カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(46)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(57)
その他(98)

2015年05月03日

青川のトンネル〜治田峠 2015年版

ず〜っと忙しくて、どこにも行けてないストレスは
やっぱり近くのどこかに行くことで解消するべし、
とかわけのわからんことを考えているうちに、
超々々久々に青川峡谷に来ました。
峡谷入口には立派なキャンプ施設ができていて
多くのキャンパーの方々でビッシリでした。大盛況。
バーベキューのおいしそうな香りが漂っています。
ちょっと違った日常を味わえてなかなか楽しそう
です。

昨年、「この先に素掘りのトンネルが有ってなぁ」
って話を某氏にしたところだし、ちょっとデジタル化
という感じでやってきたわけです。

前回ここに来たのは23年前で、青川にキャンプ場跡
は有ってもキャンプ施設は有りませんでした。
新しいキャンプ場です。
当時は砂防用だと思いますが林道がつづら折に登って
行く場所まで車を入れることができました。
01.jpg

予想通り、という図です。最近、自由に入れる林道
自体が少なくなりました。
自分のような勝手もんも一因の一端をかついでる
ことでしょうな。いたしかたなし。
02.jpg

冒頭にも述べた通りで、今回は治田峠、はたまた
銚子岳に登ったろう、というようなことは考えて
いませんでした。
03.jpg

で?治田鉱山跡?
04.jpg

いやいや、これですよこれ。わかりますよね。
05.jpg

「青川峡」「治田鉱山跡」 こういうことですよ。
これが驚きの・・・、いや正直今回行ってみて
本当に驚きました。 その変貌ぶりに・・・
本当に美しい峡谷だったのですが・・・
06.jpg

07.jpg

門に書かれている文言です。
林道通行止。治田峠にも通行できない旨書かれ
ていました。
私がそんなこと言うこと聞くわけないやん。
どのように迂回できないのか見に行きたくなる
性分です。それがモラルを乱すねんけどね。
08.jpg

すでに林道を歩いています。
09.jpg

林道道中には大鉢山への登山ルートが有ります。
10.jpg

変わらぬ林道の風景?いや、変わりまくりのような。
新たに砂防が増えています。
「美しい峡谷だ?」 いや、このあたりはこんなもの
だったような気もするけど。
11.jpg

「後谷橋」です。
12.jpg

しかし見事に崩れの中を歩いている感じです。
13.jpg

まわりも砂防がいっぱい。
こうなったらもう砂防で防いでいくしか無い状態
です。
14.jpg

15.jpg

この橋も砂防が無かったら存続できそうにない
周辺の状況です。
16.jpg

17.jpg

西側は親柱もすっ飛んでいます。
18.jpg

19.jpg

20.jpg

橋の上流は青川支流ですが、橋を守る工事で水流
を迂回させていました。
21.jpg

木パレのスクリーンにプラパレのスクリーンでの
簡易取水、迂回です。
22.jpg

林道はすぐに終わってしまいます。
23.jpg

いきなり川渡り。
24.jpg

丸木橋なんて気の利いたものはすでに無いと
思っていたら、辛うじて最初の一発目だけ有り
ました。
ちなみに、この後何回も渡渉が必要となるのです
が、橋はありません。
そんなことは想定済で、軽半長靴だから問題
無しですが、踏み抜きと岩で足の裏が痛いこと
だけはがまんしなければなりません。
25.jpg

しばらくするとまた林道が登場します。どこからも
車は侵入できない林道です。
26.jpg

よじ登らないといけません。
27.jpg

重機しか入れません。
28.jpg

下流方向を見たところです。
29.jpg

何か建っています。
30.jpg

太陽電池で駆動の警報発報のシステムのようですが、
何の警報出しでしょう。
31.jpg

そしてその先、この林道も一瞬で終わり。
32.jpg

登山道はどこ行った?という感じ。川を歩いていくしか
ありません。
33.jpg

川底を進んで振り返り。
34.jpg

足が痛いことこの上なし。
35.jpg

なんとなく記憶に有る場所。
「美しい峡谷」なんて消え去り、「荒廃」に唖然。
常願寺川もびっくりのひどい状態です。
36.jpg

この砂防は以前にも見ましたが、まだまだ足りない
ようです。
37.jpg

おんなじような写真ばかりですが、もう1時間も
この状態の場所を歩いていて、正直きついです。
それにあの狭い青川はどこ行った、という感じ。
あまりにも変わってしまいました。
あれ?あれ?の連続です。あれ?を呟きまくっ
てました。
38.jpg

見覚えのある木々ですが、風景は別物。
39.jpg

おぉこれは、銚子谷との出会ですか。
あれ?じゃぁ広河原?
あのきれいな砂地の川だった場所は瓦礫の
山と化していました。なんだか悲しい気持ちです。

それに銚子谷と出会う為にはあの素掘りのトンネル
をくぐらないといけなかったはずです。
見かけなかったぞ〜。
40.jpg

必至で記憶を辿り始めました。たしかトンネルを出た
ところは銚子谷に面しとったぞ、とか、トンネル反対側
は登山道上だったぞ、とか。
そんな場所、無くなってるような・・・
41.jpg

ここだっけ。
42.jpg

それともここか?そんなわけないな・・・
43.jpg

この谷はどうだ?
そもそも登山道が無い・・・
44.jpg

いや、この右側のどこかに埋まってるはず、という
感じで、小一時間探し回りましたが、もはや記憶に
合致する場所は有りませんでした。
この気持ち、どこにぶつけたらいい?
45.jpg

そりゃもう先に進むしか有りません。
こうなったらもう夜になるの覚悟で治田峠でも行くか。
ちなみにこのルート、素人はやめておいたほうが良いです。
って自分も素人ですが。
ルートは消滅しているし、ここ最近の踏跡も有りません。
以前は無かったような危険個所も多少ありました。
ルートが不明瞭になっていることが一番の問題だと
思います。
知らなかったらこの真ん中のこんもりしたところに
入ってくことに気づかないと思います。
46.jpg

47.jpg

難所1です。ウソ、楽勝です。
48.jpg

ここは治田鉱山現役時代には住居が有った場所
だと思われます。
49.jpg

そして、これは日之岡稲荷です。
「徳川幕府統治時代、金銀銅鉱の産出で隆盛を極めた
治田鉱山において此の地に鉱山事務所を置き当時
一千人程の下財と呼ばれた抗夫達が食べ物を司る
神・宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)を祭神とし
信仰をした。」
と書かれていました。
50.jpg

51.jpg

こんなところに案内図が出てきました。
アイウエオに出会うことは有りませんでした。
ここに書かれているルートも今では違ってしまって
います。
52.jpg

53.jpg

54.jpg

55.jpg

この稲荷、こんな崖の上に建っています。
わかりづらいですが、左側は数十mの崖になって
います。
56.jpg

崖下に降りてきました。
川はここでふん詰まりになり、滝で降りて
いきます。
57.jpg

それがこれ、滝の上流側です。
58.jpg

ちなみに滝の下流から見たところはこんなにきれいです。
(日之岡稲荷に上る前に見ておいた)
59.jpg

登山ルートはやはり消滅していて、こんな場所を
進みます。
60.jpg

がまんして登り続けると、登山ルートが復活します。
61.jpg

あれ?ここがトンネルやったっけ。んなわけありません。
62.jpg

しばらく旧道。
63.jpg

64.jpg

ルートはここから左の斜面を登る必要が有ります。
65.jpg

登った先。
66.jpg

あまり迷いそうにないところに一応看板は有ります。
67.jpg

でも肝心の場所には無し。ここに入って来れるか
がもう一つのポイントです。
ななめに写真を撮ってるんじゃないですよ。
もうルートはよくわからなくなってしまっています。
68.jpg

ここからしばらくは危険個所で気が抜けない状態
が続きます。
69.jpg

ここまで来ればもう大丈夫。溝道となり、ルートも
わかりやすいです。
70.jpg

71.jpg

それにしても、もう今では誰も通っていない様子です。
踏み跡無し。
72.jpg

73.jpg

74.jpg

中尾地蔵まで来ました。峠まではあと少しです。
で、中尾地蔵はどこに?
75.jpg

あらら、これまた屋根は飛んでしまっています。
76.jpg

77.jpg

これを登り切ったところで治田峠着です。すっかり真っ暗。
78.jpg

夜になるのは、いつもの自分のパターンです。
79.jpg

80.jpg

81.jpg

夜の20時、車のところに戻りました。
トンネルはどうなったんだ?
ストレス解消は新たなストレスを生んで終了。
82.jpg
posted by Shimneti at 03:05| Comment(6) | 隧道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北勢唯一の素掘人道隧道が消滅ですか!
豪雨前に行っておけばよかった・・・(涙)

逆に13枚目と15〜20枚目の橋は在る事すら知りませんだ
どんだけ深く埋まっていたのでしょう・・・
Posted by おろろn at 2015年05月03日 22:48
おろろn様毎度ありがとうございます。

これ今年の豪雨ですかねぇ? 鈴北に登った人からは
うわさには聞いてたんですが、もう行ってみてびっくり
でした。あの美しかった渓谷や落ちたら危ない鎖場とか
消え失せて、荒涼とした風景に変わっていました。
ものすごい埋まりようです。「うしろたにばし」という
のですが、それも埋まってたんですかねぇ。確かにとっ
てつけたような姿になってました。

ちなみに無風のとても天気の良い日でしたが、暗闇を
帰っている最中、左右岸から轟音をたてながら崩れの
真っ最中に何度も遭遇しました。 崩れ現役中です。
常願寺川を進んで怒られたことが有りますが、それに
匹敵する崩れですよ。
Posted by shimneti at 2015年05月04日 10:14
4年ほど前に素掘りの隧道を目指して入渓した時は林道が川から離れて上りだす場所より上流は渓谷の様相が残っていましたが(序の入渓だったのでこれ以上は冬季入水装備なければ無理との判断で引換し)去年位の豪雨で更に崩れ出したのでしょうかね。もしかしたら谷全体が(浸食)活動期に入ったのかもしれません
Posted by おろろn at 2015年05月04日 20:08
崩れの活動期ですか。確かにそれっぽい感じです。

ただ隧道の場所なのですが、登山ルートにあって結構高い
位置に有ったという記憶です。それが跡形もなく埋まる
ものかなぁ、という疑問があります。あまりにも景色が
変わりすぎていることと、もう随分前、ということから
確実にここに埋もれている、と言い切れないものがある
ので、もっと最近行ってこの場所に有る、と確信できる
人と再調査要だと思っているところです。あと坑道と水
抜き穴が有ったのですが、これはそれと思しき場所が
有りましたが、これも崩れているようで、入れませんで
した。カエルが出入りしていましたが・・・
Posted by shimneti at 2015年05月05日 22:21
山登りの方のブログの画像などからすると銚子谷出会いの崩壊土の堆積は以前より増えてるみたいですね。
以前は銚子谷の流れがトンネルを抜けて流れていたみたいですが現在は河床が上下流の両方で凄まじ上がっているみたいですく
Posted by おろろn at 2015年05月05日 23:58
トンネルから銚子谷へは鎖で降りてた、と思いますが、
すでに水が入るレベルまで川底が上がって、しまいに
は埋まったと・・・
やっぱり場所を特定したいですね(そそのかしてる
つもり)
Posted by shimneti at 2015年05月06日 12:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: