カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(44)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(98)

2015年06月27日

青山トンネル

夏に来るのはちょっとなぁ、と思っていたけれど、
やっぱり・・・
01.jpg

02.jpg

12月にやり直し。快適度合が全然違います。
03.jpg

遠目にはよくわかりませんが、
04.jpg

近づいてみると、斜め切りです。
05.jpg

06.jpg

藪の元気が無くなっている隙に、右側の斜面に
登れそうなので上がってみました。
07.jpg

ちょっとした広場になっていました。
電線管やら、人工物が落ちていましたので、何か
小屋みたいなのが建っていたのかもしれません。
08.jpg

トンネルの上に行けなくも無さそうでしたが、
こわいからやめておきました。
09.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

先人たちの足跡多数。結構入られているようです。
13.jpg

この先延々3.4kmで西側坑口です。
14.jpg


15.jpg

西側は水没度合激しく、軽半長靴では意味なし状態。
16.jpg

隧道を出たところでは、沼になっていて長靴が
脱げてしまって回収するのに困る状況でした。
長靴内は泥というか粘土だらけというか、なんとも気持ち
の悪いことになりました。
17.jpg

扁額は木に隠れています。
18.jpg

19.jpg

20.jpg

カメラを24mm、ちょっと広角にしたのですが、やっぱり
収差はどうしようもなく仕方のない感じ。
広角はとても便利だけど、記録がメインの自分にとって
はどうも好きにはなれないです。

鉄塔は傾いているわけではない、という自分の記憶
も重ねておかないと、後で見たって真実が何かわか
らなくなってしまいます。
まぁ所詮写真というのはそういうものだとは思います
が。記録の有効手段であっても真実を写すものでは
なし。
21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

ところで・・・
何しに来たかというと、西側が水没している、と聞いた
ので確かめに来たのです。
年に一度は近鉄の方々により供養が行われるという
この場所がこのまま放置される、とも思えなかったので、
どのような状況かと思って・・・
ちょっと左側を登ってみましょう。
27.jpg

思った以上の斜度。竹が無かったら上れません。
28.jpg

乗馬クラブの手前を工事しているようです。
29.jpg

30.jpg

たくさんの人が乗馬していましたが、さいわいこっちを
見ている人は無し。
随分前に、青山トンネル見せてくれ、と頼みに行った
ことがあるけど、絶対ダメ、とかなり強めに断られた
もので、とんでも八分、なんてこと言い出しやがる的
扱いだったことを思い出した。
31.jpg

だから見つかってはならぬ、
けど近づきたし。
32.jpg

そろりそろりと近づく・・・
でも撤収。
33.jpg

数日後再訪。
トンネル水没原因はこちらの川からの流入。
写真左側がトンネル。
34.jpg

35.jpg

振り返るとトンネル。
36.jpg

川をはさんで、前には乗馬クラブ
37.jpg

38.jpg

自分の記憶では、ここに橋が有ったと思う。
39.jpg

長居は無用。撤収。乗馬クラブは活況。
2回も泥まみれになったけど、なんとなく満足。
40.jpg
posted by Shimneti at 12:41| Comment(0) | 隧道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: