カテゴリ
ダム・発電所(331)
鉱山(61)
林道(59)
隧道(113)
(19)
鉄道(60)
その他(120)

2022年01月04日

殿山(合川)ダム 関西電力

「あしたは殿山ダムに行くよっ」
「えーとえーと、殿山、殿山。どこやったけ。合川のやつか・・。」
「尾鷲からすぐやし、いつもの海山で待ち合わせ!」
「尾鷲からすぐ?え?そんな場所やったっけか?」

そんなルートで行ったことないな。でもまぁいい。
01.jpg

で、ほんまに尾鷲から一眠りしてるうちにあっという間に
現着。 まぁそんなこと言ってるのは微妙な色のスバルに
乗ってるいつもの御仁。
02.jpg

殿山ダム、というとロクに見えんダムで有名なやつ。
だけど素晴らしき展望スポットは有る。
これが無かったら、本当に通り過ぎてしまって、なんも
見えんやんけ、となるところだ。
ちなみに、昔私が来た時はこんな場所は無かった(と思う)。
03.jpg

で、どっちなの?きみは。殿山ダムなのかね。それとも合川ダム
なのかね。(どっちも正解らしい。)
04.jpg

05.jpg

展望台は2段になっていて、ちょっと降りていける。
06.jpg

すでに結構傷んできている。
07.jpg

で、肝心のダムはこの遠景。
08.jpg

これ双眼鏡とか望遠レンズじゃなかったら全然アウト。
09.jpg

結構古いダムで、ドーム型アーチのハシリなのだそうだ。
10.jpg

11.jpg

もうちょっと下流側に遠景スポットを探しに行く。
12.jpg

なお遠し。
13.jpg

でもこれちょっと歩いて行けるんちゃう?
14.jpg

でも岩がクソでか過ぎて意外と難航。
15.jpg

岩がでか過ぎて降り難し。
16.jpg

ここから見たらちゃんとアーチになっている。
17.jpg

18.jpg

右に水平歩道みたいなのが有る。
19.jpg

ここからなら上がれるか。
20.jpg

工事用の何かか。
21.jpg

22.jpg

23.jpg





場所は変わって、天端方面に来た。
ダム堰堤からはかなり高い場所に有り、天端を見る
ことすら難しい立地。
24.jpg

従ってインクラインが有る。メンテ資材も車横付け、という
わけにはいかない。
25.jpg

26.jpg

27.jpg

はるか下方に天端のごく一部が見えている。
28.jpg

近辺を少し歩くと、ちょっとした門扉がある。
29.jpg

立入禁止は左側のフェンス内のことだ。
30.jpg

31.jpg

殉職者の慰霊碑が有った。15名の氏名が刻まれていた。
いまも厳しい立地を見守っている。
32.jpg

見学を希望すれば見れるようだ。
33.jpg

この階段を歩いていくのか。
34.jpg

他、近くにも関係施設らしきのが有った。寮だろうか。
35.jpg




さらに場所を変えて・・
ダム湖側からも堰堤が見えないか。
36.jpg

これも叶わず。
37.jpg

38.jpg

39.jpg

後で地図で見たが、この先にちょっと期待できる場所が
有ったのだが、行かず、後悔。
40.jpg

再訪するのか?
41.jpg
posted by Shimneti at 16:22| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月04日

イワス鉱山 ランクルで登る

最近多賀に用事が有って、何度か足を運んだ。
足はプロボックス4WD。せっかくだからついでにイワスの入口まで
プロボックスで見に行ったりしていたのだが、結構いいとこまで
登れる。プロボックスでそこそこ登れるくらいだからランクルで来た
ついでに立ち寄ってきた。もちろんランクルなら楽勝。


過去の訪問から結構経つな。
イワス原石鉱山跡1
イワス原石鉱山跡2
イワス原石鉱山跡3
01.jpg

例の看板が、幾多の風雨にも耐えて、まだ残ってくれているのが
うれしい。
02.jpg

イワス到着。草に覆われていないことが不思議。
03.jpg

04.jpg

鉱山の入口ゲート。付近に有った索道のベースでも探すか、と
思ったが、ここは斜面と草木で、やる気ダウン。
05.jpg

06.jpg

07.jpg

坑道が有る、とは聞いているが、実際に探したことがない。
いや、これも今日は探す気がせず。
08.jpg

09.jpg

これはきっとバイクの跡だな。
10.jpg

こんなところに坑道の痕跡でも有ればうれしいのだが・・・
11.jpg

12.jpg

ミルの跡はみるみるうちに、と言うほどでもないが、少しづつ
姿を変えている。
13.jpg

やる気の無い探索だが、ちょっと登れるんじゃないか、と言う気が
してきた。今日はこれだけにしよう。
14.jpg

15.jpg

段々に削られた跡まで登ってきた。
16.jpg

17.jpg

18.jpg

豆粒のように車が見える。あの後谷の砂防にも
立ち寄ってみようか。
19.jpg

20.jpg






完成してから来るのは初めてだったか。
21.jpg

22.jpg
posted by Shimneti at 17:33| Comment(2) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月10日

父ヶ谷林道の状況2020年12月

2020年末、南紀への登山の下見の帰り道、はるばる遠回り、
水呑峠を越えて父ヶ谷林道の状況をついでに見た。
三重の林道は生きている。そんな状況を何度も目の当りに
しているから、通れなくなって久しいこの林道も何かしら復活
しているんじゃないかと思った。
01.gif

これは2012年に行った時。
それ以外にも行って写真は有るかと思うが、どれもついでだから
探すのが面倒だ。
02.jpg

03.jpg

林道に入って車を1、2分も走らせたらこんな感じだったか
と思う。
何かやろう、という意思表示は有るね。
04.jpg

これはつい最近。2020年12月の様子。
私にしてはめずらしく最近のもののアップとなるな。
05.jpg

小屋まで来た。以前よりは順調に車で入れてるな。
06.jpg

ダム湖が遠のいていく。
07.jpg

順調々々。
08.jpg

宿所が有ったところまで来れた。
09.jpg

ちょっと車を降りて立ち寄り。
10.jpg

11.jpg

12.jpg

順調と思っていたのも束の間。
風呂場からちょいと行ったところで終了。
13.jpg

こりゃ歩いてしか進めません。
14.jpg

重機が置いてあったり、工事の雰囲気が有ったり、という
ことは、まったく有りません。
今のところ、何かしよう、と言う感じはありません。残念。
しばらくここまでかな。
15.jpg

16.jpg

17.gif

18.gif

19.gif
posted by Shimneti at 10:37| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする