カテゴリ
ダム・発電所(308)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(95)

2014年10月03日

奈川渡ダム

上高地に行く時などに通る奈川渡ダムですが、なかなか
立ち寄ったことがありません。
天端が国道になっていて、勢いよく通り過ぎてしまうのです。
のです。
今回は大白川の取水堰堤にも行ったので、これまたついで
に立ち寄りました。
01.jpg

影が面白い感じになっていました。
02.jpg

天端は相変わらずの通行量です。何も通ってない
瞬間を撮るのは難しいほどです。
03.jpg

04.jpg

右岸サイドです。
05.jpg

右、梓川。  左、奈川。  合流地点でもあります。

ダム湖に沈んだものはいろいろ有るのでしょうけれど
今はよくわかりません。
対岸はなかなか行きにくき場所となっています。
静かな山に眠る廃道を訪れてみたいものです。
06.jpg

07.jpg

アンカーのようなものが見えているのは、現役なの
か遺構なのか。
すべてのものに意味が有るはずです。
08.jpg

右岸から見る左岸にも面白そうな場所が見えています。
09.jpg

思えば昔からこういうところに乗っかるのが好き
でした。今は思ってるだけでなかなか実行しませ
んが。
10.jpg

11.jpg

ここを上がれる、というのを知りませんでした。
上がっていればまた良い景色も見られたことでしょう。
12.jpg

13.jpg

道路を挟んでのテプコ館は、閉館中ですが、トイレとして
1Fを開放されています。しかし毎日ではなく、時間指定も
あります。
14.jpg

これが入口。
15.jpg

建物脇には・・・緩い通行止となっていました。
ここからの景色が良いというのに。
16.jpg

いよいよダムの下側を向いて撮ります。
17.jpg

アーチの高度感(実際も高いのですが)も相まって
この谷、川のすごさがわかります。
しかしこの川は下流の水殿ダムの調整池にあたる
ので、川と呼んでいいものかどうか。
18.jpg

ダム直下の発電所までのルートは残念ながら一般は
入れません。
19.jpg

興味のある構築物がたくさんあります。
20.jpg

隧道に蓋をしたようなやつもあります。
21.jpg

22.jpg

下に見える建物は安曇発電所3〜6号機です。
こちら揚水兼用となっていて、瞬発力に対応
できるようになっています。
23.jpg

24.jpg

下流遠くには、謎の隧道が見えています。
25.jpg

フェンスらしきのがあるし、人工的です。
26.jpg

天端から直下を覗き込みます。
この込み入った感じが好きです。
27.jpg

28.jpg

扇形の方は安曇発電所1〜2号機です。
29.jpg

30.jpg

水車が展示してあるのでしょうか。
31.jpg

一般は入れないルート。
32.jpg

33.jpg

斜面の込み入ったところも好きな感じです。
行かせてもらえないところが、なお一層魅力を増して
いる気がします。
34.jpg

35.jpg

斜面にへばりつく階段も、点検などでは利用されている
ことでしょう。行ってみたいものです。
ダム建設の壮大さがうかがえる立地です。
36.jpg

37.jpg

38.jpg

39.jpg

40.jpg

望遠では通ってきた道や洞門が見えています。
41.jpg

42.jpg

43.jpg

左岸側にきました。バス停前です。ガンクレみたいなのが
ずどんと有ります。IHIの60tいけるやつです。
44.jpg

45.jpg

46.jpg

バス停は結構眺めの良い場所にあります。
そこから身を乗り出して撮影。
47.jpg

端っことか隅っこは何かいい感じがあります。
48.jpg

ここからのアーチの眺めもいいです。全体がわかり
づらいのが難点。
49.jpg

50.jpg

禁断の場所からもこっそりあげておきましょう。
51.jpg

52.jpg

奈川渡トンネルの上も歩道で渡れるようになって
います。ちょっと行ってみましょう。
53.jpg

54.jpg

55.jpg

56.jpg

展望台とは言えませんが、これはこれで良い感じ
です。
57.jpg

58.jpg

道を渡って降りてきました。
59.jpg

施工鹿島建設です。
60.jpg

61.jpg

62.jpg

次の日、仕事なのに超スローペースで三重に帰り
ました。久しぶりの野麦峠越。
63.jpg







若干の反響といささかの抗議に相まって、こっそり追記
しています。

上高地や乗鞍など、そのほかもいろんな目的でここを
通られるかたも多いと思います。
そう、あのトンネルの中で二股に分かれている場所です。
かなりの交通量で、明るい時間にこのような写真を撮る
のは困難なほどです。
64.jpg

65.jpg

そんな中で、ここに美貌のまなざしを送る人も多いのでは
ないでしょうか。(小さな隧道が隠れていいます)
私もそのうちの一人でした。
そしてここが現役だったころを知っているかたもおられる
ことでしょう。
66.jpg

交通量の多さから、今までここに立ち止ったことが無かった
のですが、車を安全な場所に停め、いま歩いてやってきて
いるのです。
ひっきりなしに通る車からの視線を背中に、この小さな穴
を見つめています。
67.jpg

腰を低くかがめるとその穴が貫通していることがわかり
ます。
68.jpg

中を覗き込むと、落書きの跡からここが開放されていた
時代が有ったことがわかります。
そして、奥に続く道・・・
69.jpg

しばし考えること5分。
70.jpg

見下ろす。なかなかの高度。これはロープか。
71.jpg

しかし交通量の多さとカメラも監視しています。
72.jpg

次の瞬間、ワープしていました。
本当にちょっとの区間なんだけど、相当に危険。
絶対に真似はしないでもらいたい、などと偉そうなことは
言えない、とは思っています。現地に立ってみたらわかる
ことですが、同じことをする人は同じ装備と腕以上のかた
のことでしょう。
73.jpg

先ほどの反対側です。
74.jpg

背の低いトンネルです。
75.jpg

外界の交通量は相変わらず。
76.jpg

道は続きます。せっかくなのでちょっと進んでみます。
77.jpg

しかし、もはや荒れ放題。
78.jpg

しばらく進むと小屋が見えてきました。
何でしょう。
79.jpg

80.jpg

こうやって見ると売店のようにも見えます。
81.jpg

さらに進むと、またトンネルが。
なかなかに楽しませてくれます。
82.jpg

こちらもまた背が低し。
83.jpg

こちらは出口で急に曲がっています。
84.jpg

85.jpg

そしてまたこのような道に。
86.jpg

87.jpg

ここであらためて立入禁止が出てきました。
絶対に誰もいないような場所でありながら、独特の
背徳感が押し寄せてきた瞬間でもあります。
88.jpg

その先、階段への分岐が登場します。
89.jpg

松に邪魔されて、痛い目にあいながらも登ってみます。
90.jpg

91.jpg

展望台だったのでしょうか。
92.jpg

しかし、すでに松に占領されてしまっています。
93.jpg

ダムとは反対の方向ですが、何も展望できません。
94.jpg

95.jpg

96.jpg

苦労して来たにもかかわらず、この展望の無さに
失望はかなりのものでした。失望のなか階段を降ります。
松が痛いし。
97.jpg

98.jpg

帰るか、と松の合間を漕いでいたら、一筋の明るみが・・・
99.jpg

もう一つの階段を発見。これぞ天端から望遠で見えていた
場所です。
100.jpg

この風景をまさに望んでいたのです。
101.jpg

失意が喜びに変わった瞬間でした。
ここでゆっくり珈琲でもいただけばいかに幸せか
とも思いますが、小心者の私には暗闇からこんな
明るい場所にポンと出てきて、見られてるんじゃ
ないか、という思いの方が強く、何だか落ち着か
なかったことは確かです。
102.jpg

そして大失態。この丸い展望台からさらに下へ梯子が
降りているのですが、写真におさめていませんでした。
再訪したくても予定は無し。
103.jpg
posted by Shimneti at 01:57| Comment(2) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは

謎の隧道にフェンスがあるとは気が付かなかったので、紅葉を見に行くついでに、確認してきました。35mm換算、500mmで何とか確認出来ました〜

>禁断の場所
たぶん、あそこだと思うのですが、よく行きましたね。凄いです!。

Posted by のらねこまーく2 at 2014年12月20日 17:57
ねこさん毎度です〜。アベノミクス逆効果ですっかり
貧乏ひまなし休みなし状態です。謎の隧道は舟以外では
なかなか近寄り難い場所ですが、遠すぎてちょっとそん
な情熱も沸いてこない心境です。私も望遠更新したので
もう一度天端から撮りたいものです。

禁断の場所はたぶんそれです。道中の独特の反道徳感
のほうが楽しかったのですが、あまり誰もあげてなか
ったので・・と思ったら3Aさんがダム便覧にこっそ
り投稿してたから自分もあげときました〜。

ではまたよろしく。
Posted by shimneti at 2014年12月23日 09:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: