カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(97)

2013年01月01日

国見山鉱山 1

久しぶりに国見山鉱山に来てみました。
「国見山鉱山三重鉱業所」と書かれた
看板を見かけます。
ここは現役バリバリ、石灰鉱山です。
むかし、それを知らずにズカズカと入って
いって、仕事をされている方にあきれられ
たことがあります。でも鉄道ファンには有名
なところなので訪れる人は多いことと思い
ます。
01.jpg

採石場所は山の上に有るので、上中下の
3段階の軌道が有りましたが、今はすべて
コンベアに置き換えられてしまいました。
鉄道ファンには残念なことです。

上部軌道と中部軌道は複線式のエンドレス
ロープにトロッコが付いたやつが走っていま
した。

上部軌道は殆どがトンネル内に有ったそう
で、また中央貯鉱槽より奥は敷地内なので
今も昔もその姿を見ることは出来ません。
確認に行く手だてはないものか、と思います。

中部軌道は地上に有るので以前はその姿
を見ることができたそうで、トロッコがエンド
レスに走る姿は飽きないものがあったらしい
です。

またもっと昔には上部軌道とは別に鉄道を
敷いていたそうです。今はトラック道になって
現存するようです。
自分で確認できたらどんなに楽しいことか・・
02.gif

下部軌道は機関車牽引で、当初から電化
されていたそうです。
今もところどころにレールが残っており、その
跡をたどることができます。
見えるところのほんの少しを横から眺めま
した。
03.jpg

吉津港近くでは、コンベアが国見山隧道
から出てきています。
04.jpg

これは2006年の写真です。
05.jpg

コンベアは国道を渡り、
06.jpg

海岸貯鉱槽へ入っていっています。
07.jpg

グリーンのところは線路跡です。
08.jpg

09.jpg

先端を見に行きます。
10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

反対側から見てみます。
14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

かなり傷んでいます。
18.jpg

探検したい気持ちにさせてくれる風貌
です。
19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

山の方向を見ると、採石場所が見えます。
24.jpg

25.jpg

26.jpg

それではそっちへ向かって少し進んで
みます。
27.jpg

線路が残っているのがいいです。
28.jpg

29.jpg

30.jpg

線路にばかり気を取られていると、蛇に
気づくのが遅れました。
今年はキミの年だからよろしく頼むよ。
31.jpg

線路は無くなっている部分も有ります。
32.jpg

国見山隧道から出てきたコンベアと
ここで合流します。
33.jpg

線路の上にコンベアが重なります。
34.jpg

壮大なコンベアも見応え十分です。
35.jpg

藤坂峠から下りてきた道と合流。
36.jpg

37.jpg

ここから望遠で国見山隧道の北側を
撮影することができます。
38.jpg

39.jpg

しばらくはコンベア、線路、道路が併走
します。
40.jpg

41.jpg

線路跡は緩やかに登り勾配です。
42.jpg

43.jpg

採石場はまだまだ遠くです。
44.jpg

45.jpg

46.jpg

47.jpg

48.jpg

新日鉄から来た50tがまだ居てくれました。
D−505の方。
しかし・・・
49.jpg

ちょっと痛々しい姿ではあります。
50.jpg

51.jpg

その前には中央貯鉱槽が見えます。
52.jpg

続いて、次回は間違えて行った採石場を
せっかくだから少しばかり貼っておきます。

posted by Shimneti at 02:50| Comment(6) | 鉱山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。
いつも拝見しています。

さて国見、むかし酷道巡りの最中、
南海の機関車(お写真のより前のヤツ)に偶然出くわし、
予備知識がなかったこともあり驚きました。
今はこんな風になってるのですか。

では、今年もブログを楽しみにしております。
Posted by 甲賀忍者 at 2013年01月01日 11:26
あけおめ(^-^)/

いつも楽しい記事をありがとうございます
山とかダムとか危険な所もありますので、どうかご無事で!
Posted by れきそたん at 2013年01月01日 22:00
ここ行きたかったんですよ〜
またもや先を越されてしまいました(笑)
全然知らなかったんですけど地図を見ててたまたま見つけてしまったんです
なかなかソソられますなぁ
でも鉄道が廃止されているのは残念ですけど、これだけ遺構が残ってると辿り甲斐がありますね
こりゃやっぱり行くべきですよね?
Posted by mt.tell at 2013年01月03日 20:03
甲賀忍者様  あけましておめでとうございます。

国見山行かれてましたか。南海の、というと結構
前ですよね。ED5108でしょうか。私がこれ
より前に行ったのは2006年なので、あまり状況
は変わらずで、もう1機D−507?が埋もれか
かっていました。また写真貼りたいと思います。

久しぶりに行ってみてレールも健在だったので
ちょっと安心しました。

現役鉱山なのであまり近くで見られないのが残念
です。

本年も引き続きよろしくお願いいたします。

Posted by shimneti at 2013年01月05日 00:59
れきそたん様 あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

危険な場所、と言われるとやっぱりドキッとします
ね。相当慎重なほうだと思っているけれど、やっぱ
り単独が多いのでいつも、あの時もしも、と思うと
反省することも多いです。

先日コメント頂いてから貴ブログも拝見するように
なって、私とは値段が全然違いますがLEDも有っ
て楽しんでます。 またおじゃましますので、よろ
しくお願いします。

Posted by shimneti at 2013年01月05日 01:07
mt.tell様 本年もよろしくです。

ん〜?mt.tellさんって 鉄、もしくは鉱山も行き
ますか。 地図からですか? 私は結構地図からが
多いです〜。 国見山も人文社の地図で見つけまし
た。 軌道跡と隧道が連なっているのがバッチリ記
載されているんです。しかも隧道と等高線の関係、
おかしいやろってなっていてもたってもいられなく
なって見に行ったのが1回目でした。

行く甲斐あるのは間違いなしですのでぜひ。
ただ、現役ですからそこはお気をつけて。
知らぬが仏だったんでもうちょっと行っとけばよか
った、と後悔しておりますけど・・・。

Posted by shimneti at 2013年01月05日 01:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: