カテゴリ
ダム・発電所(310)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(97)

2013年11月23日

ニコイトンネルとニコイ洞

で、件のトンネルなのですが・・・
01.jpg

滝見橋も終点で、これでおしまい、と思いきや
こんなところに隠れています。
02.jpg

柵のそとは、
03.jpg

急斜面になっています。
04.jpg

この橋が無ければ、急斜面に突如穴が
開いている感じです。
まぁ多くのトンネルは橋−トンネル−橋
になっているので、珍しいわけでもない
のですが、しかしここは何かが違います。
その肝心な橋が、もうちょっとすると崩落
してしまいそうな感じがそう思わせるので
しょう。
今まで容易に行けた場所が行けなくなっ
たりなんてすると、幻度がアップします。
そうなったら、今度は滝の上流谷合から
トンネルを逆に下ってここから眺めを満喫
したいものです。
05.jpg

中の様子です。向こうは見えません。
06.jpg

すぐさま素掘りになります。
07.jpg

少々の崩れも有りますが、それほどの不安な
状態ではありません。
08.jpg

振り返り。まだ序の口です。
09.jpg

10.jpg

どんどん進んで、
ちょっとしたカーブになっていてそれを曲がると
階段が出てきました。まるで鍾乳洞の中の歩道
のようです。
11.jpg

なにやら電線が出てきました。照明の線の
ようです。
12.jpg

仮設?それとも完成形でもこんな感じにしようと
していたのでしょうか。
13.jpg

階段は・・・
ちょっとした登りではなく、延々と登る感じです。
観光地としては少し長いと感じるレベルです。
14.jpg

少しじゃなくて、かなり長く思うかもしれません。
15.jpg

階段はコンクリートなのですが、湿気でなんだか
海苔がへばりついているような感じです。
蝙蝠の糞も有るのでしょう。
16.jpg

17.jpg

長い階段が終わっても、トンネルはまだ斜面を
緩めてはくれません。登りが続きます。
18.jpg

19.jpg

何やら残留物も見られます。
20.jpg

照明をくくっていた場所の跡でしょうか。
21.jpg

しばらく登りつめると、
22.jpg

またまた階段が見えてきます。
23.jpg

そして、その先・・・
24.jpg

出口でした。
25.jpg

26.jpg

27.jpg

登りづめ、ということもあってトンネルを堪能
できず、あっけなく終了です。
28.jpg

ここでトンネルのスペックと出会えました。
それもそのはず。高低差が30mも有ったのです。
9階建てのビルの屋上に上がるようなものです。
延長は大したことは無いのですが。
29.jpg

トンネルを出てすぐの風景です。対岸には
ネコの目のような穴も見えます。
橋の欄干は倒れてしまっています。
橋の先には、もうすでに道らしき跡が消え
つつあります。
30.jpg

橋自体もかなり傷んできています。
31.jpg

橋の上から。こちらが滝の落ち口側です。
32.jpg

こちらが上流側です。道はどこへいった?
と言う感じ。
33.jpg

ここから眺めていると、こちらの橋のほうが
寿命が短いのではないかと思いました。
トンネルを掘った、と言う事実とあのアーチ橋・・・
ここを観光地にしようとしていたパワーの痕跡
がどんどん薄れて、幻と化していく一抹の寂しさ
に浸りながら時を過ごすのが好きなのかも
しれません。
34.jpg

35.jpg

斜面を登ってネコの目の場所に来ました。
36.jpg

火気厳禁・・・何か燃料でも置いてあったので
しょうか。自家発かな?
37.jpg

中は、
38.jpg

箱が置いてあります。
ここまでは以前と同じです。
しかし・・・シーンとしています。
風も感じません。
39.jpg

箱を足がかりに穴へよじ登って這って
いきます。
40.jpg

一旦登ってから下ったところでお終い。
ふさがってしまっていました。
下ったところからさらに奥へ続いていた
穴は、もうどこかに消えてしまっていました。
それとも見つけられなかっただけなのか・・・
でも、やたらと静かで、いわゆる閉塞感
でいっぱいです。
41.jpg

42.jpg

43.jpg

44.jpg

45.jpg

バックで戻ってきました。
46.jpg

きっとニコイ洞へ電気を送る場所だったに
違いない、なんて勝手に思っています。
お得意のガセ情報です。
47.jpg

なかなか乙な感じです。
48.jpg

49.jpg

50.jpg

上流側の穴は今でも入って行けそうです。
そして、ニコイ洞へ。
51.jpg

52.jpg

ニコイトンネルからニコイ洞へは川を登っても斜面を
行ってもよし。
ちなみに林道からもすぐの場所に見えます。
53.jpg

菅沼のカツラの棒のところです。
54.jpg

林道から見下ろすと、ニコイ洞が見えます。
55.jpg

林道から降りてくるルートはもはや無きに等しき。
56.jpg

57.jpg

58.jpg

件の大カツラは、周辺にこれほどのものが無いので
これを指しているのでしょう。
59.jpg

このカツラから川をはさんで対岸には人工的な坑口
が見えます。洞窟だから現役ですが、観光地として
志半ば感の有る佇まい=廃、そして跡、となっています。
60.jpg

そしてそのすぐ下流にはニコイトンネル上流側が有り
ます。
61.jpg

川をはさんで、
62.jpg

カツラが見えます。
63.jpg

二穴です。入口・出口の周遊コースだったのでしょう。
入口と出口を分けるくらいだから、それ相当の規模なの
ではないでしょうか。
どれくらいの規模なのか確認したい気持ちは大だった
のですが、臆病者には無理と悟りました。
64.jpg

左の穴から入ってみます。
65.jpg

写真だとわかりませんが、静かな洞窟ではありません。
ものすごい水の流れの音がしています。
静かな洞窟も怖いですが、この音も危険を察知する感覚
を麻痺させるものがあります。こっちの方が逆に怖いかも
しれません。
66.jpg

単独で入る恐怖感は楽しめるものでもありません
でした。
67.jpg

68.jpg

しばらく進んで・・・
と言っても一瞬で終了。極め付けはこれでした。
69.jpg

イメージ、まさに奈落。
70.jpg

漆黒の闇に消える梯子。この先に続く闇の世界が
どれほどのものなのか・・・
71.jpg

外界の明るさに感謝しながら、右の穴へと向かいます。
72.jpg

73.jpg

74.jpg

75.jpg

76.jpg

77.jpg

なんて言ってますが、右の穴から左の穴は見えています。
すぐにショートカット可。
78.jpg

右の坑口付近から勢いよくわき出て来る水は・・・
79.jpg

洞内が奥に向かって下り斜面になっていて・・・
80.jpg

これまた漆黒の闇の中へ水が吸い込まれていきます。
81.jpg

まるで川の中、急流です。
82.jpg

ニコイトンネルでも見かけたあの白熱球が、ここにも
居ます。
83.jpg

今度こそ外界の明るさに感謝して洞窟を後にしました。
84.jpg

85.jpg

他にもまだ穴の有りそうな山の斜面でした。
86.jpg

87.jpg
posted by Shimneti at 14:20| Comment(4) | 隧道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Shimnetiさまこんばんは。
これだけの規模の開発をしてたのに頓挫してしまうんですねえ。
場所柄完成してても上手く行ったかどうかは疑問のような気もしますが。

先日から立梅用水の記事参考にいろいろ見てますが近くにいろいろ
ありそうで面白そうです。まあ、寒くなるので来年春以降のつもりですが
うろうろしてみたいですね。
Posted by ひろし at 2013年11月26日 22:53
ひろしさま。 毎度有難うございます。

ここまでやったのに、実現しなかった・・・
夢の跡と言うか、当時の思いとか情熱を感じることが
できて、惹かれるものがあります。
実現したかしてないかの差はありますが、ダムとか鉱山
とか隧道とか・・自が見に行きたくなる原点がそれで
す。それを作ろうとした「思い」に惹かれるから。

立梅用水ももう少し見てみたいし、近くには発電所も
良い感じで有るんですよね。 そのあたりもまたよろ
しくアップお願いしますよ。
Posted by shimneti at 2013年11月28日 06:19
やっぱり行かれてたんですね!そうだと思っていました(笑)。上の橋の先の穴はすぐにふさがっていたんですね、スッキリしました。自分も機会があれば、今度はぜひ上から攻めてみたいものです。
Posted by クイック at 2013年12月01日 11:39
こんばんは。 クイック様バージョンで上の穴をお願い
しますよ。 近辺には他にも行きたい場所が有りますが、
なかなか遠くて行けません。クイック様のその仕事の合間
でも行ってしまう行動力はちょっと見習えないレベルです
ねぇ。
またよろしくです。
Posted by shimneti at 2013年12月02日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: