カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(46)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(57)
その他(98)

2015年01月11日

東青山変電所跡その1

続いて建屋に入ってみます。
あの碍子の奥には何が・・・
01.jpg

どでかいシャッター。
ちょっとしか開いていないように見えますが、
02.jpg

近くに行くと、十分入れる高さに開いています。
草が鬱蒼としていているから、ここから入るの
が良いようです。
03.jpg

入ってすぐ、
何よりも真っ先に目につくのが、・・・・
床がすんごく傷んでいる、ということよりも先に
天井に開いているでっかい丸い穴です。
04.jpg

で、床は傷んでいます。基礎周辺に木が使われて
います。
05.jpg

しかし、どんな設備が有ったのでしょう。
変電所だから、昔のでっかいガス変圧器でもあった
のかな?
いずれにせよ、天井には有圧扇と、下にはガラリが
たくさん並んでいて、相当量の発熱のある設備が
居たことは確かです。
06.jpg

07.jpg

08.jpg

鉄塔の有る側に窓です。
09.jpg

景色の無い方に窓、というのもいささか不自然。
古い建物にはこの形に行きついた理由と歴史が
あるはずです。
10.jpg

丸い穴の天井の2Fには梯子で上がっていけます。
2Fでは部屋が分かれているようです。
11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

コンセントは、もちろん陶器。
16.jpg

シャッターは手動チェーンで動かすことが可能でした。
17.jpg

さらに隣の部屋に行くと、水槽が有りました。
何用かわかりません。冷却水槽・・・ 防火水槽・・・
18.jpg

19.jpg

貯水量  水槽9700L  タンク7500L? と書かれています。
20.jpg

21.jpg

22.jpg

ここから隣の建屋が見えています。
後で行ってみることに。
23.jpg

2Fに行くためには、階段にしなくても良い、という設計
方針です。
24.jpg

25.jpg

26.jpg

階段の上から見下ろしている、の図。
スズメバチと目を合わさないようにして登ります。
27.jpg

そして、顔を出すと、あの丸い穴が見えます。
予想通り、扉が有って2Fは別の部屋に分かれて
います。
28.jpg

29.jpg

30.jpg

梯子を上がってすぐの部屋には、こんな丸い基礎が
有りました。
31.jpg

上の方には窓が有ります。
32.jpg

しかし何も残っておらず、何が有ったのか、今と
なってはよくわかりません。
33.jpg

34.jpg

扉が有るので、引きの写真が撮れませんが、
丸い穴は筒になっているので、恐怖感はあまり
ありません。
35.jpg

36.jpg

37.jpg

屋上梁にはU字にアンカーが居ました。
38.jpg

常時何かを吊っていたのか、メンテ用なのかわかり
ません。
39.jpg

ちょっと下を覗いてみます。
40.jpg

41.jpg

42.jpg

多少の残留物です。
43.jpg

44.jpg

45.jpg

窓からの風景です。隣の建物。
避雷針でもないアンテナの支柱みたいなのを
近くで見てみたい、という衝動も有りましたが・・
46.jpg

47.jpg

この日、一番感心したのは、この有圧扇です。
時折吹く風に、まかせて軽々と回っているのです。
晴れた日も雨の日も、防風の日も、何年こうして
回り続けていたのでしょう。
そのベアリングの優秀さにも感心して、しばらく
見惚れていました。
見とれすぎて、メーカーや型番を見てくるのを忘れ
てしまいました。
48.jpg

49.jpg

50.jpg





場所は変わって、隣の建屋との境目の扉と扉
の間に来ました。
51.jpg

建物の外回りを一周したいところですが、草が
有って行く気がしません。
52.jpg

屋上のあのアンテナみたいなのを見てみたい
という衝動が有ったのですが、怖いからやめま
した。
続くその2でこの建物に入ります。
53.jpg
posted by Shimneti at 23:43| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: