カテゴリ
ダム・発電所(326)
鉱山(55)
林道(57)
隧道(113)
(17)
鉄道(60)
その他(116)

2011年06月05日

信貴山

信貴山まで来ました。
柄にもなく初詣です。
いつものように興味の有る場所を撮りました。
01.JPG

02.JPG

和歌山の根来寺方向を遙拝したという
場所です。
03.JPG

奥之院まで足をのばします。
左:西信貴ケーブル。
04.JPG

信貴山城址。
05.JPG

これは開運橋です。登録有形文化財です。
上路カンチレバー橋としては最古の物です。
もちろん現役。
06.JPG

橋脚は鉄骨組みトレッスルです。これも珍しいそうです。
07.JPG

08.JPG

向かいの車道橋から撮影すればよく見えそうです。
09.JPG

次に、ケーブル跡がハイキングコースになっている
場所ですが、正月だからか柵がありました。
東信貴鋼索線跡(1983年廃止)です。
10.JPG

柵の内側へ。
11.JPG

ハイキングしている人が居ました。
12.JPG

ケーブル跡とカンチレバー橋の撮影にまた来て
みたいものです。
13.JPG

posted by Shimneti at 13:26| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十三峠

生駒から六甲や淡路島が見えるのは正月だけ
です。
十三峠へ来てみました。
上を通るのは有料道路、信貴生駒スカイラインです。
01.JPG

02.JPG

有料道路に上がってきました。
03.JPG

04.JPG

05.JPG

十三峠の石仏です。
06.JPG

もうお昼近いので霞んでいますが、本来ならもっと綺麗
に見えます。
07.JPG

08.JPG

09.JPG

posted by Shimneti at 13:14| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二上山

屯鶴峯から本日のハイクの集合場所、竹内峠へやって
来ました。
01.JPG

02.JPG

山登りと言うよりはハイキングのようなルートです。
03.JPG

04.JPG

登り始めてすぐに古代池に着きます。
05.JPG

06.JPG

越流部です!
07.JPG

道中、南河内方面が見えています。
08.JPG

PLの塔が目立っています。
09.JPG

馬の背の手前に展望台が有ります。
10.JPG

北の方面も見えます。
11.JPG

馬の背到着。
祐泉寺方面からの道。
12.JPG

まずは雄岳517mから。
二上白玉稲荷大神が見えます。
いつもならここでお金を払わなければなりませんが、
正月だからサービスか?
13.JPG

14.JPG

そして、忘れられがちな大津皇子御墓。
天武天皇の皇子です。
15.JPG

16.JPG

17.JPG

18.JPG

19.JPG

次に雌岳474.2mへ向かいます。
道中、当麻寺への分岐。
20.JPG

雌岳の上です。
21.JPG

22.JPG

23.JPG

元来た道をちょっとだけ外れて岩屋へ寄ります。
24.JPG

石窟や塔が残っていますが、詳しいことはわかって
いない岩屋です。
奈良時代の石窟寺跡です。
25.JPG

そして、その向かい側には、衝撃的な岩屋千年杉が
倒れているシーン。
岩屋の謎を唯一知っているかもしれないこの千年杉。
近年の台風で倒れたのだそうです。
26.JPG

27.JPG

28.JPG

千年杉の下をくぐる形になっています。
29.JPG

30.JPG

31.JPG

32.JPG

33.JPG

34.JPG

35.JPG

次に、石切場にも足をのばしてみました。
高松塚と書かれています。
古墳時代末期、高松塚古墳の石材に使用されたようです。
36.JPG

二上山は二千年前に大噴火し、これら石材となるサヌカイト原石
を噴出したのです。
近畿で発掘されている石器のほとんどがこの二上山のサヌカイト
で作られたと言われています。
37.JPG

38.JPG

39.JPG

40.JPG

山を降りて、竹内峠の駐車場所には竹内峠の下を
通るトンネル工事中に出てきた片麻状花崗閃緑岩
が有りました。
41.JPG

posted by Shimneti at 12:37| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする