カテゴリ
ダム・発電所(310)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(97)

2012年05月19日

仙人谷ダム 道中6 阿曽原温泉〜関電人見寮

01.JPG

次の朝は前日と違い、気持ちの良い晴れと
なりました。これは有り難い。晴れた仙人谷ダム
を見ることができそうです。
あさ7:00、阿曽原温泉を出ます。
02.JPG

阿曽原温泉は水平歩道より少し降りたところに
あるので、まずは登り返します。
03.JPG

その距離ごくわずか。すぐに水平歩道になります。
04.JPG

またこんな感じの道です。
05.JPG

あぁ今日は本当に良い天気。雨の山も好き、とは
言いましたが、やはり晴れが良いです。
06.JPG

しばらく進みますと、
07.JPG

08.JPG

あやしき部分もありますが、
09.JPG

隧道が出てきます。地図にも仙人谷ダムまでに
一つ隧道が描かれている、それです。
しかし、その左側に見える黒いの・・・
気になります。
10.JPG

11.JPG

昔の隧道でしょうか。自分は通ったことが有るのか
無いのか、記憶にはありません。
12.JPG

13.JPG

隧道はこんな感じです。
14.JPG

しかし盛大に崩れています。
一般道なら通行禁止となるレベルですね。
15.JPG

しかしここは現役。
16.JPG

出口はすぐカーブ。ガードレールはありませんよ。
17.JPG

権現峠と言います。
18.JPG

関電の看板が落ちていました。
19.JPG

出口すぐが断崖カーブの為、正面から隧道を撮る
ことができません。
20.JPG

中が崩落しているからか、足元も頭上も注意するよう
書かれています。
21.JPG

旧と思しきところも行ってみたいですが、命綱無し
ではちょっとこわいのでやはりやめました。
22.JPG

相変わらず谷底までの高度感はかなりのもの。
23.JPG

しかししばらくすると、
24.JPG

梯子階段で一気に高度を下げていきます。
これは見下ろしている写真。
25.JPG

そして降りてから、梯子階段を見上げているところ。
26.JPG

階段を降りたらすぐ、こんな隧道入り口が有ります。
27.JPG

高熱隧道横坑でしょうか。
28.JPG

さて、もうここは仙人谷ダムと同じくらいの高さだと
思います。
29.JPG

ちょっと進むと、こんな山の中なのに、ズドーンと
大きな建物の建築工事のような場所に来ました。
関電人見寮なのでしょうか。
30.JPG

31.JPG

工事で少し規制されていますが通行可能です。
32.JPG

法面の工事と書かれていますが、建築もやっています。
33.JPG

34.JPG

35.JPG

36.JPG

37.JPG

38.JPG

もう少し進んで行くと、これは関電人見寮です。
こちらは見覚えのある建物です。
39.JPG

40.JPG

41.JPG

隣に新築しちゃうのでしょうか。
42.JPG

さらに進んで行きます。
43.JPG

人見寮から川の対岸、遠くに何やら人工的な穴
が見えて気になります。
44.JPG

間違いなく穴だと思いますが、行けっこ無い場所
です。残念。
45.JPG

この人見寮。正規の入口は雪対策したまま
閉ざされています。普段から冬季歩道を使用
してダムや、周辺へ向かうのでしょう。
46.JPG

47.JPG

48.JPG

冬季歩道が続いて、
49.JPG

高熱隧道へとつながっています。
50.JPG

窓の下には国有林野借受標識が有ります。
51.JPG

冬季歩道はあそこへ。
さて、登山者はあの中を通るのでしたっけ。
あの中を通ったことも有るような気もするけど、
外も通ったことが有るような気がします。
どうも記憶が定かじゃないなぁ。
52.JPG

登山者は安全通路を通る??
53.JPG

あれ?なぜだか現場の方に入ってしまっていました。
不思議。
54.JPG

入っちゃったついでに、線路を。
そうそう、ここを通って行ったような記憶も有りますが、
今は通ったらダメのようです。
55.JPG

56.JPG

ここからもうダムが見えています。
57.JPG

すごいです。ダムの真ん前に鉄管。その上は仙人谷の駅で
トロッコが通るわけですから、あの鉄管がいかにデカいかが
わかるかと思います。
58.JPG

上は駅の窓ですからね。
59.JPG

では隧道へ入りましょう。
60.JPG

熊の侵入防止の為、閉めなければなりません。
61.JPG

62.JPG

入ってすぐ正面。行くことはできません。
63.JPG

隙間から。
先へ続いています。
64.JPG

そして、入って右を見たところ。この先、人見寮です。
65.JPG

そして我が進む道。 入って左側です。こっちへ進みます。
66.JPG

その前に入口側を振り返っておきます。
67.JPG

68.JPG

69.JPG

ではいよいよダムの方へ・・・・
70.JPG

posted by Shimneti at 09:35| Comment(2) | 隧道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪

久し振りの書き込みですm(_ _)m

いつも貴重な記録を見させていただき、誠に有難う御座いますm(_ _)m
Posted by 険酷隧 at 2012年05月19日 20:18
険酷隧さま、 いつもありがとうございます。

忘れないでいて頂いて感謝ですよ。険酷隧さまこそ
もう到底ついていけない場所ばかりアップされてる
から、貴サイトを見るだけになってしまっておりま
すよ。
いずれかをまた真似して行ってみたらアップします
のでよろしかったら見てやってください。
神岡鉱山はあらためて行きたいと思いながらも、
最近掲げてある看板にビビってなかなか行けてない
です。現役だし遠慮してしまいますね。
ではまたよろしくお願い致します。

Posted by shimneti at 2012年05月20日 03:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: