カテゴリ
ダム・発電所(310)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(97)

2014年01月01日

大和谷発電所〜大和谷ダム

宮川ダムの左岸の道路は、あまり良い道では
ありませんが、それでも整備されています。
 なぜなら、この先に発電所があるから。
 なぜなら、この先に池木屋への登山道があるから。
でもそんなことはすっかり忘れていて新鮮な
気持ちで訪れました。
いにしえの話になってしまった2012年の大和谷ダム。
01.jpg

鉄橋を渡ると、三重県企業庁の大和谷発電所の
水圧鉄管が見えてきます。2015年度には中電に
譲渡される発電所です。
02.jpg

山肌を蛇のように這う鉄管はなかなかのインパクト
です。
03.jpg

04.jpg

05.jpg

06.jpg

これだけの山塊を前に、発電所は小さく見えます。
07.jpg

08.jpg

09.jpg

発電所の入口はここですが、発電所訪問以外に
あまり目的が見いだせない立地なので、入っても
言い訳不可。入るのは遠慮しました。
10.jpg

11.jpg

このあたりからはもっといい塩梅に鉄管が見えます。
12.jpg

13.jpg

さらに進むと、道中草ヒロのトヨタライトがいました。
14.jpg

ランクルと同じ荒川車体工業製ですよ!
木原造林のバスですよ!
こりゃいいね。
15.jpg

そしてやがて、車道終点に到着です。
16.gif

車を降りて周辺を散策。
ここが以前池木屋に登った時の登山口だという
ことはすっかり忘れていました。見覚え有るな、
という感じでしたが。
17.jpg

ついでに営林小屋も。
18.jpg

かつての人々の営みが無ければ、とんでもない
山奥であるこの場所。
車で簡単に来てしまいましたが、昔はここまでも
軌道だったそうです。
この先、大和谷に沿って巡視路兼登山路兼古道が続く
一方、地池谷へ向かっては索道(第一)→中部軌道
→索道(第二)→上部軌道と続いていたのです。
この車道終点は三滝の土場だったのでその名残が
見られます。
19.jpg

そして・・・ すべての間違いの始まりがここに
有ります。
20.jpg

これ。
こいつです。
21.jpg

こいつですよ。

どう思います?

ちょっとそこまで歩けば有りますよ、という感じの
書き方でしょう? 「大和谷ダム」
これが間違いのもとでした。
22.jpg

あの先のちょっと向う側に有るのかな?という
くらいの軽い気持ちで歩き始めました。
23.jpg

24.jpg

ただいま16時過ぎ。
ここから先、延々歩いても歩いても・・・
安もんの普段靴に片手には飲みかけの500mlのペット
のお茶、という出で立ち。
25.jpg

さてさて、この先は・・・?

こちらをご覧ください。
似たような体験をされたダムごはん☆2
汗と涙と、そして笑いありの記録です。これには
かないません。父ヶ谷を攻めた後のココですからね。
26.gif








そんなわけで道中、私も500枚くらい撮影しましたが
だいたいキリ☆様と同じようなところを撮ってますので
割愛です。
そしてかくいう私も1時間以上かけて到着しました。
すでに17時をまわっていました。急がねばなりません。
27.jpg

本当に遠かったですよ。大和谷ダム。
あのちっぽけな看板に騙されました。
あれはないでしょうに。
28.jpg

早くしないと暗くなりそうです。
29.jpg

人知れずがんばる、このダム。
(実はこのダム、沢歩きと山歩きの装備の
チェンジポイントとしては有名です。)
造るのが大変だったと思います。
30.jpg

その名残が道中を含め、あちこちに見られました。
31.jpg

32.jpg

33.jpg

34.jpg

35.jpg

まずはロクロ谷側へ上がってみます。
36.gif

上がってから振り返り。あの建物の向うから
やってきました。
37.jpg

上流側の対岸右岸側です。
地池谷からの流入です。
38.jpg

39.jpg

上流、右に隠れるはロクロ谷。
40.jpg

そこへ降りるためのものなのか、点検用なのか
はしごがありました。
41.jpg

続いて対岸の右岸へ。
42.jpg

右岸側です。
この先、道らしきものはなくなり、沢歩きになります。
このちょっと上にきれいな滝があるのですが、行き
ません。
43.jpg

先ほどの地池からの流入です。
44.jpg

逆に左岸側を見てロクロ谷。
45.jpg

それを見てから、元来た道を帰りました。
46.jpg

47.jpg

すっかり暗くなった18:45帰還。
疲れ果てたところに、持っていたペットボトルと
携帯を谷底に落としてしまって、取りに降りなけ
ればならないハプニングも有りました。
48.jpg






さて、この大和谷発電所〜大和谷ダム。
再訪はあまり考えていなかったのですが・・・

9月になって(おととしのことですが)キリ☆さんが
公開してくれました。続いてのリベンジ編では下流
からの姿が登場したのです。
さっすが〜、に続き自分も、となったわけです。
49.jpg

下流からの写真も目的の一つではありましたが、
それよりも、こっちが第一目的だったりします。

大和谷ダムまでのルートは崩落が進んでいて
何か所か難所が有り、ロープが有ったのですが、
そのうちの一つにキリ☆さんのが有るのです。
それについては明確に覚えています。
ここです。橋が完全に使えなくなっているのです。
左側は川底一直線。
50.jpg

私は一回目は遊び半分、橋の上を無理やり
通りましたが、ロープが有ったのを覚えて
います。帰ってから写真で見たら、ちょっと
写っていました。
51.jpg

二回目は、これを見るために行ったと言っても
過言ではない・・・
ちゃんと存在していました。
52.jpg

確かに、(ロープが)有った方がいいかもしれない
斜面。でもまぁ無くても・・・、ってここでは思って
いたのです。
53.jpg

ちゃんとコブまで作ってあります。
54.jpg

まぁ危険な場所ではありますが。
55.jpg

それよりも、もう一つ有ったのです。そのすぐ近く。
これは一回目では気づいていませんでした。
こっちもコブ付き。
56.jpg

結び目はここ。ってオイオイ!
ここに結びに来るほうが危険じゃん!
57.jpg

ここ、ロープ無くてもいいでしょう。

ここで私は確信しました。
キリ☆さんはおもろい人です。
ぜったいここでロープで遊んだんだ。
58.jpg

ありがたく使わせていただきました。
posted by Shimneti at 17:38| Comment(2) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。

『 大和谷発電所〜大和谷ダム 』 楽しみにしてました。

2度も行かれたんですね。 リベンジの理由を読ませてもらって、思わず爆笑しました。

あのロープ。 そうですよ、わざわざコブも作りました。  

あ、あのう、決して遊んでなんていませんので。 シマさんは、登山にお慣れでしょうが、ぼくはど素人なので、真剣でした。

偶然にも同じ物件を、こうして交流のある方と共有できるのも、楽しいものですね。

また、こんな事があったら面白いでしょうね。
Posted by キリ☆ at 2014年01月02日 00:00
キリ☆さま
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

で、あれ?まだ居られました?キリ☆さんが2014年度
正月バージョンにおでかけのスキにアップ、と思ってたの
ですが、まだでしたね。
もう近場はなくなっちゃったでしょう。また楽しみにして
おります。

大和谷ダム・・リンクのご了承をもらってから、随分たって
しまいまして、今ごろになってしまいました。2年もたった
らまた行かないといけなくなります。

ロープはまぁコブ作ってる余裕あるし・・
一発でコブ作る方法 試したろ〜、とか言ってニヤニヤしな
がらロープ出してきてたと想像してます。

では今年もいろいろお互いご安全に、よろしくです。
Posted by shimneti at 2014年01月02日 02:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: