カテゴリ
ダム・発電所(323)
鉱山(53)
林道(56)
隧道(112)
(16)
鉄道(58)
その他(111)

2019年03月24日

とある鉱山にて

もうなぁ。しっかりしてくれよ、天気予報、と思ってるよ。

せっかくの休みだから、早朝から起きだして探索に出かける
予定だった。南紀にしようか、はたまた岐阜の方に・・・。

で、天気予報を見たわけ。      雨なんだって。
雨じゃぁ仕方無いなぁ。家でおとなしくしていよう。

お昼になって、あれ?雨なんて降ってねぇじゃねぇの。

なんだよなんだよ。じゃぁ近場のダムでも。

津から車で50分。

ダムでも歩いて一周するか。
01.gif

このダムは昔、小っちゃい池だった。用水不足で紛争が
絶えず、ダムを造ったのだ。・・と堰堤の石碑に書いてあった。
昭和50年(1975年)竣工。
02.gif

私にはちょっとした能力がある。洞窟とか坑道とか隧道とか、
とにかく洞穴が有ったら、臭いでわかるのだ。
いや、能力というのは言い過ぎ。これは誰でもわかる。
たぶん地中の温度と外界の温度差によるものだよね。
あの独特のにおい。

とにかくダムを一周するために歩き始めたら、5分もしないうちに
その臭いがし始めた。絶対鉱山あるな。

でも行きたい気持ちをがまんして、ひとまずダムは一周した。
で、二周目、すぐに林に分け入った。
03.jpg

あはは。
いや、これもう土の色がマンガンだよね。
04.jpg

森の藪の中をガンガン登っていく。・・と言うほどでもなく、
数十秒登っただけ。
05.jpg

06.jpg

ポンとこんなとこに出てきた。
07.jpg

もう出てきたよ。間違いなく鉱山跡だね。
ダムからほんの数分歩いただけの場所だ。
08.jpg

大したものは無いか、と思ったけど、そうでもない。
09.jpg

10.jpg

でっかい車輪みたいなのが見えてきた。
11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

なんか可哀そうなことになってる軽トラ。
倒木はそんなに古くはない。最近のことか。
しかしこの軽トラが現役だった時代はおそらく昭和40年代
だろう。
15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

ワイヤーもある。
19.jpg

当時のヘルメットだろうか。
20.jpg

金庫もある。
21.jpg

中は?何も無かった。
22.jpg

やかんよりも尋常じゃない大きい丸環の方が気になる。
23.jpg

小屋が崩壊しているのだろうか。もとは小屋だったに違いない。
24.jpg

コンプレッサーらしきのが見える。
25.jpg

26.jpg

カブみたいなのもある。カブなのかバーディなのか。
27.jpg

28.jpg

盤も見える。
29.jpg

30.jpg

これは何だろう。巻上機か。
31.jpg

それよりなにより、さっきから横に開いている深い谷。
32.jpg

写真ではわかりにくいけど、すんげぇでかい。
33.jpg

34.jpg

35.jpg

近づきたいんだけど、怖すぎて近寄れない。
36.jpg

怖ぇ〜怖ぇ〜と言いながら恐る恐る近づく。
あかん、やっぱり。足元が落盤でもしようものならひとたまりも
ないわい。
37.jpg

38.jpg

右の奥で、闇に吸い込まれている。
39.jpg

照らしてみる。
40.jpg

サーチライト&望遠。
41.jpg

次いで、左がわは?
こっちにいたっては、怖すぎて近寄れん。
42.jpg

こちらも闇に吸い込まれている。
すげぇスケール。
43.jpg

こんなところにホースをつるしているやつがおる。
44.jpg

ちょっとこれ一周してみるか。
45.jpg

こっちから足元を覗けんもんか、と思ったけど、やっぱり無理。
46.jpg

さっきのホースが下に向かっているのが見える。
47.jpg

一周していたら、穴に下りていける場所を見つけた。
48.jpg

右の闇には近づくことができた。
49.jpg

しかしながら、あの左の闇には近づくことはできない。
50.jpg

望遠で見るしかない。
51.jpg

さて、先ほどの軽トラの横をすり抜けると、・・・
52.jpg

こっちにも池が見えるぞ。
53.jpg

滑り降りてきた。
位置的には、先ほどの右の闇の延長線上にある。
54.jpg

なんとなく落盤してこのようなことになっているようにも思えた。
斜面には二つの穴が見える。
まずは左側から。
55.jpg

56.jpg

やっぱり落盤かな?
57.jpg

58.jpg

池を一周して右の穴へ。
その前に、この池にかかっているシートみたいなのの内側も
気になるところ。
59.jpg

60.jpg

右の穴。
61.jpg

入れないこともなさそうだけど入ってない。
62.jpg

63.jpg

この後、さらに山奥にも行ってみた。
64.jpg

とても人工的な溝もある。
65.jpg

確実に道だよね、というのもある。
66.jpg

もはや、鉱山跡とは別の場所ではあるけれど、時代は同じか?
懐かしい車も居る。古いと言っても昭和50年60年代だな。
67.jpg

68.jpg

こちらは鉱山に関係あるのだろうか。
69.jpg

70.jpg

71.jpg

これだけの規模だから、有名鉱山だろうと思って帰って
調べてみたら、やっぱり有名なマンガン鉱山だった。
天気予報のおかげで思わぬめっけもんだった。
いやぁありがとうありがとう。
posted by Shimneti at 17:42| Comment(0) | 鉱山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: