カテゴリ
ダム・発電所(331)
鉱山(61)
林道(59)
隧道(113)
(19)
鉄道(60)
その他(120)

2022年05月29日

三重県 見当山に登った

Windows11でブログを作ったら、写真がボケボケになって
いることに気づいた。
今までのアプリも使えんのがいっぱい出てきて、なかなかに
面倒っちいな。どんどん勝手にバージョンアップして儲ける
会社。そんな会社にならんとあかんな。あはは。

最近忙しい。だから近場の山をうろついている。
でもそんなネタは書かない・・と思ったら、そうでもない。

見当山。53m。
どう?これ。
Googleで検索してみたら、登っている人は結構居る。
あまりにも低い山なので、みんな適当に登っているから
かなり藪漕ぎしている人が多い。
でもちゃんと登山道がある。竹藪だからわかりにくいだけ
なのだ。登山道を登れば、何の藪にも遭遇することなく
超簡単に登れてしまう。
01.gif

02.gif

で、なんで今になって見当山に登るのか。
友人に話したら、いとも簡単に理由を当てられてしまった。
私の行動など、すぐに見当がつくようだ。
03.jpg

まぁとにかく登る。
04.jpg

見当山は右のほうに有るから、出だし、ここで右に行って
しまいがちだが、ここで右に行くと、自ずと藪漕ぎになる。
05.jpg

右に行ったら、まずイノシシの檻が有る。
06.jpg

07.jpg

元気なタケノコにはかなりの場所で遭遇する。
08.jpg

09.jpg

竹藪の間を進んで、
10.jpg

最後劇藪を越えたら、山頂。
というルートでも、別に良い。53mなんだから。
11.jpg

でも、出だしを左にさえ行けば、こんな快適ルートで
最後まで登ることが出来るのだ。
12.jpg

13.jpg

山頂にはいろんな方々の功績の跡がある。
14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

そう言えば三角点を見てこなかったな。
最近、職場に三角点にはまっている人が居る。
その人に自慢出来ないじゃないか。
18.jpg

山頂から続く尾根は砂地だ。
19.jpg

20.jpg

21.jpg

で、目的の場所はこれだね。
見当山サーキット。
22.jpg

これが見えるんじゃないか、と思ったわけ。
23.jpg

まぁ望遠でちょっとは見えた。
24.jpg

25.jpg

53m下界に降りてきた。
26.jpg

27.gif

残念ながら売物件になっていた。またサーキットとして売れてほしい
ものであるよ。
28.jpg

見当山サーキットはカートランド三重というのか。
29.jpg

まぁ、このあと、もうちょっと見える場所まで行ってみたのだが。
30.jpg
posted by Shimneti at 01:29| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月01日

王寺町 明神山

良い場所を紹介して頂いた。
金剛山脈の最北端に位置する明神山。
頂上は360度の大パノラマだ。
大パノラマと言うのは、何も高い山でないといけないわけ
ではない。明神山。標高にして273.6m。得てしてそういう
ものだ。

駐車場が整備されている。結構な住宅地なのでそこいらに
駐車されたのでは、たまったものじゃない。とても良いことだ。
昔から有ったのだろうか。知らなかった。以前はちょっとお店の
駐車場を失敬したり、あるいは山頂近くまで乗り付けたりもした。

鳥居から山頂まで歩いて40分、と書かれているが、実際は
相当ゆっくり歩いてもそこまではかからない。
ちなみに私の場合、この駐車場からでも約20分だった。
01.jpg

通行止め表示が出ていた。
でも安心、迂回路へ、と書かれてある。
02.jpg

林道を通行止めして、拡幅し、その土を山頂付近の
駐車場の整備にあてるらしい。
山頂に駐車場ができるのか?と思ったが、町行事
のためのもののようだ。
03.jpg

04.jpg

05.jpg

これがその鳥居。
06.jpg

07.jpg

束の間の住宅地通過の後、ここからが登山道に入る。
08.jpg

09.jpg

心得が記されている。当然の内容だ。
10.jpg

11.jpg

すぐにゲートが登場する。したがって車では登れない。
でも道は車が通れるくらいだから、とても良い。

この道は古くから山頂の大パノラマや水神社への参拝者
で利用されていたけど、傾斜道で谷のような掘割が多く
土砂崩れが多かった、ということで拡幅とコンクリート舗装
が昭和58年に完成したのだそうだ。開発業者の負担で
行ったのだとか。
12.jpg

水道をポンプアップする設備が有る、とのことだが、これのこと
かな?
40トンの防火水槽や消火栓設備が有るとのこと。
13.jpg

林道は予告通り工事中だったので、これが迂回路。
迂回路もきれいに整備されていて、むしろこっちの方
が感じが良い。森林浴な雰囲気だ。
14.jpg

鳥居から15分もせぬうちに亀の瀬地区地すべり対策が
見渡せる場所に到着。
15.jpg

16.jpg

これが駐車場整備の場所だろうか。
17.jpg

すぐに山頂パノラマの場所だ。
18.jpg

展望スペースと、その下側に外周遊歩道が有る
19.jpg

360度パノラマ はよっ   あせることはない。
到底写真などにおさまるレベルじゃないのだ。
20.jpg

まずは案内板を見る。
和州送迎太神宮之図(わしゅうひるめだいじんぐうのず)
(送迎と書いてひるめ、と言うのか・・・)が描かれていた。
21.jpg

やっぱりここは江戸時代にも眺めが良かったらしい。
明神山への参道は「送迎道(ひるめみち)」と呼ばれた
街道でもあり、畠田と国分を結んでいたのだそうだ。
大和と河内を結ぶ道の送迎越、というわけだ。
22.jpg

和州送迎太神宮之図(わしゅうひるめだいじんぐうのず)には
日の出、いや日の入りだな、を指さしている人々が描かれて
いる。昔から絶景ポイントだったわけだ。
23.jpg

ここから写真を何枚貼ったところで、その素晴らしさは
伝わることは無い。訪れるしかないのだ。
24.jpg

25.jpg

26.jpg

27.jpg

さきしまコスモタワーが見えている。
その手前は長居スタジアムだ。
28.jpg

あべのハルカスも見えている。
あれがこの山よりも標高が高い、と思うとすごいことだ。
29.jpg

明石海峡大橋も見えている。うっすら。
30.jpg

私がよく登る(っていた)空鉢護法堂(くうはつごほうどう)
もよく見える。あっちのほうが高いが、ここのような360度とは
また違った眺めがあそこでは見える。
31.jpg

悠久の鐘
誓いのテラス SORANI というのが有る。
ここはプロポーズにふさわしいロマンティックなスポット
だという、「恋人の聖地」に認定されている。
テラス・リングのデザインは奈良芸術短期大学によるもの
だそうだ。
ちなみに本日、多くの人が訪れていたが、残念ながら恋人達の
姿は無かった。でもここでプロポーズはなかなか良い。
32.jpg

33.jpg

34.jpg

35.jpg

36.jpg

37.jpg

38.jpg

39.jpg

山の上に有る構築物。
写真をいっぱい撮っている。
何故か。それは書かない。怒られるし。
40.jpg

円形に展望デッキが有る。
41.jpg

二上山の後ろには葛城山、その後ろには金剛山も見えている。
葛城山のロープウェイが見えていた。
42.gif

43.jpg

畝傍(うねび)も見えている。
44.jpg

もちろん水神社にお参りして帰路についた。
せっかくのおでかけだったが、この日は天理ダム、白川ダム
高井田の横穴だけ立ち寄り、よき散歩となった。
45.jpg

46.jpg
posted by Shimneti at 13:53| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

小岐須渓谷 石大神2

久しぶりに石大神(しゃくだいじん)に行ってみよう、という
ことになった。久しぶりと言っても約2年ぶりのことだ。
私の場合、近頃は2年くらいだと久しぶりとは言わない。
最近の部類。

休鉱している鉱山跡は立入禁止。だけど石大神に近づ
こうとしたら、ここは入らざるを得ない。

ちょっと失敬。
01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

水位計測か?現役のようす。
05.jpg

06.jpg

石大神。ガレた中に、すぐに姿を現す。
07.jpg

道中いろんな角度から石大神を見ることが出来る。
08.jpg

さらに道中、「ほら、索道の支柱がある」
「あ、ほんまや」
いやいや、あ、ほんまや、は正しい反応ではない。
だって2年前に行ってるんだから。どんだけ忘れて
るのかね。
09.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

石大神の横に広がる削られた跡。
16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

前回は辛うじて降りることができた階段が崩れ落ちていた。
21.jpg

2年前はこのように大丈夫だったのに。
22.jpg

23.jpg

石大神の頂上近くまでやって来た。
24.jpg

こうして見ると、なかなかの痩せ尾根だ。
25.jpg

26.jpg

27.jpg

ここにだけフェンスが有り、鉱山マン達も拝んでいたに
違いない。
28.jpg

29.jpg

紅葉で近辺の山は人で賑わっていたが、ここに来る人は
居ない。
30.jpg

石大神は結構好きな部類だ。なぜなら、山頂に変な
ものがあるから。
索道のバケットとレール・・・。え?レール?
そんなわけない。記憶なんて曖昧な物。
ワイヤーだ。
31.jpg

32.jpg

山頂に行くまでもなく、もうほら、こんな所に。
33.jpg

索道の滑車でしょう。
34.jpg

山頂にはバケットとかワイヤーが有る。
35.jpg

36.jpg

もうちょっと高いところまで行ってみた。
37.jpg

38.jpg

39.jpg

鉱山はさらに上まで削られている。
40.jpg

41.jpg

42.jpg

43.jpg

最果てと思しき場所からは尾根伝いに降りれそうだ。
44.jpg

最果てと言っても、上の方向には、まだまだある。
だがもうこれ以上は行かない。
45.jpg
posted by Shimneti at 00:40| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする