カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(46)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(57)
その他(98)

2012年02月11日

阿保発電所 中電

夜中に何度もこの道を通りながらも、いつか
明るい時に見に来たいと思っていた阿保発
電所です。
川上ダムの建設工事によって発電所の前
すら通ることが出来なくなったと聞き、ちょっと
どんなものかと来てみた次第です。
いつもとは逆方向の北側から来ました。
三重r29です。
01.JPG

川向こうに新しそうなトンネルが見えてきました。
02.JPG

仮排水路のようです。前は川です。
03.JPG

04.JPG

ここでバリアー。青看板は付け替え工事の時に
消された状態のままになっていました。
05.JPG

06.JPG

07.JPG

08.JPG

この場所から対岸を見ると、そこにもトンネルが
見えます。方向は下流へ向かっていますので
仮排水路の入口でしょうか。
09.JPG

10.JPG

車はここへ放置して発電所の方向へと歩き
ました。
11.JPG

12.JPG

13.JPG

橋には測水があります。
14.JPG

最新の写真も追加。
15.JPG

16.JPG

トンネル工事の入口にはやはり仮排水路と
書かれていました。
17.JPG

18.JPG

19.JPG

入って行きたい気持ちは当然抑えています。
20.JPG

発電所の方向には水圧鉄管が見えています。
21.JPG

22.JPG

上部には水槽が有りそうです。
23.JPG

24.JPG

さて、発電所へ向かう橋です。
25.JPG

橋の向こうに発電所が見えます。
なるほど、こんな風になっていたのか・・・
明るい時に見るととても新鮮。
26.JPG

小径を進むと発電所に到着です。
27.JPG

今渡ってきた橋です。
28.JPG

なかなか良い雰囲気です。
29.JPG

木造ですよ。木造の発電所を見かけることは
あまりありませんね。
以前はここにもう一棟有ったそうです。
30.JPG

こちらの空き地がそうでしょうか。宿直できる
場所が有ったそうです。
31.JPG

32.JPG

さぁ水圧鉄管を登ろう、と思っていたら・・
フェンスが有りました。当たり前か・・・
33.JPG

34.JPG

35.JPG

水槽登り口、と書いてくれてるんだけどな。
36.JPG

37.JPG

ここから発電所方向を振り返ります。
水圧鉄管はもう地中です。
38.JPG

39.JPG

水圧鉄管の銘板が有りました。
40.JPG

一部取り替えの銘板でした。
有効落差78.33mも有るのか・・
41.JPG

42.JPG

43.JPG

発電所への小径が見えます。
44.JPG

フェンスからの隙間撮りです。
45.JPG

トランシーバー使用禁止なんですね。
指示調節計などに影響が出ますからね。
でもそう言う理由からなんでしょうか。
わかりませんね。
46.JPG

木造の看板も有りました。
47.JPG

物置の横は便所でしょうか。
48.JPG

変電、送電部は小柄です。
現在も400KWでしょうか。
49.JPG

下流側へ回ってきました。
50.JPG

51.JPG

52.JPG

放流口の前です。
53.JPG

54.JPG

55.JPG

川水の位置エネルギーをちょいとパクり
ました、と言う感じです。
とは言え、この流れの為には取水堰堤が
有り、水路、及び隧道が有るのです。
本当はその全てを見てみたいものです。
叶いそうなのはあとは取水堰堤くらいかも
しれません。
56.JPG

せめても、と、水圧鉄管を眺める為に周りを
うろちょろしました。
57.JPG

58.JPG

59.JPG

60.JPG

61.JPG

62.JPG

63.JPG

上部水槽が見えないか、うろちょろします。
64.JPG

65.JPG

66.JPG

67.JPG

68.JPG

69.JPG

70.JPG

上部水槽には車で行けるのではないのか
と思える風景でした。
71.JPG

posted by Shimneti at 19:35| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: