カテゴリ
ダム・発電所(308)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(96)

2014年07月06日

高瀬ダム2

今日は湯俣温泉まで行って戻ってくる予定です。
登山の道中で、いつも気になっている箇所が
有るのですが、今日はその辺りを見て回ろう、と
言う計画です。
01.jpg

朝の9時台ですが、ゆっくり歩いて来た為、
計画がちょっと押しています。
でも素晴らしい天気に、歩きで来た正解を
感じています。
02.jpg

管理棟での仕事願望妄想。しかし、現実はそんな
なまやさしい内容ではないはず。
03.jpg

そのすぐ脇に有る吐きの眺め。スケールが違います。
スキージャンプの先っちょはここからは見えていません。
04.jpg

ゲートに遮られている静かな水面を見ていると、
秘めたる壮大なエネルギーを感じます。
05.jpg

06.jpg

しかしながら堆砂は深刻な問題。
07.jpg

不動隧道の向こう側、不動沢からの堆砂流入。
悪天候では来ない場所です。天候によってどんなこと
になるのでしょう。
08.jpg

そんな堆砂対策も見ながら湯俣へすすみます。
09.jpg

ここだけ冬季歩廊が有るということは、雪が吹き溜まる
のでしょうか。装備を持って訪れたいものです。
10.jpg

11.jpg

12.jpg

ここからの眺めも良しです。ロックフィルの穏やかな
眺めです。左岸に不動隧道。
13.jpg

あれはどうですか。アクセスは不動隧道内に分岐
された、隧道「放流路制水門」を通って行くしかない
ような。
いろんな設備が、さりげなくすごい立地になっている
高瀬ダムです。
14.jpg

15.jpg

高瀬隧道前です。タクシーが登山客を降ろして
いきます。
16.jpg

せっかくの山の中ですので、誰かと一緒、ではなく
一人で歩きたかったので、登山客が行ってしまって
気配がなくなったところで自分もスタートしました。
すぐに脇道にそれる予定なので、追いつく心配は
ありません。
17.jpg

その間、周辺の景色を楽しみます。
18.jpg

19.jpg

隧道の横に登り口もあります。
20.jpg

巡視路もあります。
21.jpg

どこに行けるのでしょう。
22.jpg

こんなところにも監査廊があるのでしょうか。
そろそろ人の気配もなくなり、出発します。
23.jpg
posted by Shimneti at 11:24| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: