カテゴリ
ダム・発電所(316)
鉱山(48)
林道(54)
隧道(106)
(16)
鉄道(58)
その他(103)

2018年07月09日

MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)のトンネル

実はこれ、千歳山の続きなのだ。

自分から言い出しといて、行く羽目になった。

その昔、夜の山奥を徘徊していた頃・・・
山奥に大規模な工事が始まった。近くには神慈秀明会の
本殿があるので、さらに拡張するのかな、などと思って
いたが、はたして・・・美術館の工事だった。
山の中での工事。道を走っていてその規模はあまり感じる
ことは無かったけれど、当時、仕事上の出入業者の何社
かが工事に携わり始めて、その規模のでかさを知った。
しかし侵入は出来ぬ、とも聞いていた。
今から考えると、この規模にしては驚くべき短工期だった
と思う。建築物の秀逸さもあるが、近辺をちょいと登った
くらいでは、その全貌が見渡せない、という立地の秀逸さ
もある。これは本殿もしかり。今はグーグルなどですぐに
見れてしまう便利な世の中になったものだ。
01.gif

この界隈をミホミュージアムと呼ぶ。エントランスは写真で
右側だ。駐車場や、バスの待合いなどが有る。

こんな豪勢なレイアウトを採っている理由?
それは問うてはいけない。
お金があるから?治安の問題?そんなことではあるまい。
美術館からは本殿や鐘楼が見える。
実はもっともっと壮大な計画が存在している・・・そんなこと
を想像しながら見るのも楽しい。
02.jpg

私はここで大失態をかましてしまった。
メインのトンネルは写真の左端。
で、もう一つ穴が有るのがおわかりだろうか。
03.jpg

こいつを写真に納めてくるのを忘れてた・・・いや行くこと
すら忘れていた。従って一般ピープルが見れるのか
見れないのか、それすらわからない。
04.jpg

そして、この穴の先はどこなのか。
写真での上側に全然違う向きに開いている穴。
はたしてこれにつながっているのだろうか。
謎である。
05.jpg

某セミ現役鉱山が如く、単純な穴に見せかけておいて、
地中では迷路のように入り組んでいたりしないものか。
気になってしかたがない。
06.jpg

ここが専用のシャトルの待合い。結構頻繁に出入りしている。
07.jpg

これに乗るべきか否か。これは結構迷った。
得てしてこういう乗り物で、以外と重要なことを説明アナウンス
していたりするものだからだ。
08.jpg

しかし、やはりここは歩く、と言う選択に至った。
09.jpg

近代の殺風景なトンネルとは違うものを求めている、と言う
ことは一目でわかる。
10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

トンネル内は大勢の人が歩いているし、明るいし、私が普段
探索している懐中電灯がなければ漆黒の闇、と言うような
隧道とは違う雰囲気だ。
14.jpg

ディテールや照明の採り方など、見せる工夫が成されている。
15.jpg

16.jpg

出てきた時の開放感もまた良い。
橋に直結している。
17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

27.jpg

橋もこれ、またなかなか良い。
なかなか無いよ、このクラスでこの造り。
28.jpg

29.jpg

30.jpg

さほど深くない谷を渡る橋・・・から見える鉄塔。
あそこからこちらを望遠で撮ったら、などと考えたりする。
31.jpg

こちらの谷にはもう一つのトンネルが通っているのか。
32.jpg

美術館の入口。
33.jpg

左側。搬入通路だろうか。
34.jpg

35.jpg

36.jpg

そして右側。
37.jpg

そう。こちらが、あのもう一つのトンネルにつながる経路だ。
38.jpg

39.jpg

見えるよ。トンネルが。
40.jpg

通常の食材他の資材の経路であることは間違いないだろう。
重量物。重機。橋へのダメージ回避。搬入経路と考えた場合、
適しているか、と言われると微妙な具合だ。
41.jpg

42.jpg

建物の中。
もちろん外構に勝る立派なものだ。
43.jpg

建物のいろんな場所からは本殿と鐘楼が見える。
44.jpg

勝手に「本殿」とか「鐘楼」などと呼んでいるが合っているかどうかは
わからない。
45.jpg

こちら本殿。こんな小さな写真だと伝わらないけれど、ものすごい
造りだよ、これ。
46.jpg

鐘だよね。近所に住んでいたら聞こえるのだろうか。
47.jpg

美術品も鑑賞堪能したはずだが、もう記憶から薄れている。
48.jpg







続いて、こちら。
とは言っても、もちろん入ることはできない。

美術館に続いては関連する学校も出来たり、発展著しいが
写真左下からのルートも完成していた。
49.gif

こちらもトンネルが貫通しているようだ。
50.jpg

近くの山に登ればこの穴くらいは見えるかもしれない。
51.jpg

そんな場所が・・・有ったよ。
道なき山。尾根の露頭に一瞬だけ見える隙が。
ちなみに超望遠。
52.jpg

53.jpg
posted by Shimneti at 01:03| Comment(2) | 隧道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

千早洞

もう2年以上経ったか。この日は超めずらしく仕事で千早赤阪村
に来た。そのついでに・・・
01.jpg

いやぁ、実はここに立ち寄りたくて・・・
02.jpg

03.jpg

04.jpg

千早洞。いいですなぁ。
05.jpg

商談先の社長も付いてきてくれた。いささか呆れ気味・・・。
まぁ気にすんな。
06.jpg
posted by Shimneti at 23:47| Comment(2) | 隧道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

天野川トンネル

久しぶりに磐船神社でも行くか、と、久しぶりにR168を通った
・・・のが2014年の話。
01.jpg

子供のころには、トンネルなどなく、磐船神社の前は道が
細く、こんな田舎なのに結構渋滞していたような記憶が
ある。
それよりも、これ、久しぶりに来てみて、仰天。すげーインパクト。
車道トンネルの右側、車道より高いところにもう一つトンネルが。
車道は新磐船トンネル。その右に天野川トンネル。
02.jpg

なかなか見応えありますよ。
ダムが好きな人は、絶対立ち止まるはず。
03.jpg

正面に
皚酵(いかるが)橋が有るので、真向に見えます。
04.jpg

05.jpg

06.jpg

07.jpg

08.jpg

09.jpg

10.jpg

11.jpg

これはもう上流側が見たくて仕方ありません。
12.jpg

磐船神社は後回しにして、上流側に来ました。
右側には国道の新磐船トンネルのあたまだけちょっと見えて
います。
13.jpg

14.jpg

竣工は1997年11月
前田建設工業、森本組、久本組  特定建設工事共同企業体
以外と前です。
15.gif

16.jpg

遊歩道がトンネルをまたぐようになっています。
17.jpg

またいできました。
18.jpg

19.jpg

トンネルの上からの風景。
20.jpg

21.jpg

磐船峡を守る近代土木は、その姿を受け入れられない方も
おられると思いますが、私は好きな景観です。
22.jpg
posted by Shimneti at 11:27| Comment(4) | 隧道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする