カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(44)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(98)

2016年04月10日

千歳山のトンネルは? 石水博物館 川喜田半泥子

とある1月の土曜日。不覚にもぎっくり腰になった。
本当に突然。  単に椅子に座っていただけなのに。

こりゃ鍛え方が足らん。
車など無かった時代、 ぎっくり腰は今ほど多くなかった
らしい。 要は歩かなくなった現代病と言ってもいい。
その土曜日はトイレもままならん状態だったが、幸い
次の日、日曜日には治っていた。あらためて鍛えなお
さんといかん、とばかりに歩きに出かけた。

なぜか頭に千歳山がひらめいた。家からそこそこの距離。
いや結構ある。
千歳山は津市の垂水に有って、百五銀行の頭取だったり
県議や市議だったり、陶芸家だったりする川喜田半泥子
が買い取った山だ。

そこに行く目的は?

もちろん陶芸でもなく・・・

そう、半泥子が掘ったトンネル。

千歳山をプラプラ散歩すりゃ見つかるさ、なんて簡単に
考えながら歩き始めた。
01.jpg

千歳山到着。良い感じに左に道が・・・
02.jpg

さらに乙な感じの門が有ります。
03.jpg

04.jpg

そこそこ傷んでいる様子。
多少放置ぎみ。
05.jpg

06.jpg

07.jpg

08.jpg

09.jpg

門を通り抜けた先が有るわけではなく、かつての
名残のようだ。
10.jpg

その横に有るのは・・・石水博物館。
あれ?千歳山には入れないのか?
11.jpg

う〜ん、これは誤算。 もうちょい先に進んでみる。
12.jpg

おっ また左に良い感じの道が・・・
13.jpg

あれ? 誰かん家。 川喜田家の入口かね。
開いてるとはいえ、これは入れんな。
他人の家だもんね。
14.jpg

15.jpg

千歳ヶ丘自治会の地図。現在地の左の広大な空間が
千歳山。川喜田家は千歳ヶ丘自治会じゃないのかな。
名前が載ってません。
16.jpg

17.jpg

ぐるり半周してきたぞ。
18.jpg

ここに来て、やっと何だか入れそうな・・・
19.jpg

けど・・やっぱり・・・
20.jpg

あかんのかいな。
21.jpg

「西側の新しい門へお廻り下さい。」
と書かれている。
22.jpg

他人の家の門バシバシ撮ってたらそのうち怒られ
そうなので、撤退。
23.jpg

千歳山は私有地だから入れないのか・・・
24.jpg

結局 石水博物館の前に戻ってきた。
25.jpg

入館料 500円
朝10時〜17時までやってるらしい。

入口までのアプローチからは千歳文庫(登録有形文化財)
が見える。もうちょっと近くで見たいが、私有地だからダメ
です。
26.jpg

27.jpg

なかなか良い写真が展示してある。紅梅閣。
28.jpg

ほほぉ、山頂をね。
29.jpg

ちょっと見えておる。
30.jpg

博物館通路には半泥子の略年譜が。
なんだか陶芸以外のところが凄すぎて陶芸は
金持ちの道楽に見えてしまうけれど、そんなことは
ないのだろう。そこそこ見学者がいました。
残念ながら私には陶芸は全くわからない。
31.jpg

トンネルはこの先か・・・
32.jpg
posted by Shimneti at 23:13| Comment(11) | 隧道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。年度替りや体調の不安定さ等でそれ以外のことに意識を向ける余裕がありませんでした。今後、少しづつ、発信など前向きな行動に足を踏み出せたら、と思っています。
川喜田家の旧宅が鈴鹿に移設され老朽化?で解体保管されており、それを元の千歳山に戻し再建する希望もあるようです。去年の秋くらいにあった、昔の津のまち暮らし展?のような名前の展示会(於:三重博物館)の資料に出ていました。 
Posted by はっつあん at 2016年04月11日 00:03
毎度有難うございます。 なかなかに忙しいシーズン。
無理しないようにいきたいものです。
こちら最近は超近場ですましています。

旧宅の復元ですか。これだけの資産家だと、いろんな
ものが出てきそうです。 千歳山を市がどうこうする
と言うのも頓挫してるとか聞いたような。
自由に入れる山だったらいいのにな、と思っています。
ではまたよろしくです。
Posted by shimneti at 2016年04月11日 23:38
千歳山に半泥子の掘ったトンネルが有るんですか。
それは是非見てみたいですね。
あと京都の東山のとある邸宅にもトンネルが存在するそうです。
しかし此処から西の大釜池付近まで此の辺りの地下はカオスですね。
Posted by おろろn at 2016年04月27日 23:17
おろろん様 毎度です。

主目的はトンネルだったのですが、見れずです。
場所はわかっているので、再挑戦予定です。
外から合法的に見れるのかどうかは行ってみなければわかり
ません。近すぎて、まだ行ってない・・・

千歳山のかなりの部分は既に津市にわたっており過去の見学会
などでトンネルの写真を撮られている方も居て羨ましいかぎり。

此の地の地下・・・確かに。でも飲み会で磨洞温泉に行った
ことが有るのみ。龍泉寺と書かれてる空き地には寝仏みたいなの
も発見したけどイバラがうっとうしくて近づいてはいません。

何せ住んでるとこから近すぎるんだろうな。

東山の邸宅。これはまったく知らないです。どこのことですかね。
Posted by shimneti at 2016年04月28日 00:26
既に知られた穴でしたか!浅学でした。
半田の地下は知り合いに同行して潜りましたが、まあ迷路でございます。ただ我々が目的とした大戦中の地下工場は大部分が水没もしく人為的な破壊によって未だ達する事が出来ていません。
東山の邸宅は庭園の写真集の中に載っておりました。ただ平時には風致を目的にしているようですので隧道感は少ないようです。
まあ個人邸宅内の隧道といえば熱海駅西の丘の上が白眉で建築系の本には見事な石造隧道の写真が出ています。残念なことに此処は見学がどう考えても無理なんで・・・
Posted by おろろn at 2016年04月28日 21:35
こんばんは。  まぁおろろん様が浅学などとは思えませんが、
個人所有だったゆえにあまり多くに知られてはいないのだとは
思います。それより庭園の写真集までおさえられているところ
がやっぱりすごいです。個人所有も入れると、まだもう少し
知られていないのもあるのかもしれないのでしょうか。
半田の地下は、地下工場だったのと、それ以前の鉱山とが有った
んですね。いま知った次第。
熱海駅の西の丘の上などと言われたら、これはもうとてつもない
別荘に向かって行く感じで・・・。 それで思い出したけど
ミホミュージアムもまだ行ったことが無いな・・・
Posted by shimneti at 2016年04月29日 00:08
半田の地下工場は明かに爆破処理されたモノが有ります。周辺の鉱山部分は何ともないのに混儀土巻きの斜坑だけ悉く無茶苦茶にヒビが入って落盤閉塞しておりワザと破壊した感が。あと戦中に不要路線として廃止した中勢鉄道の線路を阿漕駅までの輸送に使った節がありますので津から久居に至る県道沿いに主だった地下工場の入口があった可能性がありますが現状を見れば・・・
庭園に関しては明治以降の近代庭園に少しばかり興味があるだけでして学術的なことは何も。
ミホミュージアムは私もまだ未訪です。むしろ橋がメインになりそうですが。普通に展覧会行くだけでも良いのですが何故か行きそびれ・・・
そういやミホミュージアムを運営してる宗教法人の敷地内にも穴がありますが・・・難易度高そうです。
Posted by おろろn at 2016年04月29日 21:24
川喜多半泥子のトンネルは津市の「千歳山の整備」で場所が出てきました。東(紀勢線)側ですね。上手く行けば紀勢線の車窓から見えるかもしれません。
Posted by おろろn at 2016年04月29日 21:52
毎度です。 左様左様。土手からの撮影を目論んでおり
ます。

半田の地下工場・・そんな大規模だったのですね。宅地が
陥没して有名になった感がありますが、鉄路輸送もしてい
たと。どう考えてももう跡形もないですよね。

ミホミュージアムは出来てから行ってないのですが、建設
中には周辺徘徊を稼業としていました。あんな山中に突如
やり始めた工事に、近くにある神慈秀明会の関連だとは
すぐにわかりましたが、私の仕事上の出入業者が電気工事
に携わり始めて、その規模のでかさを知り、またまた徘徊
意欲を掻き立てるものでした。今から考えると、あの規模
にしては驚くべき短工期だったと思います。あっと言う間
にできた・・・  建築物の秀逸さもありますが、近辺を
ちょいと登ったくらいでは、その全貌が見渡せない、とい
う秀逸さもあります。これは本殿もしかり。今はグーグル
などですぐに見れる便利な世の中となりました。仰せのよ
うに本殿側の方が、もっと興味大なことは言うまでも無し、
叶わぬ夢です。会の経営するレストランの方は愛用者でも
あります。もう古くなった感はありますがその建物も興味
深いものがありますよ。

Posted by shimneti at 2016年04月30日 11:07
蛇足:ミホミュージアム行ってまいりました。
トンネルも橋も実際に行ってみるのと画像では大違いでして、大口径の隧道を歩ける体験なんてそうそう出来るものではありません。しかし奥に見え、地図に描かれた業務用の曲線トンネルがちょっとだけ気になります。橋は下から見える場所がなかったのがちょっと残念。
レストランも菜食中心ですが大変美味しく頂きました。お土産にパン4個も買ってしまった・・・
しかしM・I・ペイの建築もさることながら展示物の質には只々圧倒されました。
しかし此処も外国人観光客が多いですね。
Posted by おろろn at 2016年05月03日 18:49
毎度です。 蛇足じゃないっすよ。もうねぇ、おろろんさんが個人所有
の隧道なんて言い出したせいでねぇ私もミホミュージアムに行く羽目に
なりましたよ^^。
悲しいことに連休のメインは千歳山とミホミュージアムのみです。

おろろん様が行かれたと言うことは、気になるあの場所この場所押さえ
られていることと思いますが(土産も買ってきっちり観光もされたよう
ですが)、私は観光オンリーです。で、地図に描かれた業務用曲線トン
ネル??「ちょっとだけ気になる」じゃないですよ。めっちゃ気になる。
えーと地図に描いてある・・(まだ何のことか分かってない)
こちら、美術館入口向かって右奥に見えるトンネルを遠目に眺めたのみ
です。駐車場側も見てないし、美学院側本殿へのトンネルルートも見に
行ってません。
Posted by shimneti at 2016年05月04日 17:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: