カテゴリ
ダム・発電所(325)
鉱山(55)
林道(57)
隧道(113)
(17)
鉄道(60)
その他(116)

2020年07月19日

大里発電所 関西電力

超ローペースでしか会わない友人のM子が、3ヶ月ぶりに
やって来た。まだハイペースなほうだ。
親子ほどの年齢差が有るが、友情に年齢など関係無い。
ミステリアスなM子は、今回はミステリアスじゃなくウラル山脈
のM子になって登場した。そしてLEDがパワーアップしていた。
どんだけLED付いとんねん、っちゅうやつや。こりゃ夜まで
探索になんのやな、ということか。この人、会うたびに何か違う
ことをやっている。
01.jpg

そんなわけで第22回目のM子ツアーはなんとあっさり紀宝町
まで連れて行かれた。
こんな明るい開放感の有る場所に到着。
この後、南紀をなめたらあかんよ、というのを思い知らされる
羽目になる。
02.jpg

「START」と「GOAL」
こんな表現、ふさわしくないと思うんだけど・・・
03.gif

そんな手軽なハイキングを促しているような看板が
ある。
04.jpg

05.jpg

相野谷川・電気の谷往復コース。
ハイキングでしょ。これ。
06.jpg

甌穴も有る。
07.jpg

看板より。
相野谷川の吊り橋。
08.jpg

ハイキング気分でスタート。GOGO。
09.jpg

発電所まではすぐ。
10.jpg

看板に有った吊り橋はもう無かった。
小登橋。平成25年7月竣工、と書かれていた。
11.jpg

12.jpg

橋を渡ってから見たプレート。
13.jpg

14.jpg

15.jpg

余水のほうからバンバン流れ出ている。
16.jpg

17.jpg

18.jpg

橋を渡る。
19.jpg

20.jpg

関係者用は普通の階段だが、一般用は螺旋階段だ。
螺旋は法改正で非常階段ではもう見かけることは無い。
21.jpg

22.jpg

23.jpg

裏手はちょっとした休憩スペースになっている。
24.jpg

旧相野谷川吊り橋の写真や、発電機の水車の写真など
が有った。
25.jpg

26.jpg

27.jpg

28.jpg

29.jpg

30.jpg

31.jpg

望遠で。この後、あそこまで登って行くことになる。
32.jpg

おっ、ここからが水路への道だな。
あれ?M子はあんまりお勧めな顔をしていない。
すでに行ったことあるからだな。
いや、それだけじゃない。その理由はすぐにわかった。
33.jpg

急登一本調子。ハイキングちゃうやんけ。
34.jpg

やっと水路が見えてきた。
35.jpg

すでにヘロヘロやがな。
36.jpg

まぁまずは発電所の施設を見ておくか。
37.jpg

ここから落差で発電所へ行きよるんやな、という場所だ。
38.jpg

39.jpg

40.jpg

よし、こっからは水平だ。
41.jpg

これぞハイキング。
42.jpg

ハイキング・・・にしては 何か長くないか?・・・
43.jpg

延々続いておる。
44.jpg

45.jpg

46.jpg

歩いても歩いても・・・
やっとなんだか開けてきた。
47.jpg

おぉ、遠くに堰堤が見えてきた。でもまだまだやのぉ。
48.jpg

望遠で。
49.jpg

望遠。もうこっから望遠でええわ。
M子は、後ろの方で旧の宇治川電気の杭をめっけたりして
遊んでいてなかなか来ないし、もうここで「行ってきたで」
言うて引き返してもええな、思った。
50.jpg

でもせっかく来たし・・・
やっぱり近づいた。でももう15時半だよ。M子がこれで終わるわけ
ないしな。のっけから先が思いやられるな。
51.jpg

目の前の堰堤に、元気復活。
いろいろ見て回った。
52.jpg

53.jpg

54.jpg

55.jpg

56.jpg

57.jpg

58.jpg

甌穴だって有るよ。
59.jpg

60.jpg

61.jpg

62.jpg

63.jpg

64.jpg

65.jpg

66.jpg

67.jpg

68.jpg

これぞチロルの威力だ。
69.jpg

70.jpg

71.jpg

72.jpg

道中遊びすぎてなかなかやって来ないM子と合流して
引き返した。
73.jpg

おっこれが宇治川電気の杭だな、わかるかな?
74.jpg

やっと振り出しに戻ってきた。
1時間半のハイキング。目的地でもない場所でもう16時回ってるよ。
紀伊半島の山は、パッと見の地図ではわからん深さがある。
75.jpg
posted by Shimneti at 12:44| Comment(2) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

布目川発電所 関西電力

R163を走っていると見える発電所。
でも木津川も有るし線路も有る。
向こうの谷を通って行くのか、川を渡るのか。
01.jpg

まぁどちらにもルートは存在していた。当然だよな。
でもどちらも狭く、ランクルみたいなでかいのを走らす
だけで、楽しくなっちゃう道だ。

あの鉄塔くらいまでは行ってみるか。
02.jpg

03.jpg

水圧鉄管は山に隠れて・・・
04.jpg

05.jpg

06.jpg

07.jpg

谷を通るルートを行ってみた。
道中、白砂川や布目川に水道局の取水も有ったりして
見どころいっぱいだ。
08.jpg

やがて、これは発電所関係でしょう、と言う雰囲気の
場所が出てくる。
車を放っぽりだして、撮影に出た。
09.jpg

これは取水だね。
10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

さらに進むと、沈砂池らしきのが見えてくる。
もちろん進む。
20.jpg

取水との位置関係はこんな感じ。
振り返ったら先程の取水が見えている。
21.jpg

フェンスは厳重だが、自由に見させてくれるおおらかさ
が関電には有るように思っている。
22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

このすべり台は何だ?と思って撮影した、の図。
26.jpg

27.jpg

28.jpg

29.jpg

30.jpg

31.jpg

32.jpg

33.jpg

34.jpg

35.jpg

そして・・水路が続いている。
水路はこのまま発電所まで行くのだろう。
36.jpg

37.jpg

38.jpg

39.jpg

このまま水路を歩いていって、発電所に着いたら
真っ暗だった、というようなことになりかねない時間
だったから、ここは車で移動した。
40.jpg

で、発電所に車横付け、と思っていたら、この橋で
通行止め。
41.jpg

おかげで、見どころを少しばかり立ち寄ることができた。
42.jpg

43.jpg

44.jpg

通行止めの原因となった場所。
これは越えられんね。
45.jpg

ちょっと川辺に降りてみた。
46.jpg

甌穴が見られる。
そんじょそこらの時間で出来上がったものではない。
数十万年から数百万年もかかったできたものだ。
47.jpg

48.jpg

49.jpg

50.jpg

歩を進めると、発電所よりも先に余水の鉄管らしきのが
見えてくる。
51.jpg

52.jpg

53.jpg

そして発電所。
もうすっかり暗くなってきた。
54.jpg

55.jpg

56.jpg

57.jpg

58.jpg

59.jpg

正式な玄関はどこか、と思わせるような厳つい出で立ち
だ。
60.jpg

横には線路。
61.jpg

62.jpg

63.jpg

64.jpg

65.jpg

発電所の裏手に回ってみるか。
66.jpg

いい感じで登れそう。
67.jpg

68.jpg

69.jpg

水圧鉄管の横顔が見える。
45度近いな。
70.jpg

71.jpg

72.jpg

望遠で。
何やら穴が見えるね。今気づいた。
だから行ってないぜ。
73.jpg

これは鉄塔が建っている場所だ。
74.jpg

すごいな。これ。
75.jpg

76.jpg

77.jpg

78.jpg

ここからは、あの有名な廃墟、笠置観光ホテルが見えている。
79.jpg

80.jpg

81.jpg

・・と言うことはだよ。その廃墟からも発電所が見える、
と言うことだ。
ちょっと探してみた。
屋上あたりから撮っている中に何枚か発電所が写って
いるのが出てきた。
そんなつもりで撮影してないから良いアングルや望遠
が無いのが残念。
82.jpg

83.jpg

84.jpg

85.jpg

すっかり暗闇だ。帰ろう帰ろう。
86.jpg
posted by Shimneti at 22:36| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

久しぶりに七色ダム

気分は七色。
「摺子に入れなくなった。」なんて情報を得たので、気になって
見に行った。
でも変わらぬその姿を見て一安心。ついでにと言っては失礼
だが、七色ダムにも立ち寄った。
※摺子にはここ最近では2018年10月と今年の2月の2回訪れた。
01.jpg

七色には2010年のこのとき以来である。
随分久しぶりなように思っていたが、それほどでもない。
下流側に車を置いて、気楽に散歩開始。
02.jpg

遊歩道がある。
03.jpg

いいねいいね。
ダムが見えるようにちゃんと公園があるのはいいね。
04.jpg

対岸には謎の穴が。後で行ってみるか。
05.jpg

このダムを印象付けるもの、と言えばやっぱりゲートだよね。
天端で、近寄ると、さらなる迫力が有るからなぁ。
06.jpg

発電所からの送電スタートラインだ。こちらも久しぶりに
上からも見に行くか。
07.jpg

ちょっと上流へ歩いていくと・・・
08.jpg

こんな穴がある。
09.jpg

穴の脇には、天端へ上がる遊歩道が有る。
10.jpg

エアーのタンクのようなのも、そこに居るのが当たり前、という
佇まいで存在している。
11.jpg

ちょっと中を覗いてみる。
12.jpg

前回から、私の持ち物で進歩した、とすると、カメラと照明だ。
フラッシュは嫌いだから、だいたいがこんな写真になる。
13.jpg

ISOを上げて最新LEDで照らしたら結構奥までいける。
14.jpg

斜坑になっていて、水没している、ということがわかった。
15.jpg

遊歩道を登ると、天端に着く。
16.jpg

17.jpg
ほれ。どう?これ。
こんな写真が撮れる場所に行きたい、と言う願望は
私の場合、実はこんな場所ではない。
フォトジェニックにはほぼ興味が無い。
しかしそれは、そういう写真が撮れない、という言い訳
でしかないのかもしれない。


まぁそんなことはいいとして、散歩を続ける。
18.jpg

概要の看板が充実しているのもいいね。だけど現地であんまり
ゆっくり見ないからいつも後悔する。
19.jpg

20.jpg

21.jpg

今回はゲートがしっかり納まった写真を撮ってなかった。
22.jpg

発電所を上から。
23.jpg

24.jpg

下流側の荘厳な眺めを天端から。
25.jpg

あれは建設当時のものだろうか。
後で行ってみよう・・・というわけにはいかないわな。
ここから望遠で。
26.jpg

27.jpg

今日はメンテをしているようだった。
車が停まっている。
それにしてもでかいゲート。
28.jpg

29.jpg

上流、貯水側。
30.jpg

トンネル脇に通路が有る。
31.jpg

32.jpg

33.jpg

下流側をぐるぐる回って、先ほどの穴の前。
ふさがっていた。
34.jpg

ここからだと、天端から見えていたあの穴も見える。
それもふさがっていた。
35.jpg
posted by Shimneti at 09:33| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする