カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(46)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(57)
その他(98)

2013年02月02日

春日鉱山 中山坑

件の隧道はどのように潜ってるんだか・・・
それはよくわかりませんが、この地図もまた
興味深いものがあります。
索道かコンベアか?
ちょっと前のことですはありますが、ついでに
アップします。
01.JPG

索道跡のようなのを見た覚えがないけど・・
と思いながら春日村への道を進みます。
02.JPG

2007年です。狭かった道も随分広くなって
いました。しかしそれもそんなに最近のこと
ではなさそうな雰囲気です。
03.JPG

でもバス停は新しさを感じます。
04.JPG

鉱山跡は、来るたびに必ず傷んできています。
それがいつも寂しく感じます。
どんな建物も時の流れに従って傷んできますが
人が居ることによって愛情を注がれ、補修も
されて維持されていくものなのです。しかし鉱山
跡ではそれをうち切られてしまうのです。
これ以上傷んでくると、上から物が降ってきたり等、
安全上の問題も出てきます。
久しく見に来ていませんが、ここも中竜や明延の
ように撤去されてしまってはいないでしょうか。
藤原岳の麓の白石工業も撤去が進んでいます。
05.JPG

無闇に入って傷めてはいけない、という気持ちと
入りたい気持ちで、いつも葛藤が有ります。
だいたいが入ってしまうのですが、臆病者なので
中途半端な探索になることが大半です。
それがちょうど良さにつながっている(つもり)の
です。
06.JPG

この日もホッパーの有る建物を周辺から
眺めまくりです。
07.JPG

08.JPG

09.JPG

10.JPG

再び車に乗り込み、この建物の裏手を通る
中山の集落へ向かう道へと車を走らせます。
中山林道と書かれていました。
これも鉱山の名残でしょう。白石工業でも
見かけました。
11.JPG

12.JPG

その下には先程の建物の屋根が見えて
います。
13.JPG

さらに林道を山手へ進めると、ここにも
設備がありました。
14.JPG

15.JPG

16.JPG

当時の私のメモに、ここが「インクライン跡
だが今日はパス」と書いてありました。
どうしてそう思ったのかの記憶がありません。
インクライン跡らしい・・・本当か?
17.JPG

さらに上に進むと、また設備があります。
かなり広範囲です。
18.JPG

19.JPG

その横は沈砂池でしょうか。
20.JPG

そして前投稿の隧道の前を通り過ぎて
採石場所へと向かいます。
道中、鬼押し出しの安全地帯のようなの
が出てきました。
ここに何かが有ったのでしょうか。
今までの鉱山施設に比較すると新しめの
コンクリートです。
21.JPG

22.JPG

なんだか良い雰囲気となってきました。
林道は沢筋まで続いて終点なのですが、
この日は途中で崩落が有り、引き返す
ことになりました。
23.JPG

下には先程見た沈砂池が見えます。
こんなに上がっていたのか・・・
24.JPG

25.JPG

山々の景色に包まれながら、少しゆっくり
して、帰りました。
26.JPG

27.JPG

28.JPG

29.JPG

別の日、高橋谷ダムに行ったついでに坑口に
立ち寄りました。
すっかり暗くなっているので長居はでき
ません。しかも雨降り。
30.JPG

以前はとてもきれいな雰囲気だった坑口も
少し疲れた印象です。
雨降りと夕方のせいかもしれません。
31.JPG

32.JPG

33.JPG

坑口の前には、以前は無かったこんな施設
が出来ていました。
きっと下流の川の白濁を防いだり、中和したり
する施設なのでしょう。
鉱山跡となった今も、こうやって管理下にある
ようです。
34.JPG

35.JPG
posted by Shimneti at 23:00| Comment(0) | 鉱山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: