カテゴリ
ダム・発電所(313)
鉱山(46)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(57)
その他(98)

2013年06月15日

七倉ダム

関電黒四ツアーを終えて、扇沢でまだ14:30
でしたので、久しぶりに高瀬ダムへ行ってみること
にしました。
その道中に登場するのが、この七倉ダムです。
いわゆる高瀬川三兄弟(高瀬・七倉・大町)の真ん中
のダムです。

さらにその道中に現れる廃道です。いつかは行って
みたいですが、このあたりでそういうことを始めてしまう
と、もうキリが無い感じ。いっぱい有ります。
01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

七倉の下流側への入口が開放されています。天端への
車の乗り入れは不可です。
05.jpg

かなりのスケール。見事なものです。
しかし長男の高瀬ダムはもっとすごいです。見比べたり
しないほうがいいですね。
06.jpg

洪水吐のこの壁もかなりの見応え有りです。
その横の階段から天端に上がることができます。
07.jpg

ちなみにここはまだ下に降り切る手前の道中から
です。
08.gif

ゲートが二門見えます。
09.jpg

この上にあがってもいけませんし、
10.jpg

こんなすきまから上がってもいけません。
当たり前なんですが、柵や看板が有ります。
11.jpg

さらにここから下流側を見るとこんな感じです。
写真には納まりきらない、大迫力なんですが、
伝わらないもどかしさは、行って頂いて解消
するのが一番。
12.jpg

13.jpg

いまから行く下流側の広場です。草野球のできそうな広場。
14.jpg

トイレらしきのも有ります。
15.jpg

降りていく途中には、監査廊の入口が有ります。
16.jpg

降りていく道中のこんな場所です。
17.jpg

右岸監査廊。ということは探せば左岸監査廊の入口も
有るのかもしれませんね。
18.jpg

19.jpg

入坑者の名札も有ります。
20.jpg

さて、降りてきました。ここまでは車で来れます。
21.jpg

洪水吐に向かってみます。
22.jpg

かなりの迫力に大満足。
23.jpg

あんなに高い壁は突如として終わって、その先は
あっさりとしたものです。
24.jpg

25.jpg

26.jpg

何なら、もうここから歩いて登っても良いですが、
結構しんどいですよ。もちろん行ったことは有ります
が、本日は時間の関係でパスです。
27.jpg

続いて、水路隧道の坑口も見ておきます。
28.gif

テント張りは禁止と書いてある向こう側に、
29.jpg

なかなか大きな隧道です。
30.jpg

31.jpg

それにしてもキジャマ。
32.jpg

それでは高瀬ダムへ方へ向かうこととします。
posted by Shimneti at 20:07| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: