カテゴリ
ダム・発電所(333)
鉱山(62)
林道(59)
隧道(114)
(19)
鉄道(61)
その他(121)

2024年01月21日

那智勝浦湯川の温泉跡 亀喜荘

私のところに情報を持ってきてくれる人は、もちろん
それほど多いわけではない。けど、稀にくれる方がおられる。
そのような奇特な方は決まって、御自身もそういう趣味の
お有りの方である。
・・・と言うような当たり前のことはどうでもよい。
今回の情報を持ってきてくれたのは、前回も登場した
A先輩である。この方はその筋の方では全く無し。
でもそんな人からの情報のほうが案外新鮮だったりする
ものであるよ。
最近のA先輩は釣りにはまっていて、いろんな穴場に出かけて
行ってるらしい。そんな折、目の前に何かの跡地みたいなの
が有る、と言って、ぼやけた写真を見せてくれた。
「そんなぼやけたの見せられたって・・」、と苦情を申し立てたら
じゃぁ、と言って、また行かれた時に撮って来てくれたのが、
この写真、というわけである。
01.jpg

よしよし、と言うわけで早速、国土地理院の年代別写真で見て
みよう、ということになった。
場所はここである。あのゆかし潟のある温泉地だ。
ゆかし潟と言えば和歌山出身の詩人佐藤春夫である。
私の祖母はもう亡くなったが、作家で佐藤春夫の弟子でもあった
から、なんだかゆかし潟にゆかりを感じる。

それは置いておいて、温泉マークがあるよ!!
温泉跡か?  でもルートが無いよ。橋でもかかっていたか。
では写真を見てみよう。
02.gif

2017年の航空写真
03.jpg

2014年の航空写真
04.jpg

2012年の航空写真
05.jpg

2007年の航空写真
06.jpg

結局何かわからん。橋の跡らしきものも無し。
現地に赴きたし。
07.jpg

10月の平日にやってきた。久しぶりの外出だ。遠出というほどでは
無いが。
最近は平日は仕事だし、休日は一人暮らしの母親の面倒をみている。
平日に休みを取って出かけるのがせいぜい、と言うところだ。

ま、そんなわけで、あっさりと現地。私にしては珍しく高速を使った。
ランクル70で高速など、何の面白味も無いが、まぁ仕方ない。

軽トラが停まっている。
08.jpg

軽トラが無い写真だって有るんだぜ! だけど、あの軽トラが重要なんだ。
軽トラにサーフボードを積んでいるあんちゃんが居た。。ように見えた。
私は人が居たら、出来るだけ居なくなるのを待つか、かなり距離を置いて
探索する習性がある。まあコメントで犯罪の記録、と言ってくる方も居られる
くらいだから当然か。
もちろんこの日も軽トラとはできるだけ離れた埠頭から探索を始めた。
09.jpg

テトラの上から探索、ということで。
きっとA先輩はここで釣りをしてたんだろうな。
10.jpg

テトラからの風景である。
A先輩から聞いていたより、近く感じた。
11.jpg

12.jpg

どうだろう。これは船着き場、と考えてもいいんじゃないか。
13.jpg

ここが目立っているが、全体的に建物が有ったとみてもいい
感じである。
14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

軽トラサーファーのあんちゃんは、もう荷物を積み終わった様子だが、
姿は見えない。
どこに行ったかな、と思ったら、突然現れてにこやかに話かけてきた。
あんちゃんと思っていたが、私よりも年輩のかっこいいおじさんだった。
もう還暦だ、と言っていたから私より数歳先輩だ。
本宮の生まれで、小さい頃こちらに移り住み、この海で生涯の趣味で
あるサーフィンをやり続けている、のだと言う。いや、年を取って
サーフィンはしんどくなったので、たしかサップと言っていたと思うが
それをやっているのだそうだ。私にはそのサップとサーフィンの違いは
わからず、軽トラの荷物はサーフボードにしか見えなかったが。。。
18.jpg

まぁその話も面白かったが、私が聞くより先に、おじさんの方から件の話
が有った。
「あんた、あのホテル跡、撮ってたやろ?」
「ん?ホテル跡?やっぱりホテル跡なん?」
「わしなぁ。あんたが釣り人やったら、話しかけてへん。
どう見てもあれ撮ってる、おもたから、絶対話しかけよう、おもてたんや。
「へぇ、なんで?」
うん・・・、でも結局、なんでかはわからんかった。
19.jpg

「わしが小さい頃、親父に連れられて泊まったことあんのや。
でもな、もうわしが高校生の頃にはすでに廃業しとった。
ごく最近までそのまま有ったんやで。でも最近取り壊された。」

どうやって取り壊したのか、とか、ホテルの名前とか、いろいろ
聞きたかったが、おじさんの関係無い話を聞いているのもとても
楽しいひとときとなった。
20.jpg

おじさんもホテル跡を撮っている私に話しかけたので、もう帰って行った。
私もホテル跡と聞けて、もうすでに満足していた。
線路を渡れば、あそこまで行けるのか、などと思いながら、近くから撮影
をした。
21.jpg

なるほど、そうやって言われると、あそこにホテルが有ったのか、と思わせる
風景である。
22.jpg

入り江になっているところにも階段が見えている。ここも船着き場か。
23.jpg

奥にはボートがつないであった。
24.jpg

そう言えば、重要証言、ボートで行った、と言われていたな。
なるほど。今もボートで行っている人が居るのだろうか。
それよりも、あのボートにはどうやって行くんだ?
やっぱり線路を渡るのか。
25.jpg

26.jpg

27.jpg

28.jpg

29.jpg

30.jpg

31.jpg

32.jpg

33.jpg

34.jpg

この地図にも建物表記が有った。
そうだ、湯川駅に行ってみよう、・・と思いながら、もう私は別の
ところに行きかけていた。
35.gif

とは言え、ちょっと散歩。
36.jpg

37.jpg

湯川ラーメン橋と書かれていた。
38.jpg

39.jpg

40.jpg

線路の向こうから、件のホテル跡を眺める。
41.jpg

42.jpg

43.jpg

ここにホテルが有る風景を思い浮かべながら。
44.jpg







でも私は別のところに遊びに出かけてしまって、結局湯川駅には
次の朝早くに来ることになった。朝7時頃だ。
誰も居ない。
45.jpg

昨日は平日だったが、今朝は休日だ。停まっているのは私の
車のみ。
46.jpg

47.jpg

貸し切りを良いことに、あちこち撮影して回る不審者ぶりである。
48.jpg

しかしながら、大変大きな収穫が有った。
49.jpg

それはこれだ。
50.jpg

51.jpg

湯川駅開業八十周年・・か。
開業が1935年、と言うことは、この案内は2015年に出来たもの
なのか。
52.jpg

53.jpg

中でも、これ、電車の後ろに見えているのは件のホテルでしょう。
これをネットで調べたら、亀喜荘、という名前であることがわかった。
その確証が取れたわけではないが、それでもネットってすごいな。
また持っている廃墟の本にもその記事が出ていた、ということにも
気づいた。亀喜荘で間違いなかろう。しかしながら読み方はわからない。
54.jpg

55.jpg

ホームに出てきて、ホテル方面を眺めた。
56.jpg

ホームの端っこ。こんなところまで来るやつは居ない
とばかりの雰囲気ではあるが、除草はされている。
57.jpg

あそこにホテルが見れた時に訪れたかったものだ。
58.jpg

59.jpg







ついでにゆかし潟を少し散歩した。
60.jpg

ここから妙法山の卍が見えるはずだが、いずこだ。
61.jpg

きっとあれだな。望遠レンズを。
62.jpg

63.jpg

64.jpg

65.jpg

ゆかりの佐藤春夫と高浜虚子の歌碑を見て帰った。
66.jpg

67.jpg

久しぶりの外出だったが、もちろんここだけではなくあちこち
回った。それはまた別の機会に。
68.jpg

posted by Shimneti at 04:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月19日

紀州鉱山寄道 百夜月

紀州鉱山も良いけれど、この北山川の蛇行が織りなす
この地形がまた素晴らしい景観を生んでいる。

蛇行が生んだ半島状の場所には陸続きでありながら
陸上からは行けない(こともないそうだが)場所が有る。
そんな場所に集落が有る(有った)。浪漫だね。
01.gif

百夜月(ももよづき)。地名がこれまた良い。
02.gif

03.gif

陸から行くのは難しいとのこと。
R169を走っていると川の対岸にバス停が有る。
04.jpg

ここからだと本当に近くに見える。
05.jpg

渡し船で行くのだそうだが、今だと、ちょっと川の中を歩いて
渡れそうにも見える。
しかも河原にはダブルトラックも見える。車でも行けるのだろう。
06.jpg

07.jpg

08.jpg

車を停めた記念にバス停を撮って帰った。
09.jpg

10.jpg

11.jpg

2019年4月にもまた立ち止まった。
12.jpg

13.jpg

平成29年10月1日改正の時刻表は変わらずだった。
14.jpg

15.jpg

今回は河原に車で降りてみた。
16.jpg

ランクルだと渡れそうに思うけど、やっぱり渡らない。
そんなところに行く車だろうが、という突っ込みにも屈しない。
17.jpg

今日はここまで。望遠で撮るにとどまり、帰路につく。
18.jpg

望遠で見ると、軽トラが見える。きっと川を渡ったんだろうな。
いつかは自分の足で、というのもあるが、でもあくまでもよそ様の
家である、ということを忘れてはなるまい。
果たして実現することがあるのか。
19.jpg

貰いものの写真。きれいに掃除されて、人の手が入っている
ことがわかる。
20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg
posted by Shimneti at 13:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月29日

ランドクルーザー70のエアコンパネル電球交換

GRも早いもので、もう6年か。PZの時と違って、
まだ新車のつもりで居るよ。歳くった、と言うことだな。

電子デバイスはほとんど使わない、なんて言っている
70も、エンジンなんて電子化の塊みたいなものだ。
メーターパネルだって進化している。LEDだぜ。

PZは20年以上50万km以上走ったけど、メーター
パネルの電球はやっぱり何度となく換えたね。
こればかりは仕方ない。林道とか振動の多い道を
走るからね。
でも、その球切れから釈放された・・と思ってたんだが。。。

ある夜、あれ?エアコンパネルって光ってなかったっけ、
となったわけ。 おいおい、ここはLED化してないのかよ、
となったわけ。
01.jpg

まずこれを外さないといけない。
と言っても、今の車は簡単。赤丸のところが刺さっている
だけだ。
これ、新しいからいいけど、20年も使って紫外線で劣化
してきたらバリっていきそうな感じだ。
02.jpg

ちなみに下から外すほうがやりやすい。
つまみ類は全部外しておいたほうがやりやすい。
全部引っこ抜くだけだ。
03.jpg

次に下のパネル。こいつは何故だか刺さっているだけではない。
あたま六角のタッピング。ちなみに10mm。これ、全然無くても
良いレベル。なぜなら、ほとんど効いてない。
04.jpg

上、下 と外していく。
タップを外したら、赤丸のとこが刺さっているだけだ。
05.jpg

06.jpg

文字盤を外す。
07.jpg

光を誘導するやつを外す。
08.jpg

PZの時から、まったく変わっていない。おんなじやり方。
ここに一個だけ電球が居る。
09.jpg

10.jpg

ついでだから灰皿とシガーライターソケットの電球も換える。
ムギ球みたいなのを3個買えばいいんだな。
11.jpg

T5の12V1.2Wを3個買ってきた。
でも、これが間違いなのが後でわかる。
マネしたらダメだよ。
2個でいい。
12.jpg

灰皿。
13.jpg

シガーライターソケット。
14.jpg

灰皿はT5の電球。
15.jpg

無知ほど怖いもんは無いね。いや、無敵か。
T5のバルブが刺さってるだけ、って思ったんだよね。
いや、むしろ、そうしといてくれよっ、 と思ったね。
16.jpg

馬鹿力で引っこ抜いたった・・・
17.jpg

あれれ?刺さってんじゃないぞ!
一体もんや。
18.jpg

モノタロウでちゃんと純正パーツ出てた。
こんなことする前に、普通にT5の電球(ウェッジベースと言います)
にしとけよー、 と何度も文句言いながら、発注した。
19.jpg

無事到着。
20.jpg





2回開け閉めする羽目になったやんけ。
21.jpg

換えたよ。文句言い倒しながら。
22.jpg

あはは、やな。
23.jpg

24.jpg

ほんでから、こいつ。ミスってちょっと割ってしもたんや。
25.jpg

たかだか電球換えるだけで、こんなもん割っとったら
車の修理工やったらクビだな。
もちろん、そんなすぐに交換しよう、なんて思わんけど、
今後のために番号控えておこう。
26.jpg

ほかにもリアーデフォッガとかフォグのスイッチが光っとる
けど、まさかの電球っちゅうことないやろな。まぁそんなとこ
光ってなくても換えずに放置しとくけど。

posted by Shimneti at 12:26| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする