カテゴリ
ダム・発電所(308)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(95)

2012年08月21日

水殿ダム

早朝の水殿ダム右岸。
紅葉の中を歩いて行きます。
01.JPG

駐車場、公園、トイレ完備です。
02.JPG

ダム天端へとつながります。
03.JPG

天端への車両乗り入れはできません。
04.JPG

まずは周辺をうろつきます。
ベンチが傷んでいるのか、と思ったら違います。
05.JPG

ワイヤーの暴露試験をしているようでした。
06.JPG

安曇発電所の洪水吐門巻上機ワイヤー修繕工事
と書かれています。
ダムの下って水殿発電所じゃなかったっけ。
ワイヤーの暴露試験をしているようです。
ワイヤー購入は昭和44年3月、試験開始は平成
9年9月。 この先どのように様子を見ていくので
しょう。楽しみだけどちょっと見に来るには遠いです。
07.JPG

管理所の横には竣工碑が有ります。間組。
08.JPG

誰も居ない様子。
09.JPG

10.JPG

11.JPG

12.JPG

管理所裏手からアーチを見ることができます。
13.JPG

でかいので洪水吐までの全部はおさまりません。
分けて撮影。
14.JPG

15.JPG

ちなみにダム湖側はこんな感じです。
16.JPG

左岸上方には「一級河川梓川 東京電力 水殿ダム」
の文字が見えます。
17.JPG

建設時のコンクリート遺構でしょうか。
18.JPG

ダムの下には発電所と放流部分が見えます。
19.JPG

天端へ移動。
20.JPG

洪水吐の巻上部分への入口。
その先には巡視路の階段が有ります。当然
入ってはいけません。
21.JPG

すべり台の下、稲核ダム湖です。
22.JPG

発電所がアーチに合わせて扇形になっている
のが面白いです。
23.JPG

ちょっと左岸よりまで来て、憧れの巡視路撮です。
24.JPG

25.JPG

天端を歩いていると、フェンスが追加されている
ところが有ります。
26.JPG

ここ。
そしてレールが有ります。クレーンが通るレール
です。クレーンは矢印の場所から発電所取水口
の掃除などであすこから何かするのでしょうか。
角落としでも入れるのでしょうか。
27.JPG

取水口の蓋
28.JPG

下を覗くと発電所があります。
ここから万一物が落ちたら大変だからフェンス
が有るのでしょう。
29.JPG

左岸到着。先程のレールの主が居ますね。
30.JPG

ごつい足です。
31.JPG

32.JPG

ダムと同い年?ですよね。
33.JPG

水利看板ゲットです。
34.JPG

そのまま左岸をちょっと下流側へ進みました。
35.JPG

36.JPG

左岸からの巡視路入口。カメラ付き立禁。
37.JPG

屋根付の何か。
38.JPG

頻繁に測定に訪れて、雨が入ると良くない
ものです。
39.JPG

さてまた天端左岸に戻って、気になる隧道。
でも残念ながら立入禁止です。フェンスが無く甘い
立禁ですが、ハチと蝙蝠が通せんぼしてくれて
います。
40.JPG

微妙な看板の下にぶら下がっているやつを
ちゃんと見てくるのを忘れました。
ちょっと興味ありそうなことが書いてありそう
だと思ったのですが。
41.JPG

坑口が斜になっているので、隧道に垂直に
見るとこんな感じになります。
42.JPG

「水殿川隧道」と呼ぶようです。
43.JPG

隧道はこの半島の裏に出るに違い有りません。
44.JPG

奥には吊り橋が掛かっています。
45.JPG

46.JPG

47.JPG

48.JPG

吊り橋を渡ったところはまた半島。
右岸側から望遠で見ます。
何か有ります。ここにむかってまた隧道が有るかも、
なんて思ったらとても行ってみたくなりますが、有る
かどうかはよくわかりません。巡視路の行先の一つ
だとは思いますが・・・
49.JPG

50.JPG

51.JPG

52.JPG

ダム湖の右岸側を眺めると、こちらにも何か
有ります。
53.JPG

望遠で。
54.JPG

何でしょう。ちょっと行ってみましょう。
55.JPG

右岸を進むと、「みどのダムサイド マレットゴルフコース」
と書かれて行き止まりです。
56.JPG

57.JPG

公園の端っこにちょっと歩道が有ったので
行ってみます。
58.JPG

すると、見えてきました。
59.JPG

何でしょう。取水口跡?それとも現役?
60.JPG

その手前に有るコンクリブロックも気になりますが、
61.JPG

62.JPG
すぐに解決。東電の説明書きが有りました。

「大型コンクリートブロックによるダムコンクリートの
耐久性試験」
「この水源調整池内に設置した大型コンクリート
ブロックは、コンクリートの耐久性を実ダムと同様の
条件下で試験するものです。
この試験では、コンクリートの配合やフライアッシュ
混入率を変化させ、耐久性との関係を調べています。
この試験は水殿ダムが建設された1969年から
継続して行なわれています。 東京電力株式会社」
と書かれていました。
63.JPG

いろいろ試験している水殿ダムでした。
posted by Shimneti at 23:47| Comment(4) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。いつも陰ながら楽しみにしております。

2010年10月に水殿川隧道を訪れた時は、立ち入り禁止の看板はありませんでした。それどころか通行する場合には電気をつけて、通り終わったら消してねという様な張り紙があったと記憶しております。1年の間に何か事情が変わったのでしょう。

直前に稲核ダム湖で熊を見てしまったばかりだったので、トンネルを通っただけで引き返して来てしまったのが悔やまれます。
Posted by まつとし at 2012年08月22日 22:14
まつとし様 コメント有難うございます。

2010年には何も書かれていなかったですか。
立禁でも鎖も何も無かったので、いつもなら入るので
すが、この時はなぜか入りませんでした。悔やまれ
ますよ。結構な長さが有ったのではないでしょうか。

熊はお互い気を付けたいですね。私も何度か見たこと
がありますが、だいたい水辺が多いですよ。水辺では
無警戒になるのでしょうか。それとも水辺の音で気づ
きにくいのか、匂いが飛びにくいのか、何かあるんで
しょうね。

貴ブログも、まだ少しですがおじゃましました。
猫は気楽そうで好きです。大阪の永楽ダムでたくさん
の猫に出会えたのを思い出しました。

また気が向いたら見てやってくださいませ。

Posted by shimneti at 2012年08月23日 01:25
毎度さんです
写り込んでいる正体はサイフォンと調整池ぞえ
その先には………アレがあります。
Posted by mixxko at 2016年08月29日 19:33
毎度ご無沙汰です。

やっぱその類のものでしたか。

ちなみに2013年には再訪してそのサイフォンの上に立って
きましたよ。
その先のアレって何スかね?あの半島にはまだ何か秘密が隠さ
れてますか。

天端のトンネルの先は30年ほど前は徳本峠への登山道だった
のですが今は廃道です。取水堰堤があるのでそこまでは行けま
すが、その先は荒れ放題。・・・にもかかわらず2013年に
徳本峠から降りてきた輩がいまして、それに影響されて自分も
久しぶりに行ってみたくなった次第ですよ。Minekoさん
も行ったのかな?  ではでは。

Posted by shimneti at 2016年08月29日 23:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: