カテゴリ
ダム・発電所(333)
鉱山(62)
林道(59)
隧道(115)
(19)
鉄道(61)
その他(121)

2023年09月03日

紀州鉱山 板屋九郎兵衛の墓〜お菊の墓

新型コロナの侵攻進むさ中の2020年4月に、紀州鉱山の周辺
探索に出かけた。
板屋九郎兵衛の墓〜大畔の坑道〜お菊の墓 あたりをうろついた。

まずは板屋九郎兵衛から。
01.gif

02.jpg

説明の看板が有る。この看板を見ても、また、その他
で見る逸話を見ても、どうしても、この九郎兵衛、同情
できないな、と思ってしまうのだが、まぁとにかく、お参り
をしておいた。


看板の全文
板屋九郎兵衛
 板屋九郎兵衛は、本名玉置九郎兵衛と言い板屋村に
生まれ、今から三三〇年前に実在した人物です。
 九郎兵衛は板屋の庄屋を務めており、親分肌の男で
義理人情にも厚く、地域では大変人望があり、当時、
度々発生した山や採草地の境界争いに仲介の労をとって
事を納めたそうです。
 この九郎兵衛が『お菊』という絶世の美女を嫁に迎え
幾年か楽しい毎日を過ごしたわけですが、九郎兵衛の
勘違いで妻を殺してしまったことから、入定(生きたまま
墓穴にはいること)の決心をして村人に見送られ塚穴に
入ったとして伝えられています。
 九郎兵衛のお墓は現在もここにあり、このお墓にさわる
と、一度は必ず願い事が叶うとつたあえられており、今も
板屋の人達の手で守られています。
 九郎兵衛のお墓は市の文化財の史跡に指定されて
います。
03.jpg

これらの説明看板を、引きて撮ったところ。
この左の小山に眠っている。
04.jpg

もっと引きの写真。
05.jpg

06.jpg

07.jpg

階段を数十段登れば到着。
08.jpg

09.jpg

10.jpg

玉置九郎兵衛 と書かれていた。
11.jpg

さらにこの先に登ってみると、
12.jpg

私有地だったから退散。
13.jpg





大畔ひのある鉱物の層の周辺を見ながら、お菊の墓にも
立ち寄った。
14.gif

水処理設備の前に到着。
15.jpg

振り返ると、渡ってきた橋が見える。
16.jpg

迷惑駐車をかましているように見えるが、実際は誰の
迷惑にもなっていない。
ちょっと歩いて散策。
17.jpg

橋の袂まで降りてきた。
18.jpg

頑丈そうな橋だ。
19.jpg

20.jpg

頑丈そうな橋ではあるけど、いろいろ有りました
という顔つきをしておる。
21.jpg

22.jpg

鉱山の施設なのか、コンクリの施設なのか、そういうのが
有る。中を見たら、ホッパーだった。
23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

27.jpg

ホッパーの口がある。
28.jpg

29.jpg

30.jpg

先ほどの水処理までもどって、ちょっと散策。
31.jpg

現役設備だから、外から少々見れる範囲で。って当たり前やな。
敷地には入っておる。
32.jpg

33.jpg

本心的にはこの奥地を見たいのだが、目的地への脱線も
いいとこだから、見送り。
34.jpg

35.jpg

36.jpg




藤の花ロードは、桜できれいだった。
ピークは過ぎているとはいえ、こんなシーズンに来たことは
なかった。
これを、誰も居ない中、独り占めできて有り難い。
とても良い気分になれた。
37.jpg

38.jpg

空き地があると出張ってくる太陽光発電。
ここにも。一時たくさん有った貯木も無くなっていた。
39.jpg

ここでっちょっと上からの写真も確認。
赤の矢印の先が、今いる空き地だが、矢印そのものの
真下あたりが、目的地のお菊の墓の有る場所だ。
矢印をかぶせるな、という話やな^^
40.gif

国土地理院で見てみる。
2013年(左端ちょっと2017年)
41.gif

1974年〜1978年
42.gif

脱線しまくりだけど、やっとお菊の墓の入口・・
と思ったけど、もう右に何か見えている。
43.jpg

どうよ、これ。
44.jpg

45.jpg

当然入ることはできない。
46.jpg

しかし、奥へと続いている。
47.jpg

このすぐ上には、慰霊塔がある。
48.jpg

裏側には石原産業株式会社 紀州鉱山とあった。
49.jpg

道中には神社も出てきた。
50.jpg

とにかく手の入った山である。当たり前か。
51.jpg

深く水路が切ってある。
52.jpg

ゴルフ場のような広っぱに出てきた。
53.jpg

54.jpg

ようやく真面目に看板の場所まで戻って、お墓を目指す。
55.jpg

56.jpg

これがそれ。え?どれ?
・・やっぱり何か可哀想な気がしてならない。
勝負の前には触れるとよいのだそうな。
57.jpg

58.jpg

59.jpg
posted by Shimneti at 01:21| Comment(2) | 鉱山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月27日

園マンガン鉱山

京都の園鉱山に行った。
と言っても2019年のことなんやな。そんなに経ったか。
ブログしかやっとらんくせに、投稿サボりすぎだよな。
京都と言っても、私的にはほぼほぼ奈良や。そんなこと言ったら地の人に
怒られるな。でも私が滋賀から大阪に帰るルート上に有るからしょっちゅう
通るところ沿いに有る。
ここ園鉱山はマンガン鉱山だけど、新鉱物の園石(そのせき、 Sonolite)
というのがここで発見された。園鉱山で発見されたから園石。
01.jpg

普段なら一気に通り過ぎるが、今日はここのためにわざわざ来た。
02.jpg

これ12月だから良いものの、夏なんかに来たら草ぼうぼう。
えらい目に遭うところだ。
03.jpg

草の中を進むと何か見えてくる。
04.jpg

こういうのが無かったら鉱山跡とはわかりにくい・・・こともないか。
05.jpg

何かな。窯やろな。
06.jpg

07.jpg

08.jpg

09.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

ちょっとお邪魔。
14.jpg

中から上を見上げている、の図。
15.jpg

16.jpg

17.jpg

なんとなく鉱山跡の雰囲気だね。
18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

坑口はあるのかな。
やみくもに斜面を登る。
こんなことも12月だから出来る、というもの。
22.jpg

こういうのがヒントになったりするものだ。
こんな急斜面に誰も来るはず無いやろ、という場所に
ゴミを捨てたらあかん、という看板がある。ほほう。
23.jpg

24.jpg

こんな場所にフェンスが見えてる。写真左端、なんだけど
わかりにくいな。
25.jpg

坑口間違いなしやろ。
26.jpg

そしてこの写真。
もっと引きで撮られへんのか、と言われるかもしれないけど
無理です。フェンスにしがみついてないと落っこちてしまうような
場所で、引きでは撮れません。
27.jpg

フェンスにしがみついて足下を撮ってます。坑口やな。
そして本当にゴミだらけ。誰がこんなとこにわざわざ捨てに来んのやろ。
摩訶不思議。
28.jpg

「あぶない」とかフェンスとか、あんまり意味の無いような場所です。
でもゴミ捨てにくるやつはおんのやからな。
29.jpg

30.jpg

まぁフェンスもこんな有様。
31.jpg

簡単に入れるけど教育委員会に免じて入らんとこう。
32.jpg

33.jpg

34.jpg

35.jpg

36.jpg

37.jpg

こっちまで来たら、ちょっと引きの写真が撮れた。
38.jpg

39.jpg

宇治茶の産地にぽこんと出てきた。
40.jpg
posted by Shimneti at 18:35| Comment(0) | 鉱山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月21日

篠立林道の奥地 取水堰堤

白石工業のことを書くと警察沙汰になるらしい。
そのことについてはここに書いた。

ここは私達の原点だ。と言っても2013年だから最近のことでは
ある。私達って誰タチよ? と言うのはまぁさておき・・・
そんな場所が踏み荒らされ、ついには施設も撤去され、そして
書いただけで警察沙汰になる。いや、大切な場所だから
警察沙汰になってでも守ってもらいたいものだ。

今回の目的地はここ。取水堰堤。
白石工業では動力を水力による電気だけでなく、水力を
直接動力に利用していた。
それらの水車を廃墟の中に見ることができたのだが、
残念ながら今は撤去されて無い。
その取水をしていたと思われる場所だ。
01.gif

2013年。林道を歩けるところまで歩いた。
写真ではわかりづらいが、歩くことすら許されない崩落地だ。
崩落していたって、たいがいの場所は何とか歩けるものだが
ここは段違いの崩落だった。
02.jpg

あれからどうなっているか、と見に来た、というわけ。
ほぼ何も変わっていなかった。
03.jpg

誰かの踏み跡が出来ているだろう、と期待して来たが、
やはりそんなレベルではなかった。
04.jpg

しかしながら、ほら、だれかのロープが。
かなり新しい。2か所ロープが残置されていた。
でもロープを残置する、ということは、プロの仕業か。
素人は回収するでしょう。
05.jpg

もう一か所はこれ。
ものすご〜く迷ったが・・・
06.jpg

やっぱりこうなった。
自分のを降ろすことにした。
車にロープを取りに戻る。
往復1時間のロス。
馬鹿だなぁ。わかってたのに。
07.jpg

スパイク付の足袋も持ってきた。
08.jpg

いったん谷底まで降りて、林道へ登り返す。
09.jpg

10.jpg

現着。九十九折はコンクリート敷。ところどころ補修されて
いた。
11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

堰堤の残骸と思しき物、のみ。
15.jpg

せっかくロープを持ってきたから砕石の上部に降りてみた。
16.jpg

17.jpg

先の写真の撮影場所。なんとなく踏み跡が有るのが気持ち悪い。
足場悪し、撤収。。
18.jpg

なるほど〜な写真がこれ。
19.jpg



【2021年12月26日追記】
2019年の4月、久しぶりに白石工業の対岸に有る鉄管を
登った時の写真に、件のものが写りこんでいたのをみつけ
たので、ちょっと拡大して貼っておく。
20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg
posted by Shimneti at 14:40| Comment(2) | 鉱山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする