カテゴリ
ダム・発電所(323)
鉱山(53)
林道(56)
隧道(112)
(16)
鉄道(58)
その他(111)

2018年12月31日

関電 滝本発電所

でっかい車をせんまい道に連れ込むのが好きだけど
紀伊半島はそういった方に打ってつけの場所。
この日は南のほうから北上。
林道と言ってもいいような県道を延々走る、なんて
茶飯事。毎日通っている人も居るんだろう。
01.jpg

ここを目指してきたわけでもなかったし、例によって
下調べも何もしてこなかったので、深入りはできていない
けれど、せっかくなのでちょっと立ち寄った。
熊野川町滝本。
この奥地を調べ出したら、さぞいろいろ有るに違いない。
02.gif

03.gif

林道まがいの県道は、少しまともな広さに変わり、
滝本の集落に入る、・・と、宝竜滝の立派な表示
が登場する。
にもかかわらず通行止。
04.jpg

05.jpg

通行止の横には落石の恐れがある為、と書いて
くれてある。とても親切だ。だからもちろん滝も
見に行った。
06.jpg

07.jpg

08.jpg

それはまぁいいとして、こちら、発電所のほう。
09.jpg

いや、この看板に惹かれた。平維盛が色川に逃れてきた
その場所だ。藤の橋を、敵来襲のいざと言うときに綱を
切って谷へ落そう、と言う仕掛けをしていたのだ。
藤綱の要害。この奥にそれがある。
登り口=滝本小学校跡、と言われてもよそ者の私には
通じておらず、てっきりこの発電所の奥だと思っていた。
だいいち看板の矢印は発電所の方を指している。
10.jpg

知らぬが仏、というやつで、遠慮なくどんどん進む。
ここが登り口と思っているんだから仕方がない。
11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

ほほぉ、ここを進むのかね、という塩梅でどんどん。
16.jpg

人ん家感満載なんだけど、知らぬというほど強いもんはない。
何の背徳感も無かったなぁ。
17.jpg

水路の矢印もあるし、何の疑いもなし。
18.gif

19.jpg

20.jpg

鉄管脇巡視路を登る形。
21.jpg

22.jpg

23.jpg

道中、あまりにも「藤綱云々」の表示が無い為
こっちかな?という取水水路にも立ち寄ったが外れだった。
24.jpg

観光案内がある道にしては危険過ぎるので、これは
違うだろう、と最後まではいかず引き返す。
25.jpg

登山が好きな人にとっては巡視路を通るなんて邪道だ。
けど自分はこっちのほうが好きだ。しかも直登だから
一気に高度も稼げる。
26.jpg

そろそろ塗り直しが必要なご様子。
27.jpg

28.jpg

やがて巡視路は鉄管からちょっと離れる。
景色がとても良い。
29.jpg

鉄管はまだ登っている。
30.jpg

ここで、「藤綱の要害」の案内が登場。
ここで気づいた。
31.jpg

向こう側が正規のルートやったんやな。そりゃそうか。
32.jpg

巡視路を登ると、やっと水平道に着いた。
33.jpg

34.jpg

35.jpg

あと30分もかかるのかね。
36.jpg

取水まで900mかな?
37.jpg

38.jpg

空中を通る人工的な道も好きなジャンルだ。
39.jpg

40.jpg

41.jpg

道中ところどころに下に降りるはしごも有る。
42.jpg

30分もかからずに要所に着いた様子だ。
ここでルートが分かれる。
左が藤綱の要害側。右から行ってみる。
43.gif

44.jpg

45.jpg

すぐにおしまい。
46.jpg

47.jpg

振り返った景色。
48.jpg

では引き返して藤綱側に行く。
49.jpg

50.jpg

51.jpg

取水が登場。
52.jpg

53.jpg

54.jpg

55.jpg

56.jpg

取水口
57.jpg

58.jpg

59.jpg

60.jpg

ここを渡ると藤綱の要害。
61.jpg

藤綱の要害に惹かれてここまで来た、などと
言っているが、本当はこの取水堰堤が目的地。
当たり前か?維盛のことなどすっかり忘れて、
満足気に山を下りた。
62.jpg

63.jpg

今度は正規のルートを下りる。
64.jpg

これが件の小学校跡なのだろう。
65.jpg

遊具の跡らしきのが残っている。
66.jpg

小学生が毎日ここを通っていたのか、などと思いながら
下った。
67.jpg

登り口の真ん前に車を停めてたんだなぁ。
68.jpg
posted by Shimneti at 15:13| Comment(4) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しておりますひろしでございます。先日そっち方面に行ったんですが
時間が無くて行けなかったのでありがたい記事でした。落差200mは登る自信
無いので行った気分になっておきます(笑)。
早めですが良いお年を。
Posted by ひろし at 2018年12月31日 20:08
またまた毎度さん

以前お話したところが出てるではないですか・・・・・「行ってこい」的な情報提供ですかな??

宝滝の上流に昔建設時代に建設した幻の堰堤と取水口があるそうですが、あれは上級登山者でないといけないそうなのでM子はちょっと無理ですかなーーー
どちらかと言うと、堰堤切り替え後のバイパス取水口が気になるところで、あれもかなり古いそうですよ。

なかなかあちらの方面は距離があるので行けれませんが、来年春中旬には行きましょう!
いや、引きずってでも行きましょう!

それと、こんなところで報告するのもなんですが、新年度より車が変わります。
同乗される場合は必ずカッパと帽子は持参してくださいね!
悪走路は軍用車なのでそれなりに行けますが、たぶん・・・乗りたがらないかと思います。
タイヤが4つから3つになりましたのでご了承ください。

本年度はいろいろ楽しい時間を過ごさせて頂きましてありがとうございました。
新年も何卒宜しくお願い致します。
Posted by 新車のM子 at 2018年12月31日 23:52
ひろし様 毎度ありがとうございます。
そちらから紀州の南のほう、と言うと結構な遠征かと思いますけど
やっぱり来られていましたか。普段ひろし様が行かれている場所に
比べると里山程度で大したことないですが、時間が無いでは仕方無し。
本年もいろいろ行かれるかと思いますがお披露目よろしくお願い致し
ます。
Posted by shimneti at 2019年01月01日 03:12
新車のM子様、軍用でカッパが要って、三輪車?さっぱりわかりま
へんなぁ。外車ですかね?見てみたいけど同乗は難しそうな。


そう言えば、もっと奥に行かれたと言っておられましたよね。
バイパス水路も行ってみたかったですが、それは帰ってから地図を
見てわかったことで。あのまま奥地に進む気はしない感じではあり
ましたけど、林道から攻めてみたいですね。
本年もまたお誘いの程よろしく。気が向かれましたらでいいので。
Posted by shimneti at 2019年01月01日 03:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: