カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(45)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(98)

2014年06月27日

高瀬ダム

急きょ敢行した長野行き。第一目的はM取水堰堤
でしたが、さほど時間がかからないことがわかって
いたので、実は初日にこちらにやってきました。

高瀬川第五発電所周辺と、湯俣温泉でもゆっくりと・・・
そんな予定でした。なにせついでなんだから。
01.gif

ここでは初めてのタクシーにでも乗るか、と
思いながらやってきたのですが、この素晴らしい
天気に、やっぱタクシーは帰りにしよう、と歩き
始めました。
しかし、これがいつものごとく時間配分の間違い
の始まりでもあります。
02.jpg

歩き始める前に登山届を出します。
タクシーで行くと忘れがち。
歩きでも、ダムまでだったら届不要。そんな
暗黙のルールがあります。しかし今回は
高瀬川第五発電所周辺をうろうろ、などと言う
不審な届を出して出発しました。
03.jpg

高瀬ダムまでの道のりは1時間程かかりますが、
この山の神トンネルが大半を占める為、ダムまで
は、短く感じさせてくれます。

実に長いトンネルです。
04.jpg

ほら、ダムまでの1/3は山の神トンネルです。
05.gif

長いトンネルを抜けてきました。このトンネル
のおかげで、もうあと少し、と言う錯覚に陥ります。
06.jpg

07.jpg

北アの裏銀座だけあって、至る所の案内が行き届いて
います。
08.jpg

09.jpg

素晴らしい天気に大満足しています。
10.jpg

新高瀬川発電所へのT字路です。
11.jpg

一応山の神橋は渡っておきます。
12.jpg

静けさが逆に不気味な感のある現役
発電所の入口です。
13.jpg

本日は消灯なり。
14.jpg

トンネルに向かって左側。
15.jpg

向かって右側・・には巡視路。
16.jpg

いつかは行くであろう巡視路。
17.jpg

18.jpg

未知なる道へ。
19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

巡視路の先に思いを馳せながらも、お別れ。
23.jpg

先へ進みます。
24.jpg

神澤隧道です。
25.jpg

26.jpg

27.jpg

28.jpg

29.jpg

スズメバチの巣の注意書きができていました。
30.jpg

実際に有ります。留守のようでしたが。
31.jpg

洞門の横には・・・
32.jpg

すごいね。
33.jpg

どれくらいの頻度で回っているのか。
いつも気になることです。
だからと言って、聞いてみたことは
ないですが。
34.jpg

35.jpg

36.jpg

もうあと少し。
37.jpg

38.jpg

トンネルを抜けるとダムです。
39.jpg

ここから見てもスケールのでかさが垣間
見えます。
40.jpg

やっぱりでかい。
41.jpg

出てきたトンネルを振り返りです。
42.jpg

左側にはおなじみの怪しき穴も有ります。
43.jpg

ここにつきましても、どんな時にどんな頻度で
入るのか、とても気になります。
44.jpg

45.jpg

46.jpg

今日はちょっと下にも降りてみます。
47.jpg

48.jpg

広角じゃないから、収まりきらない大きさ。
天端は遥か上の方です。
49.jpg

50.jpg

望遠でやっと。
51.jpg

洪水吐だって、収まりきれません。
52.jpg

末端はスキージャンプになっているので、
放流時はさぞかし豪快なことでしょう。
53.jpg

久しぶりに下の広場にきました。
54.jpg

法面工事中と書かれていました。
55.jpg

56.jpg

佇む小屋は「ダム下流漏水量計測室」
です。
57.jpg

58.jpg

でかさ、わかりますでしょうか。
59.jpg

60.jpg

61.jpg

トンネルの前まで戻って、天端へと登り始め
ます。
ゲートから1時間弱でダムですが、実はここ
からダムの天端まで20分以上かかります。
62.jpg

かわいらしい砂防の横を越えて、
63.jpg

隧道埋め戻しの跡も通り過ぎ、
64.jpg

65.jpg

先程の広場も見下ろしながら、快調に
登っていきます。
66.jpg

67.jpg

68.jpg

69.jpg

70.jpg

71.jpg

72.jpg

スキージャンプの中には水が溜まって
いました。
73.jpg

74.jpg

75.jpg

76.jpg

毎度のことながら、一応中も撮影。
77.jpg

時折タクシーに追い越されますが、あと少しで天端
というところで、すれ違い渋滞になっていました。
78.jpg

天端到着。
天気が良いと、あんなにしんどい烏帽子だって
すぐに登れそうに見えてしまうから不思議です。
79.jpg

タクシーは、一応18時半まで有るようです。
80.jpg

81.gif
posted by Shimneti at 00:31| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: