カテゴリ
ダム・発電所(308)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(95)

2014年08月04日

高瀬川第五発電所 東沢渓流取水ダム

01.gif

わもり沢隧道を抜けて、またしばらく良い道を
歩いて行きます。
02.jpg

道中、堆砂に関連する工事でしょうか。工事事務所
には多くの車が停まっていたので、何人ものかたが
作業をされているようでした。
03.jpg

落石への警報も有りました。さすがは有名登山道。
04.jpg

05.jpg

やがて分岐。
06.gif

三重から夜通し下道を走ってきて、まっしぐらに
ここに向かう人はそう居るまい。登山や温泉に
向かう人はたくさん居ても、ここに向かう人は
レアーだろう、と一人悦に入りながら、きっと笑顔
で登っていたはず。
07.gif

現役の堰堤を目指すのだから、さほどの苦労は
無いつもりでした。
そしてその予想通り道ははっきりとしています。
しかし最近車が通った形跡が少ない感じでした。
08.jpg

すぐにチェーンが出てきました。
09.jpg

営林署と書かれています。
すでにここまでも車で来ることが出来ないので、
自分には関係の無い話です。
10.jpg

熊に気を付けながら先を進んでいきます。
11.jpg

12.jpg

だんだん道があやしくなってきました。
13.jpg

やがてどこが道だかわからなくなりました。
道は川を渡っているはずなのです。
14.jpg

15.jpg

対岸に道が続いているようです。しかしこの川、
軽半長靴でもちょっと厳しいところを、今日は登山靴
で来ています。
裸足で無傷で渡るにはきつそうな地形です。
ずぶ濡れで行くしかありませんでした。
16.jpg

渡ってみると、これまでが嘘のようなきれいな道が
続いていました。舗装までしてあります。
17.jpg

ここに再び車が通ることが有るのでしょうか。
現役の取水堰堤が有るので復活しても不思議では
ありません。
18.jpg

19.jpg

しかし、激しい場所もまだ有ります。
20.jpg

21.jpg

しかしなんやかんや言ってもやがては到着するのです。
22.jpg

この為に歩いてきたと思うと感慨深し。
23.jpg

取水から水路隧道へと入って行きます。
24.jpg

25.jpg

26.jpg

私としてはこちらも気になります。
27.jpg

コンデジの特権、すきま撮り。
28.jpg

データーロガー収納箱
29.jpg

30.jpg

やってきた方向。
31.jpg

終点を向いたところ。
32.jpg

一般的には終点です。
33.jpg

しかし山道は続いています。行ったことがありません。
34.jpg

35.jpg

36.jpg

水利標識ゲット
37.jpg

やっと堰堤の姿です。
38.jpg

39.jpg

40.jpg

41.jpg

SR合成起伏堰堤側、ですって。
42.jpg

43.jpg

44.jpg

45.jpg

ダム湖流入側です。
46.jpg

この下に取水口があります。
47.jpg

48.jpg

階段を上がると眺めがもう少し良さそうです。
49.jpg

ちょうど開いていることですし。
50.jpg

51.jpg

52.jpg

53.jpg

54.jpg

55.jpg

56.jpg

57.jpg

58.jpg

帰り道側です。
59.jpg

眺めは抜群。
60.jpg

61.jpg

62.jpg

某氏のようにちょっと川へ降りてみました。
63.jpg

堰堤の眺めだけでなく、山も良い感じで見えています。
64.jpg

東餓鬼方向です。
65.jpg

66.jpg

来た道を戻ります。
67.jpg

68.jpg

続いては発電所を見ながら温泉方向へ向かいます。
69.jpg
posted by Shimneti at 01:01| Comment(6) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
湯俣には向かわずに東沢へ・・・、私もそうするつもりです。

道はだいぶ荒れていますね。私にとっては、川を渡るのが一番のネック。この前の堰堤巡りでは、川の中で転んでしまい、怖い思いをしました。デジカメも水没してしまいましたが、分解して水分をふき取り、1週間くらいほっぽっておいたら直りました。

この先にある、"名無沢"や"コジ沢"にも取水口があるのかも気になります。


Posted by ねこ堰堤 at 2014年08月04日 21:26
ねこ堰堤さま こんばんは。 毎度ありがとうございま
す。

まずは東沢。 そこまでは良かったんですけど・・
のっけからもう時間配分間違ってましたから、湯俣も
行って、とかやってたら時間切れで、古路沢に行けなか
ったのが心残りです。名無沢にも有りますか?それは
ノーマークでした。まぁ知ってても行けてなかったとは
思います。

川は靴で渡ると滑って怖いですよね。沢用と両方装備し
て行くと荷物になって嫌だから、安もんの長靴で、なん
てことによくなります。

川の中で転んだなんて一大事。どこの堰堤でしょう。
閉鎖などとおっしゃらずに、もっといろいろ見せてくだ
さいよ、と思っていますが、でもきわどい場所もたくさ
んありそうですよね。

また引き続きよろしくです。
Posted by shimneti at 2014年08月05日 00:22
こんにちは♪
ご無沙汰しておりますm(__)m
今の季節であれば、泳ぐと気持ち良さそうな場所ですね♪
Posted by 険酷隧 at 2014年08月06日 15:34
お久しぶりです。  


相変わらずのご活躍には、頭が下がります。   決してサボっている訳ではないですが、以前の様なサバイバルな探索はできていません。


排砂ゲートの導流部のライニングが、何でできているのかが気になります。


堤体右岸よりにあるのも、取水口なんですかね??


しかし、透明度がある綺麗な水ですね。  冷たそうです。



PS:ねこ堰堤さまへ  ブログ閉鎖されてしまった様で、残念でなりません。

多忙を理由にあまり拝見できなかった事が、今では悔やまれます。

できる事なら、復帰して欲しいです。  閉鎖された諸事情は分かりませんが、少なからずシマさまとぼくの2人は、楽しみにしていますので。


キリ☆

Posted by キリ☆ at 2014年08月07日 22:46
険酷隧さま 毎度ありがとうございます。

そうっすね〜。泳ぐと気持ちいい・・・って、いやいや、
泳いだら流されそうですよ。

それより、ここから名無沢のほうに向かっていくとトンネル
がひとつあります。まぁご存知のことと思いますが、険酷隧様
にはちょっと物足りない感じのやつです。

初めてではないのですが、久しぶりに来たし、こんなに道中
ゆっくりしたこともなかったので、楽しんできました。

同じく久しぶりに今年は島々谷へ、なんて思ってたら、
最新情報が飛び込んできて、行く必要が無くなりました・・
はウソで、さらに行きたくなりました。

ちなみに私が行った頃は盛大にとは言えぬレベルの工事中で、
とてもきれいなトンネル達だったです。激変ぶりに驚きました。
ワサビ沢で弁当食べましたよ。
Posted by shimneti at 2014年08月09日 08:22
キリ☆さま 毎度ありがとうございます。

相変わらずお忙しそうですね〜。 私も忙しいのですが残念
ながら繁盛しているわけじゃないんでウップンたまりまくり
です。なので、ほとんど探索に出かけられていないです。

でもそれよりもローペースでアップしてるからなんとかなっ
てる感じです。

堰堤の詳細は、もうキリ☆様に行ってきてもらうしかない
ですよ。右岸は取水になってないと思ったけれど、言われて
みると面白い形状してますね。現地では気づかず、行った
ことに満足して戻ってきちゃいましたよ。

ねこ堰堤のブログ、もったいないなぁと思います。閉鎖する、
ってなかなか決断力要るしなぁ。感心しちゃいました。でも
たまに登場して頂けるらしいからありがたいことです。

キリ☆様も無理なさらず、たまにアップもしながら、引き続
きよろしくお願いします。
Posted by shimneti at 2014年08月09日 08:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: