カテゴリ
ダム・発電所(323)
鉱山(53)
林道(56)
隧道(112)
(16)
鉄道(58)
その他(112)

2018年01月20日

小岐須渓谷 謎の山荘

石大神(しゃくだいじん)を見ている時、ちょっと気になったこと。
小岐須渓谷キャンプ場。たしかにこの場所にある。
01.jpg

ちょっと拡大する。
02.gif
小岐須渓谷山の家。え?こんなところに何かあったっけ。

現地はこんな感じ。
03.jpg

リンクはどうなってる?
小岐須渓谷キャンプ場の方は、駐車場の前にあるトイレ
が写っている。まぁまぁいいか。
04.gif

小岐須渓谷山の家。こっちも先ほどのキャンプ場の方に
ある山の家のことを指している様子。
つまりは場所が少々違っているだけのことか。
まぁよくあること。
05.gif

けれども、気になるし現地をうろうろした。
こんなところに謎の登山道が。
06.jpg

ちょっと登ってみる。
07.jpg

ありゃ?予想外。こんなところに穴が。
何が有るというんだ?
08.jpg

09.jpg

「管理坑」?何の?
よくはわからんけど、この穴の延長線上だと三重用水
の水路隧道があるから、それのかな?ということにしておく。
10.jpg

11.gif

12.jpg

13.jpg

管理坑の上にも登ってみた。
ちょいと歴史のありそうな林道が続いていた。
14.jpg

いつごろ使われていたものだろう。
15.jpg







そんな横道はおいといて、車道から川を見下ろしながら
歩いてみたら、何か見えた。
16.jpg

入口は意図的にわかりにくくしている様子だったが、藪に
少し入ると小道が出てくる。それを下る。
17.jpg

だれかの別荘かな?
18.jpg

お一人様限定ブランコ有。
ちょっと座ってみる。
19.jpg

ブランコからの眺めはこんな感じである。
20.jpg

いま降りて来た方向を見るとこんな感じ。
21.jpg

とてもきれい。今はシーズンオフだが、夏にはだれか
利用された様子。
22.jpg

何かわからない物も存在している。
23.jpg

24.jpg

25.jpg

建物入口前にはテラスがある。
26.jpg

27.jpg

さほど古くないバケツもある。
28.jpg

29.jpg

30.jpg

これが建物入口。
31.jpg

どぉ?これ。
う〜ん。廃な感じはあるけど限りなく現役やな。
32.jpg

別荘を1シーズン使わなかったらこんな感じになる
と言うことを考えると、ほぼ現役。
然るに長居は無用。ちょっと散策して帰ることに。
33.jpg

新しいティッシュの箱もある。
34.jpg

入口横をすり抜けテラスに乗っかってみる。
35.jpg

なぜか安全帯がある。
36.jpg

37.jpg

風で飛ばされたりしていない椅子。
38.jpg

テラスの端からは川の眺め。
39.jpg

ちょっと下がったところにも降りれるようになっている。
40.jpg

41.jpg

川に降りていく途中。
42.jpg

43.jpg

近くに石灰鉱山が有るが、その音は全く聞こえず、静かに
川のせせらぎのみが聞こえる。
かなり良い場所だ。
44.jpg

私はオフシーズンの今の方が好きだ。
夏の良いシーズンを気持ちよく過ごそうとしても、現実は
虫や蛇や雑草との闘いを強いられ、面倒な準備が必要。
自然の中に暮らすとはそういうものである。

霧深い山奥の孤独を求めて四駆乗りになったけど、現実
はロープやウィンチワーク、パンクなど面倒なことの方が
多い。それと似ている。
便利な都会に暮らす者が想う勝手な憧れにすぎない。
こういうところに来るといつもそう思ってしまう。
45.jpg

46.jpg

47.jpg

露天風呂のようなのもある。
48.jpg

49.jpg

50.jpg

51.jpg

52.jpg

53.jpg

54.jpg

撤収。
55.jpg
posted by Shimneti at 16:32| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: