カテゴリ
ダム・発電所(308)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(96)

2013年07月30日

新垂井駅(廃駅)

今年も森湖はどこも行くことなく終わりそう
で、せめて滋賀→三重の道中でどこか無いか
と思っていたところ、ひろしさんが明神湖を
取りあげられているのを見て、久しぶりにその
道中に有る、新垂井駅に行ってみることに
しました。森湖じゃなくなってるけど・・・
この他にナンノ谷についても触れられて
いたので、ちょっと砂防を見にいきたくなり
ました。ナンノ谷はさすがにちょっと距離が
有るので、ここからそんなに離れていない
大津谷の砂防に立ち寄ることとしました。
01.jpg

「新垂井駅」。
今も現役の東海道本線の下り専用ルート上
に有った駅です。
現役の垂井駅に対し、新垂井駅の方が廃駅
になっています。駅は廃止されても、線路は
天下の東海道本線!現役ですので、ちょっと
珍しい感じがします。
02.jpg

人文社の地図には表記が残っていました。
場所はここです。
垂井から関ヶ原にかけての最大登り勾配
が25パーミルもあったため、第二次世界大戦
がせまる1944年に、勾配が少ないルート
を下り専用として通して、軍事物資輸送にそな
えたのだそうです。そのルート上に有る駅です。
新垂井駅は1986年に廃止されたのですが、
場所的に現役時代からそんなに便利な駅では
なかったと思われます。
03.gif

草に覆われてしまっていますが、よく見ると・・
04.jpg

ホームの端っこが見えます。
05.jpg

建物は有りません。
06.jpg

草でよくわかりませんが、ものすごく長い駅
です。
07.jpg

08.jpg

09.jpg

大垣側に有る跨線橋の脇から。
さすがは天下の東海道本線に有る廃駅。
長大ですね。
10.jpg

ここがエンドでしょうか。
11.jpg

ちょっと古いですが、冬の草の無い時期に
撮影した写真が有りましたので、貼っておき
ます。
12.jpg

13.jpg

関ヶ原側のホームの端っこがよくわかります。
14.jpg

ホームへ上がる階段跡でしょうか。
その後ろが駅舎跡?
15.jpg

16.jpg

写真には有りませんが、建屋の引き戸の
レールが有ったと記憶しています。
17.jpg

ホームをさらにどんどん進みます。
18.jpg

19.jpg

ここから急激にホームの品質が悪くなるの
ですが、付け足したのでしょう。
20.jpg

21.jpg

まだまだ続いています。
線路は有りませんが、この空間に待避線が
入っていたのだと思われます。
22.jpg

あと少しで跨線橋、というところまでホームが
有ります。
23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg
posted by Shimneti at 01:06| Comment(2) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Shimnetiさまこんばんは。新垂井駅、寄ろうと思ったんですが全く準備してなかったのと10年位前に行った事があるので良いかな、と省略してしまいました。美濃赤坂とか興味深い地域です。話がそれてしまいますが、稲沢では今でもDD51の大群が見れるんでしょうか。

垂井と言えばマンボと言う横井戸が有名だそうで。また一度ゆっくり回ってみたい地域です。
Posted by ひろし at 2013年07月30日 20:03
ひろしさま、いつもありがとうございます。

美濃赤坂とか稲沢などと仰られるとなんだかとても
多趣味なご様子で。
自分の方はとても中途半端ですが、興味のおもむく
ままうろついて投稿してみたりしております。
機回しなんかやっていたら、ついつい見とれてしま
いますよね。

そちらのほうもまたいろいろお教え願います。
 
Posted by shimneti at 2013年08月01日 01:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: