カテゴリ
ダム・発電所(310)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(97)

2013年01月05日

国見山鉱山 2 採石場の一部

ここは藤坂峠。
2006年に採石場へ間違って入ってしまった
時のことです。
01.JPG

02.JPG

峠からは自分の知らない新しい林道が2本
出来ていました。
03.JPG

NTTのアンテナへ行く為の道も有ります。
04.JPG

05.JPG

06.JPG

07.JPG

林道はやがて終点です。今ではもっと延長
されているかもしれません。
08.JPG

この時、何より気になっていたのはあの建物。
何でしょう。
09.JPG

道も付いていて、トラックがいます。
これが国見山鉱山への道だったのです。
10.JPG

山をいなしてこんな場所へきました。
11.JPG

近くにはロボット雨量計が有ります。
12.JPG

13.JPG

廃墟のようで現役?
14.JPG

近づいてみると、思ったよりも小さな建物
でした。
15.JPG

階段が付いていたので登ってみました。
16.JPG

確か、現地ではちゃんと読めていたと
思うのですが、写真では何と書いてある
のかわかりません。
もうしばらく前のことなので、思い出す
こともできません。
しかしこの場所が勝手に侵入していたこと
がわかっている今は再訪するわけには
いかないでしょう。知らぬが仏です。
17.JPG

18.JPG

これは隙間撮りです。中は物置状態
でした。
19.JPG

裏手にまた階段が有りました。
20.JPG

ちょっと上がってみます。
21.JPG

22.JPG

上がるとヘルメットが置いてありました・・・

と言うのはウソです。
天体望遠鏡のようです。

なるほど、ここならさぞ星空が綺麗なことと
思います。
23.JPG

24.JPG

ここからの景色も良さそうです。
25.JPG

26.JPG

ロボット雨量計のある方向。
27.JPG

藤坂峠方向。
28.JPG

続いて次ぎへ。
29.JPG

採石場へ向かいそうな作業道へ下りて
きました。
30.JPG

ここからの眺めです。全貌とまではいきません
が、かなり見渡せます。
31.JPG

32.JPG

33.JPG

34.JPG

35.JPG

あれが上部軌道とは別に有った鉱山鉄道跡
(現トラック道)なのでしょうか。
興味津々。
36.JPG

あそこからはトンネルになってるのかな?
近くで見たいものです。
37.JPG

もうしばらく進みます。
38.JPG

山の神様に感謝をこめて先へ進みます。
39.JPG

でっかいダンプが出てきて大喜び。
タイヤだけで私の背丈ほどあります。
40.JPG

これは運転してみたいですねぇ。
公道は走れないですが。
41.JPG

42.JPG

しかもたくさん。
43.JPG

稼働している風には見えませんでしたが、
誰かおられる様子。
熊鈴をシャンシャン鳴らしながらうろうろ。
まったく悪びれず知らぬが仏の自分。
窓から覗いている方にも「ちょっと見るわ」
の会釈をして進みます。
44.JPG

もちろんいっぱい写真を撮りましたが、
そんなの載せていいわけもないので、
影響無さそうなものだけ貼ります。
45.JPG

46.JPG

トラック道が続いているのですけどね。
47.JPG

48.JPG

後で下部軌道を見るついでに車で登って
来よう、と思ったのが間違いでした。
この時、行っておくべきでした?いやそれは
ダメですよね。 結局ここには行けないという
ことです。
49.JPG

posted by Shimneti at 18:55| Comment(0) | 鉱山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: