カテゴリ
ダム・発電所(310)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(97)

2016年07月03日

天野川トンネル

久しぶりに磐船神社でも行くか、と、久しぶりにR168を通った
・・・のが2014年の話。
01.jpg

子供のころには、トンネルなどなく、磐船神社の前は道が
細く、こんな田舎なのに結構渋滞していたような記憶が
ある。
それよりも、これ、久しぶりに来てみて、仰天。すげーインパクト。
車道トンネルの右側、車道より高いところにもう一つトンネルが。
車道は新磐船トンネル。その右に天野川トンネル。
02.jpg

なかなか見応えありますよ。
ダムが好きな人は、絶対立ち止まるはず。
03.jpg

正面に
皚酵(いかるが)橋が有るので、真向に見えます。
04.jpg

05.jpg

06.jpg

07.jpg

08.jpg

09.jpg

10.jpg

11.jpg

これはもう上流側が見たくて仕方ありません。
12.jpg

磐船神社は後回しにして、上流側に来ました。
右側には国道の新磐船トンネルのあたまだけちょっと見えて
います。
13.jpg

14.jpg

竣工は1997年11月
前田建設工業、森本組、久本組  特定建設工事共同企業体
以外と前です。
15.gif

16.jpg

遊歩道がトンネルをまたぐようになっています。
17.jpg

またいできました。
18.jpg

19.jpg

トンネルの上からの風景。
20.jpg

21.jpg

磐船峡を守る近代土木は、その姿を受け入れられない方も
おられると思いますが、私は好きな景観です。
22.jpg
posted by Shimneti at 11:27| Comment(4) | 隧道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
6月頃に千歳山をテーマとする音楽会のポスターが津市図書館などに貼られていてお知らせしようと思っていたら終了していたため撤去され記録したり再度見ることができず仕舞いでした。
千歳山のトンネルのお話はさっと目を通したくらいですが、興味が湧きました。トンネルと言えば片田浄水場の右隣の隧道もご紹介いただいていたと思いますが、最近その姿をみることができました。また、隧道つながりでネットを回っていたら「日本縦断各駅停車」さん、今回記事の「皚酵(いかるが)」に食いついて調べていたら、「どこでもWalkin2」さんのホームページに出会いました。まとまりのないお話ですが、また何かあればお邪魔いたします。
Posted by はっつあん at 2016年07月12日 11:46
毎度です。

そういう情報にほんと うといので、もちろん知りませんでしたよ。
ネット徘徊していると、それだけで行かなくても満足しちゃうので
あまり見ないほうなのですが、そうすると有用な情報も見逃しちゃ
ったりしますね。  またお教え頂いたら幸い。
皚酵に食いつかれるところが面白いですが、現地のバス停には
「哮橋」と書かれていましたよ。
Posted by shimneti at 2016年07月16日 07:17
ネットについては、 shimneti さんのおっしゃる通りで、行った気になってしまう面がありますね。私の場合普段の生活に余裕がないためかネットを見る時間も多くない(と思う)のですが、実際の行動はさらに少ないので、ネットの探検記録を楽しんでいる状態で、 shimneti さんの精緻な探索とその記録には、驚くばかりです。
「いかるが」については、当て字も多くその背景についても深そうです。(またまた、このブログの本論からは外れてますが…)
Posted by はっつあん at 2016年07月17日 08:40
いつもありがとうございます。 お忙しそうで。。
私のほうはと言うと、「貧乏暇なし」と言うジャンルですよ。
週休二日になかなかならんので遠出できない・・・
スマホもテレビも持ってない生活に加え酒もたばこもやらず
もっぱら車の燃料代、、と思いきや三重に来てからはそれも
ままならん状態で、随分行動範囲が縮小されとります。
そんなわけでちょっとのネタをちんたら引き伸ばしてアップ
しとりますが、また良かったら引き続き見てやってください。
Posted by shimneti at 2016年07月17日 22:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: