カテゴリ
ダム・発電所(323)
鉱山(53)
林道(56)
隧道(112)
(16)
鉄道(58)
その他(112)

2019年07月03日

岐阜 古津楽苑 2

狛犬ならぬ狛象を抜けると、目的地、本丸に到着する。
01.jpg

狛象じゃない阿吽も居るようだ。
02.jpg

立派!!
しかしながら、先程の狛象、阿吽のイメージから、私の中では
観光施設の延長線上だと思っていた。
従って恐れることは無し。平気で近づいていく。
例えば、この同じころに行った犬山の鞍馬山教会や養老山の
ふもとにある世界統一宇宙偉令大法塔など、緊張感が有った。
特に養老山のほうは現役だから最大限の注意をはらって
行ったものだ。
03.jpg

近づいてみるが、廃墟であることには違いない。
それなりに傷んでいる。
04.jpg

05.jpg

06.jpg

07.jpg

08.jpg

09.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

ここにはガラスがはまっていたようだが、下に落ちて
割れていた。
15.jpg

16.jpg

17.jpg

謎の穴が開いており、覗いてみる。
18.jpg

中に入れるのか。
19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

塔の裏手にも登り口が有った。
23.jpg

扉が有り、中に入れるようだ。
この時は入らなかったが、後で入ることになる。
24.jpg

25.jpg

26.jpg

一旦山を降りた。
27.jpg








帰ろうと思っていた矢先、もっと怪しい入口を見つけて
しまった。またまた車を降りる。
28.jpg

場所はここだ。
29.gif

30.jpg

これもうれっきとした入口だ。
しかし微妙に現役のようす。
31.jpg

32.jpg

33.jpg

門を入って真っ直ぐがメインのようだが、まずは左に行って
みる。なぜなら、こちらが現役の様子だからだ。
34.jpg

この錆びた駐車場の看板。これにて「古津楽苑」ということ
がわかった。
しかしこの「苑」の漢字のイメージが、観光施設じゃないよう
に思われた。
35.jpg

36.jpg

とりあえず進んでみるが、この建物だって廃墟とは言い難い。
あまり使っていない物置、として現役なのだろう。
37.jpg

進んでいく。
38.jpg

39.jpg

現役の車が居た。
40.jpg

現役のホテルの反対側に繋がっていたのだ。
ここはそそくさと出ていく。
41.jpg

看板が落ちていたので見ていく。
42.jpg

平和塔(仏舎利塔)
御有志のお願い
高さ九00センチメートル
Aコンクリート製


ミカゲ石製

蝋燭燈台
献燈のメニューのようだ。
10万円とか30万円と言った数字が並んでいる。
43.jpg

44.jpg

45.jpg

こちらの看板は「古津楽苑」ではなく「古津園」となっている。
もう何が本当かわからなくなっている。
46.jpg

このまま探索を続けても良いものか迷ったが、やはり継続
した。
47.jpg

パチンコ百万ドル。
探索を続けてもいいよ、と言ってくれているみたいだった。
寺にパチンコはあるまい。
48.jpg

メイン道復帰。
49.jpg

50.jpg

51.jpg

52.jpg

庭園の遊歩道か、と思わせるようなのが有った。
53.jpg

橋がかかっている。
54.jpg

ピカデリーの看板も有った。
洋画ピカデリー。映画館か。
55.jpg

遊歩道の回廊を歩いてみる。
56.jpg

57.jpg

こちらにもピカデリーの看板がある。
58.jpg

59.jpg

60.jpg

61.jpg

62.jpg

メイン道に復帰。
63.jpg

64.jpg

道はかなり荒れてきた。
65.jpg

キノコのような休憩場所が登場。
66.jpg

これまた乙な感じ。ちょっと気持ち悪いけど。
67.jpg

さらに上る。
68.jpg

檻のようなのが出てきた。
動物も飼っていたのか。
69.jpg

70.jpg

道の荒れもピークに達したか、と思われるところで、先程の
塔に到着。
71.jpg

72.jpg

不思議なことに、塔の入口が開いていた。
私以外にも訪問者が居るようだ。
73.jpg

ではちょっと入ってみる。
74.jpg

先程覗いていた穴を反対側から見る。
75.jpg

何やらごちゃごちゃと置いてある。
76.jpg

紙袋のようなのが有った。
祝 岐阜 平和佛舎利塔 落慶記念
一枚もらっていこうか、とも思ったが窃盗になるからやめて
おいた。
いや、これもう入ってる時点で犯罪だな。
長居は無用。
77.jpg

78.jpg

79.jpg

80.jpg

まさか2回も登るとは思っていなかった。
金ピカの像に謝意を表し、今度こそ山を降りた。
81.jpg

82.jpg
posted by Shimneti at 23:22| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: