カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(97)

2015年02月25日

旧坂下(さかげ)隧道

旧坂下隧道への東側からのアプローチ。
昔車で少し入ったことが有ります。
01.jpg

西側からのアプローチ。当然侵入済です。
隧道が有るなんて知りっこなし。夜中だったし。
02.jpg

東側から行くのが絶対おもろい。直感がそう言っています。
03.jpg

しばらくは車で進めます。
04.jpg

05.jpg

06.jpg

車の侵入限界。
07.jpg

ここからは歩き。
08.jpg

道なりに何も考えず進む。これが間違いの始まり。
何か道が無くなったような・・・
09.jpg

気にせず突き進む。
10.jpg

道は無し。
11.jpg

急斜面だけど、木が有るからさほど困りません。
12.jpg

たかをくくっていたから、コンパスも何も持っていません。
体内コンパスが違うよ、違うよ、と言ってますが、今更
引きません。天気が悪かったら遭難パターンですが、
来たルートは押さえているので大丈夫。
13.jpg

人工物発見。
14.jpg

矢所と書いています。見事まったく違う方向に進んで
いるようです。
15.jpg

景色でも見て下山しますか。
16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

矢所峠着。
20.jpg

21.jpg

茶地岡山着。
22.jpg

23.jpg

24.jpg

R42便石山の登山口に降りてきました。
25.jpg

26.jpg

車のところまでめっちゃあるぞ〜。
タクシー拾おうか、と本気で思った。けど走ってない。
27.jpg

なんやかんや、昼飯時間も含みですが、11時から13時
まで無駄な山歩きをしました。
28.jpg

多少面倒臭いな、と思いながらももう一周。
ここにも便石山登山道入口有。
29.jpg

30.jpg

今度はちゃんと体内コンパスを働かせて、いくつか
ある分岐の、これ、というところを進みます。
やっぱ何も考えんと進むと簡単に遭難できます。

ほんまにここ道やったんか?と思える危険な雰囲気。
東側から行かれるのはやめておいた方がよい、と
本当に思います。
31.jpg

写真では伝わりませんし、本当に危険な場所は写真
撮る余裕無し。水平歩道より危険かも。
32.jpg

33.jpg

水平歩道みたいなところもあるし。
34.jpg

なにせつかまるところが無いのよ。
35.jpg

苦労して来たほうが感動有り、ですが、もう懲り懲り。
36.jpg

今から百年以上前、明治に出来た隧道です。
隧道を掘るのが、いまよりももっともっと大変だった
時代、この初代は二代目にバトンタッチするのに
十数年のことだった、というから、この地の林業が
いかにパワーを持っていたか、ということです。
37.jpg

たかがこれだけの山を越えるだけに・・などと考えては
ならぬのです。木を運び出すのに、どれだけ切望されて
どれだけ便利に利用されたことでしょう。
38.jpg

39.jpg

しかしすばらしくきれいに残っています。
まったく何も手入れされていないわけでも無さ
そうです。
40.jpg

扁額には「道隧下坂」。立派なものです。
41.jpg

42.jpg

43.jpg

ちょっと入って振り返り。よくぞこんな場所に、という
風景。
44.jpg

45.jpg

今も林業の山々です。
46.jpg

百年も経つと思えぬ隧道の中。
47.jpg

煉瓦が抜けている場所があります。
48.jpg

49.jpg

50.jpg

西側に到着。
51.jpg

52.jpg

53.jpg

54.jpg

こちらの扁額には「鑿神斧鬼」。
まさに鬼の斧、神の鑿。
当時の掘削方法を物語っているようです。
55.jpg

こちら側には崖っぷちが少なく、今もアクセスが容易
なようです。(後で車でも来ました。)
56.jpg

このちょっと先まで車で来れました。
57.jpg

58.jpg

また戻ります。
59.jpg

60.jpg

床面には、なんとなく車輪の跡が見えます。
この辺りの木の搬出に使われることも有るのでしょう。
61.jpg
posted by Shimneti at 01:21| Comment(2) | 隧道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんちは
まさか尾鷲側から行くとは………危なかしいことを
おいちゃんが遊びに行った時は車で林道よりヒューーっと簡単に着きましたよ☆
今はどうか知らないですけどね。
尾鷲は隧道が沢山ありますが、辺鄙なところに多いですよね(汗)
また遊びに行きたいものです。

またいつか☆
Posted by もとmineko at 2015年02月25日 12:27
毎度ありがとうございます。

そうっすね。危なっかしいというよりちょっとあきらめ
かかりましたよ。でも歩かれている感じでしたよ。ザイル
も放ってあったし。西側は現役バリの林道で、ほぼ車横付
なのにね。またよろしく。
Posted by shimneti at 2015年02月26日 01:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: