カテゴリ
ダム・発電所(327)
鉱山(55)
林道(57)
隧道(113)
(17)
鉄道(60)
その他(117)

2020年08月30日

鮒田発電所跡

最近、懐中電灯ネタを全然やっていないが、なんとなく
自分としては落ち着いた感がある。
なにせ一万ルーメン超の威力を見せつけられた日には
もう暗闇の概念そのものが変わってしまった。
洞窟であろうと廃隧道であろうと、自分の部屋と変わらぬ
明るさにあっては、何の恐怖も芽生えないことに気づいて
しまったのだ。

鮒田発電所跡に着いたのは、すっかり夜になっていた。
案の定だよ。そろそろ終わりにしましょう、と切り出さない
限り際限がない感じだ。次どこ行く、と言い出しかねない。

明るいライトに照らされて花粉がキラキラと光っている
のには閉口した。
01.jpg

発電所跡だ、と言われたら、なるほど、という感じだ。
放流口らしきのが見える。
02.jpg

03.jpg

取水堰堤まで、そう遠くない、と言うから行きそうに
なったが、やめておいた。
04.jpg

05.jpg

明るい時間に見たいじゃない。再訪した。
大人になったもんだ。
06.jpg

バス停は「発電所前」だ。素晴らしい。
07.jpg

08.jpg

明るいと景色も違う。明るい方がいいな。
しかし昔は違った。写真を撮るようになったからだな。
写真を撮らなかった時代には夜の徘徊が専門だった。
そんな時代が懐かしい。大人になったんだ。
09.jpg

10.jpg

11.jpg

せっかくだから取水堰堤跡も見に行く。
12.jpg

なかなか良い感じだ。
13.jpg

14.jpg

紀州の山林を感じる看板だ。
15.jpg

対岸の水路と高さが合ってきた。そろそろ取水だ。
16.jpg

水路は橋で越えていたのか。
17.jpg

18.jpg

橋の跡らしき鉄骨。この辺りが取水堰堤だったの
だろう。
19.jpg

取水堰堤到着。
20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

引き返す。
27.jpg

発電所跡の上のほう。水路はどの辺りなんだろう。
ここからは、もうどこに水路があるのか、もわからない。
28.jpg

長閑な風景だが、ここは紀州の山。
この後、いやというほど紀州の山を思い知らされる
ことになった。
29.jpg

あの花粉を飛ばしていた枝は、昼間も元気に
花粉を飛ばしていた。
30.jpg
posted by Shimneti at 17:08| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: