ止めておく物?
・・・わからん。
08.jpg

09.jpg

10.jpg

いったい何なのかね?きみたちは。
11.jpg
posted by Shimneti at 15:16| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

安濃ダムと川向トンネルと禁断の展望台

ほんと最近投稿さぼりまくって、昨年なんて投稿しなかった
月も発生する始末。
こんだけさぼってると、今月はもう2個目だからいいか、って
気にさせてくれる。     まさかの二日連ちゃん。
でも、いにしえのネタ。 しかも比較的どうでもいいような・・・
しかしネタはどんどん鮮度を失って腐ってくるね。

安濃ダムの左岸。ここに車を停めて歩き始める。
よくあるパターンです。
01.jpg

下流側へ歩くとすぐに登場するトンネル。
川向トンネル。
02.jpg

よくある感じ。
苔のむしかたが良いです。
03.jpg

04.jpg

05.jpg

見た目通りの古さ。
06.jpg

歩いて向こう側へ。
こんくらいの明るさだと、何の恐怖感も無いな。
07.jpg

下流側。
08.jpg

09.jpg

10.jpg









さて、場所は変わって・・・左岸を上流側へ車で。

「禁断の」は余計でした。 何が、って、あの某禁断の展望台
にちょっと似ていたから。

でも考えてみたら、この手のダムにはよくある風景でも
あります。こういうのを作らざるを得ない。しかし利用者は?
まぁあまり居ない・・・
11.jpg

一応、ちょっと車で来ることも想定しているか。
12.jpg

通行者の少なそうな階段を登る。
13.jpg

上がった先はこの雰囲気。むしろ私の好きな雰囲気
です。
14.jpg

15.jpg

ここでゆっくりお茶でもして・・・ とはならないのは
季節的な問題もあるのかもしれません。
7月だったから。
16.jpg

17.jpg

さらに上への階段が有ります。
18.jpg

19.jpg

なんだか中途半端なロープは規制の気持ちの表れか。
20.jpg

こんな雰囲気(良い)。
21.jpg

上には何か設備が有りました。
22.jpg

何かのアンテナの様子。
受電盤と耐雷トランスが有りました。
23.jpg

ここから見るこの風景。これがあの「禁断の展望台」を彷彿と
させるんだよな。
24.jpg

25.jpg

肝心の展望風景。もちろん抜群です。
上流側です。
26.jpg

ダム堤側を見ると、こんな感じ。
27.jpg

双眼鏡を持っているとなお良し。
28.jpg

29.jpg

30.jpg

それではさらば。
31.jpg
posted by Shimneti at 13:17| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。