カテゴリ
ダム・発電所(333)
鉱山(62)
林道(59)
隧道(115)
(19)
鉄道(61)
その他(121)

2024年04月07日

太地〜三軒家トンネル

とある平日の正午。めずらしく休みを取って太地に居る。
道の駅。
01.jpg

気になるのが二つ見えているね。そのうちの一つ。
02.gif

廃跨線橋と三軒家トンネルが有る。
03.gif

道の駅に車を置いて、のんびり歩いて行った。
シャチだかなんだか、ジャンプしているのが見えた。
04.jpg

そうこうしているうちに到着。
05.jpg

06.jpg

07.jpg

通行できないとも何とも書かれていない。
08.jpg

09.jpg

10.jpg

照明も点いている。
廃隧道と聞いてたけど、聞き間違いだったようだ。
バリ現役。
11.jpg

自転車と歩行者のみ、ということらしい。遊歩道だな。
12.jpg

1992年。案外新しいじゃない。
13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

トンネルを通り抜けてきた先は、少々荒れている。
普段から利用者は少ない様子だ。平日だからかと思ったけど
そうじゃない。
18.jpg

あまり使われていない感がある。
19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

跨線橋が見える。紀勢本線が通っている。
23.jpg

24.jpg

廃な雰囲気があるけど、実際廃だった。
25.jpg

この先も遊歩道になっていて、きっと面白いと思われたけど
行かなかった。この調子だから、最近随分運動不足だよ。
26.jpg

跨線橋の袂までは、ブッシュをかき分けなければならない。
27.jpg

ロータリーのようになっていた。
28.jpg

29.jpg

かなり痛んでいて、やっぱり廃の様子。
とは言っても、現役の線路の上を跨いでいるのだから
まぁなんとか大丈夫なのだろう。
グリーンピア跨線橋と書かれていた。
30.jpg

ちょっと入ってみた。
31.jpg

でも頂上は目の前に施設の窓が有ったから、通報されても
面倒なので、このあたりで引き返した。
32.jpg

33.jpg

34.jpg

もはや何と書いてあるか、わからない。
磯の遊び場、かな?
何かの時間とか料金が書いてある。
貸し出しの文字が見える。 パラソルとか書いてある。
35.jpg

グリーンピアに泊まって磯に遊びに出てくる。そんな感じだった
のだろう。
36.jpg

37.jpg

38.jpg

管理室と書かれていた。
39.jpg

40.jpg

方角を指していそうなモニュメントが有る。
41.jpg

現役では無いだろうと思われるトイレも、一応見ておいた。
42.jpg

43.jpg

44.jpg

45.jpg

46.jpg

そしてトンネルが見える、と言うような位置関係。
47.jpg







場所は変わって、跨線橋の反対側にも車で来てみた。
48.jpg

こちらも一応網で塞がっていた。
49.jpg

50.jpg

51.jpg

ホテルに泊まって、磯に遊びに出る。
そんなことをしたい人は減っているのかね。
そもそも泊まる人が減っているとか。
亀喜荘で会った、あのおじさんが言っていたけど、
高速道路が出来て、アクセスが良くなって、逆に泊まる人が
本当に減ったんだそうだ。宿泊施設は軒並廃業してるとか。
そういうものなのかね。もっと遠くの人が来てくれたらいいのにな。
難しいものだ。
52.jpg

53.jpg


posted by Shimneti at 04:35| Comment(0) | 隧道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月07日

青山高原のトンネルと言えば

青山高原のトンネル、と言ったら?
「ああ、あの近鉄の旧トンネル群ね」
と思うよね。

でも今回は青山「高原」のトンネルのこと。
えっそんなん有ったっけ。
そうそう、そんなん有りません。
これのこと。な〜んや。
まぁ青山高原に歩いて登る人はみんな知っとるわな。
それをあまり歩かずして見に行った。それだけのこと。
01.jpg

こんな感じで登場。いいね。
02.jpg

青山高原公園線の道路の下をくぐってる、というわけ。
私の場合、こういう形をしてたら、もうトンネルなわけ。
あはは。すんません。
03.jpg

04.jpg

05.jpg

06.jpg

07.jpg

08.jpg

09.jpg

10.jpg

11.jpg

道路から見下ろしたところ。
12.jpg





ちょっとおもろなってきて、まぁそういう形やないことは
わかってんのやけど、他の場所も見に行っといた。
13.jpg

おほっ。これは間違いないね。
14.jpg

いいねいいね。
15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg






さらにエスカレートしてきて、もう青山高原公園線から外れてます。
25.jpg

26.jpg

27.jpg

いや、もうこれ、川やんけ、言う場所も見といた。
28.jpg

29.jpg

30.jpg

31.jpg

32.jpg

そんなわけで、これでおしまい。
まぁまだ探したら有んのやろけどな。
33.jpg
posted by Shimneti at 17:40| Comment(8) | 隧道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

高尾谷隧道

高尾谷に新しいトンネルが出来たのも、もう随分
前になる。あれからもう何度も利用しているが、
旧隧道はさぞかし廃な雰囲気になっているだろう
と、ちょっと立ち寄ってみた。
01.gif

現在のトンネル
02.jpg

こういう階段には惹かれるものが少し有るが、
登るを諦めるに十分な鬱蒼ぶり。
03.jpg

04.jpg

05.jpg

ここからの眺めはとても良い。
06.jpg

旧道も無事現役の様子だ。
07.jpg

08.jpg

旧隧道も無事現役だった。
※最近行った人によると、通れなくなっているらしい。
09.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

西側まで来た。
15.jpg

こうして見ると、新トンネルは旧を意識してデザイン
されたことがわかる。
趣は違っても、なかなか似てる。
あれ?違うか・・趣が似てるのかもしれない。
16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

林道が車で行ける最果て。
さすがは修検の山々が連なる紀伊の山だ。
桃源寺 奥之宮がある。
ここに車を停めてちょっと登ってみる。
22.jpg

23.jpg

延々登り、と言っても10分くらいの行程。
24.jpg

25.jpg

広場に着く。
26.jpg

27.jpg

まさに拝みたくなるような自然の断崖だ。
ここに奥之宮が有るのがわかる気がする。
28.jpg

29.jpg

30.jpg

31.jpg

両脇は、ロープが有ったほうがよさそうな断崖だ。
32.jpg

33.jpg

34.jpg

35.jpg

36.jpg

座崩への登山口が有る。
37.jpg

また隧道のほうに降りてきた。道中駐車スペースが
有る。
38.jpg

昭文社の地図にも載っていた高尾遊園地の跡
のようだ。既に廃墟となっていた。
39.jpg

40.jpg

「高尾マス釣場」と書かれていた。
41.jpg

42.jpg

屋根の上は鬱蒼としていた。
日が暮れるまでここで遊んで帰った。童心と懐古。
43.jpg

44.jpg
posted by Shimneti at 00:05| Comment(0) | 隧道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする