カテゴリ
ダム・発電所(323)
鉱山(53)
林道(56)
隧道(112)
(16)
鉄道(58)
その他(112)

2019年10月19日

恵那峡ロープウェイ

「桃介に会いたい」
たまにそう思う時がある。
電力王 とか 電気王 などと呼ばれた人だ。
だが電気が好き、と言うより先見の人だったに違いない。
重要なインフラを生んだけでなく、私のようなダムや
水力発電所を見るのが単純に好き、という病的な
ファンをも多く生んだ。

何度となく会いに行った。

同じ世間を見、自然を見て、常人とは全く違った先見を
持った視線で世界を見ていた桃介の偉業とあまりの
ギャップに浸りに行くのだ。

でも出会いが実現しなかったこの時ついでに行った
ロープウェイがなぜか今も印象に残り続けている。
何も今更私がアップしなくても・・とも思うが、私にとって
は貴重な思い出となっている。

↓ 渓谷と緑と浪漫の郷 恵那峡 恵那峡周辺マップより
01.jpg

空を見るとロープが見えているのだから、場所はすぐにわかる。
02.jpg

03.jpg

河岸から上がって行く形で訪れたのだが、営業中のメイン
ルートがここだったかどうかはわからない。上からかも
しれぬ。2000年休止だからそんなに昔のことではない。
現役時代を記憶している方も多いことだろう。
04.jpg

腐りかけの通路を横から見たところ。
05.jpg

06.jpg

恵那峡ランド行き。
恵那峡ランドは現恵那峡ワンダーランドの前身にあたる。
かわいい丸い絵の通りのゴンドラに会えると思うと、かなり
気持ちが高ぶってきた。
07.jpg

08.jpg

09.jpg

10.jpg

後でここから入ったが、まずは上まで行ってみた。
11.jpg

12.jpg

13.jpg

ここは出口だったようだ。そう看板に書いてある。
14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg






先ほどの場所まで戻って、中に入ってみる。
19.jpg

改札がある。
20.jpg

でも中でお金を払ったのか。
21.jpg

22.jpg

待合か、売店でもあったのか。
23.jpg

なんでこんなところに操作盤が?と思ったけれど・・・
24.jpg

こういうことだったのか。
1969年から、か・・・ 結構歴史が有ったんだな。
1997年で新しくして、2000年に閉鎖、か。
25.jpg

盤の上に無造作にポンと写真のパネルが置いてあった。
26.jpg

27.jpg

28.jpg

29.jpg

30.jpg

31.jpg

32.jpg

33.jpg

どれくらいのにぎわいを見せていたのだろうか、と
感慨に浸る。
34.jpg

35.jpg

36.jpg

廃な中に鮮やかな色が出現すると違和感がある。
もちろん造花だ。
37.jpg

ちょっとした小部屋には当時の備品が集められていた。
「本日入園無料」なんてのもある。
38.jpg

39.jpg

40.jpg

乗り場に向かって建物から出てきたところ。
41.jpg

階段の屋根のテントが破れてしまっている。
42.jpg

感動のご対面を想定していたのに、こんなところで
もうゴンドラと対面してしまった。
43.jpg

44.jpg

45.jpg

このゴンドラ、なかなか良いし、もったいないな、と思った。
46.jpg

47.jpg

廃なものに惹かれる理由の説明は難しいけれど、
そしてこの雰囲気を伝える写真の技術は持ち合わせていない
けれど、「独特の背徳感」ということでいいのかな、なんて
思って見ていたのをいま思い出した。
48.jpg

発着場のもう一つにはゴンドラは停まっていない。
対岸に有るのだろうな。
49.jpg

50.jpg

51.jpg

建屋の外に出ることができる場所が有った。
52.jpg

ちょっと出てみる。
53.jpg

操作室にも入ってみた。
54.jpg

引出が少し開いていて、緊急時の対応が書かれていた。
廃虚で、私は何も触らない傾向が有って(努めてそうしている
わけでも無いのだが)いつも後悔する。もっと見ておけば
良かった、貴重な記録だったんじゃないか、とか。
55.jpg

56.jpg

57.jpg

58.jpg

風速切換なんてのもある。運転速度が変わるのだろうか。
59.jpg

60.jpg

それにしても、見飽きないフォルムだ。
61.jpg

62.jpg

63.jpg

64.jpg

カメラを押し付けての中の様子。
65.jpg

66.jpg

67.jpg

68.jpg

69.jpg

70.jpg

71.jpg

ここから対岸のゴンドラは見えない。
72.jpg





船着き場のロープの真下まで来てみた。
73.jpg

対岸の方が綺麗に保たれているように見えた。
74.jpg

75.jpg

76.jpg

77.jpg
posted by Shimneti at 15:25| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: