カテゴリ
ダム・発電所(308)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(96)

2016年06月05日

立山砂防 本宮砂防堰堤 隧道

2015年9月、真立、有峰を訪れた時、行きと帰りの2回もこの
場所でまどろんでいました。目の前に有る川は常願寺川。
立山、有峰界隈に来た時には、たまに立ち寄る場所です。
とは言え、久しぶりです。
ここに新たな穴が出来ているのは、わかっていながらなかなか
来れていませんでした。

暴れ川、常願寺川を擁する富山県は、県の力だけでは足らず
国の力も加わって砂防事業を展開しています。
その歴史は古く、1926年大正時代にまでさかのぼります。
暴れの発端となる上流域は立山カルデラ。この先まだまだ
相当量の土砂を抱えています。上流で今も繰り広げられる砂防
に加え、ここ中流域はこの本宮堰堤で貯砂しています。
01.jpg

そのでかさたるや圧巻。高さ22m、長さ107.4m
貯砂量500万m3(日本最大)
昭和10年着工  昭和12年完成
現地の看板にそう書かれています。

平成11年8月23日には有形文化財として登録されています。
登録時、築後50年が経過し・・・とありますが、もう今では
約80年近く経とうとしています。
02.jpg

03.jpg

04.jpg

05.jpg

本宮砂防堰堤の工事の様子です。
現地採取可能な玉石を有効活用した粗石コンクリートによる工法が
採用され、掘削作業は昼夜2交代制、コン打は3交代制で実施された
とあります。
06.jpg

07.jpg

昭和10年頃の話。当時としては最先端の技術が導入されての施工です。
タワークレーンも使用され、表面には天然石が整然と並べられている
様子です。
08.jpg

09.jpg

堰堤から落ちる水は、布を引いたように素晴らしい眺め
です。
私が見る常願寺川は、いつも穏やかですが、それはこの
川のほんの一面にすぎません。砂防の歴史を見ればわか
る通り。暴れ出すと大変なことになるのです。

写真の右の方には堰堤不動尊が有り、そこからの眺め
が良い感じです。
10.jpg

こちらがそのアプローチ。
11.jpg

プラント跡が見えます。
12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

隧道も残っています。
17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

これは下から見たところです。
21.jpg

そこからほどなくして終点。堰堤不動尊への階段が見えます。
22.jpg

23.jpg

管理者:小見校下老人倶楽部。昭和二十五年十月二十七日建立
とあります。この棒が昭和25年から有るとは思えませんが。
24.jpg

25.jpg

26.jpg

下流側の眺め。コンクリート吊橋の「心のかけ橋」が見えて
います。
27.jpg

堰堤。
28.jpg

500万m3の貯砂と言われる上流側。
29.jpg

場所は変わって、貯砂のまっただ中に来ました。
先程の堰堤不動尊はあの丘の上です。
30.jpg

堰堤の上流側です。
31.jpg

32.jpg

33.jpg

草が多かったので行きませんでした。
34.jpg

いつかは遺構も行かんといかんのぉ。
35.jpg

さて本題の穴。
新しい構築物が出来ています。と言ってももう随分
経っています。
36.jpg

それはこいつに関連しています。なんじゃこりゃ。
37.jpg

そうそう。ダムでよく見るやつ。
38.jpg

穴、穴。
39.jpg

40.jpg

残念ながら中には入れません。
41.jpg

42.jpg

魚の為のトンネルなのです。
2006年・・・そんなに来てなかったか。
工事していたのも知らないから、随分来てなかった
ということになります。
43.jpg

44.jpg

45.jpg

ちょっと下流側に休憩所か、と思わせるような建物
があります。観測所でした。
46.jpg

47.jpg

国交省の小見雨量観測所と小見水位流量観測所。
48.jpg

最後に、一応心のかけ橋からの眺めを、と思って
立ち寄ります。
49.jpg

50.jpg

良い眺めじゃ。
51.jpg

さて橋の上から・・・って、あかんやんけ。
まぁまぁ知ってはいましたが、残念ですな。
危険なので一般開放はしていないようです。
52.gif

ここからの眺めでも十分満足です。
53.jpg

その奥には、立山大橋の姿が見えます。
54.jpg

下流側。
55.jpg

有峰口、芳見橋方面。
56.jpg
posted by Shimneti at 22:41| Comment(4) | 隧道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しておりますひろしでございます。地理院地図で見ると心のかけ橋あたりから松ノ木発電所への水路トンネルらしきものが書いてあって過去2回探して見つけられなくてどうやら昔あったが今は無くなったのかな、という結論に。この夏は称名川の発電所を見に行きたいと思ってます。
Posted by ひろし at 2016年06月08日 14:12
毎度有難うございます。 なるほど。そういう観点では
なかったので、写真も記憶も無いですよ。水路トンネル
どころか、水路が有ったかどうか・・・。ひろしさんが
探して、「無い」と言うのだから、もう無いんでしょう
ね。自分も今度は国土地理院の地図見てから行かない
と。
Posted by shimneti at 2016年06月08日 23:33
ご無沙汰しておりますm(__)m

本宮砂防堰堤の付近には、色んな物件があり楽しめますね(*´▽`*)

切り株の積んである隧道の先(少し藪の中)には、地面からレールが生えていたと記憶しております♪
Posted by 険酷隧 at 2016年06月11日 22:22
毎度有難うございます。ご無沙汰しております。

で、、マジっすか?レール。

何回か行ってるわりには、隧道の向こうに行って無いと。
なんかあの木をまたぐの面倒くさくって・・・
でも俄然行く気が湧いてきましたわ。
今年はいつ富山に行けるかな。
ではまたよろしくお願いします。
Posted by shimneti at 2016年06月11日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: