カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(46)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(57)
その他(98)

2012年06月17日

黒部ダム(黒四ダム)1

ダムのブログをやっているというのに、黒部
が無い、というのも変な感じです。
かと言って、あまりに有名すぎてなにもわざ
わざ自分が紹介する必要も無いとも思えます。
だからメインのダムより、付随について記録し
ておくことを中心にしたいと思います。

黒部から見る立山連峰です。
左から雄山、大汝山、富士ノ折立。
立山は本当に何回も通った山です。
その立山のもう一つの魅力は、近くに黒部ダムが
有ることです。
黒部ダムだけは多くの観光客でにぎわっていて
ダム好きじゃなくても行った方や行きたいと思って
いる方が多いんじゃないでしょうか。
誰をも魅了する力があふれ出ているのでしょう。
01.JPG

どんなダムであっても建設時にはさまざまな
ドラマが有りますが、その中でも黒部は多くの
メディアで紹介されてきたこともあり、とりわけ
その大変さが知られているダムだと思います。
そして、行くといつも私が感じるのは、「現役感」
とでも言えばいいのか・・・とにかく今も多くの人
達が出入りしていろいろと工事し続けている、と
いうこと。もちろん現役だから当たり前のような
話なのですが、規模がすごいと思います。
立山にはそんな場所が多く、砂防だって大々的
にやり続けられているのです。
02.JPG

人が多いと、不思議なことが有ります。
たとえばここ。
これだけ多くの観光客が居るというのに、別に
フェンスがされているわけでもありません。
しかし誰も入って行きません。
同じ山奥でも、もしここがほとんど誰もいないダム
なのに、こんな場所が有ったら、私なら間違い
なく入っていくことでしょう。いっぱい人が居るし
それはできません。
03.JPG

あのトンネルはきっと右岸のここにつながって
いるに違いないです。
04.JPG

何度も来ている黒部ダムですが、行ったことの
無い場所を発見。
05.JPG

これは行ってみなくては。
06.JPG

やはり比較的新しく整備されたようです。
07.JPG

こういう場所にどうしても目がいってしまいます。
08.JPG

09.JPG

大きな扉に案内が取りついています。
10.JPG

案内の看板。
期待して見たんだけど、マニアには不足ですね。
どこそこを鑑賞するエリアが描かれているだけ
なのです。そんなのが知りたいんじゃないけどな。
11.JPG

扉の中には入れてくれませんね。
12.JPG

牢屋のようでもあります。
右下に写っているのは重機などの軌跡を型採
したものです。これはネットで見たこと有ります。
13.JPG

良い雰囲気です。
14.JPG

ますますいい雰囲気。
15.JPG

しかし、よく考えたら先ほどまであんなにたくさん
観光客が居たのに、ここは貸切ですよ。
みんな結構お金を使って来ているというのに、
素通りなんてもったいないね。
16.JPG

ここで通行止め。
でも、あれ? 昔、向こうから来たことあるよ。
そういえば向こうから来たこと有ったんだ・・・
17.JPG

18.JPG

しかし、どうしてもこういう場所に惹かれますね。
19.JPG

観光用に重機の軌跡など、いろいろと工夫をされて
いるのも好きですが、こういった当時のままの姿を
見られるのはもっとリアルで好きです。
20.JPG

21.JPG

展望台なので当然展望もしました。
ディテール大好き。
22.JPG

さて、また天端へ戻りました。
アーチ式ドームの堤体が素晴らしいのは当然ですが、
どうもこういうところに目がいきます。
23.JPG

良いですね。内側からあそこまで行けるのでしょうか。
24.JPG

一体何だったのでしょう。
寄り付くこともできません。
25.JPG

ここにも何か有ります。
26.JPG

場所が変わって、上の展望台へ行く道中。
これは有名なコンクリートバケットです。
それより、その奥の道。これも向こうから来た
こと有りますよ。全部後で確認しないと。
27.JPG

いちいち気になりますよ。中には何が有るん
でしょう。
28.JPG

展望台へ上がります。
29.JPG

残念。橋脚へは何やら工事中で行けません。
昔、結構危険な場所まで行けたのですが今は
許されないのかもしれませんね。
30.JPG

31.JPG

残念だな。
32.JPG

今日はここまで。結局2へ続けてしまうことに。
ペースが悪いです。

posted by Shimneti at 21:35| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: