カテゴリ
ダム・発電所(308)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(96)

2011年12月14日

イビデン広瀬発電所〜上部池

発電所が有って、その発電のためにダムや水路
が有る。
それをヘボいながらも追いかける、という楽しさを
覚えた1年だったと思います。もう師走入り随分と
押し迫ってまいりましたが、まだ4月のネタです。
01.GIF

イビデン広瀬発電所。
考えてみれば、まだアップしていないネタも含めて
自分にとってはかなり今年のハイライト的なネタの
一つです。
近辺の林道も含めて楽しい思い出が一杯だったと
写真を見て今頃気づいている次第です。
発電所と水路と取水堰堤を訪問しました。
02.JPG

こちらの写真は2009年2月に訪れた時。
03.JPG

現役の発電所です。絶賛放流中。
04.JPG

二つの放流口の間に有る看板。確かに急に
これだけの放流をされると怖いですね。
05.JPG

水圧鉄管。登山のショートカットルートに利用
すると、必ず道中の珍しい建築物に興味を
惹かれてしまって、登山にならない代物です。
06.JPG

望遠で見てもそそられますな。
07.JPG

発電所へ続く道中には、
08.JPG

測水らしきのがあります。
09.JPG

その横に有るのは何でしょう。
10.JPG

11.JPG

発電所入口です。
現在の厳重な門の手前に、昔の門柱が建って
います。
12.JPG

13.JPG

フェンス隙間から撮影。
14.JPG

壁のちょっとした模様が時代を感じます。
15.JPG

建物の裏手へ回ってきました。
駐車できるような広場になっています。
16.JPG

至近距離に鉄塔が居ます。
17.JPG

18.JPG

広場から水圧鉄管を跨ぐ鉄橋がかかって
いて、グラウンドに出ることができます。
19.JPG

20.JPG

21.JPG

発電所横にグラウンドです。
22.JPG

これは橋の上から発電所を見たところです。
23.JPG

そして逆に、橋の上から水圧鉄管上部を見た
ところ。
24.JPG

この発電所でも水圧鉄管は建物に入る前に
お行儀良く方向を整えています。
25.JPG

26.JPG

長い水平部で流れを減勢している感じです。
27.JPG

水圧鉄管が上っていく場所まで近づいてみます。
28.JPG

29.JPG

立入禁止の看板とフェンスはどうも林の方に
向けて付いています。
30.JPG

31.JPG

水圧鉄管には何も付いていません。
32.JPG

例によって水圧鉄管のチェックをしながら
登山がてらに行って来ました。
33.JPG

良い景色です。
ただ、高所恐怖症の方にはおすすめできません。
34.JPG

最後のひと登りです。
35.JPG

通気です。・・が改めて考えてみると、落水中に
エア噛みしても良いんでしょうか。どういう運用
をするのか知りたくなります。
36.JPG

上部池に到着です。
ここまで登ってきた甲斐があります。良い眺め。
37.JPG

振り返り。
38.JPG

コンクリートはかなり傷んでいます。
39.JPG

40.JPG

41.JPG

42.JPG

今は使われていなさそうなゲートに、横の階段が
良い雰囲気を醸し出しています。
43.JPG

中抜きしてCON打してあります。
44.JPG

薄い感じがたまりませんな。
45.JPG

46.JPG

池の横には小屋が有りました。
47.JPG

引き戸に少し隙間がありました。
中にはちょっとだけ工具が置いてあるだけ
でした。
48.JPG

池は今まで見てきたイビデンの沈砂池にとても
よく似ていました。
49.JPG

除塵設備が有ります。
50.JPG

ちゃんと漏電チェックもしているんですなぁ。
51.JPG

52.JPG

折角なので一周してみます。
53.JPG

54.JPG

監視されてるようです。
55.JPG

山の上で、とても静かな場所ではありますが、
水流は決して穏やかではありません。
川上取水堰堤と殿又谷の取水堰堤からの水
はこの奥から水路隧道を通ってやって来ます。
56.JPG

そして、この山の上からは、そっち方面へ行く
道路も見下ろせます。
57.JPG

水路隧道です。
58.JPG

59.JPG

隧道の上から反対側を。
除塵機の左下へ水路鉄管が延びています。
60.JPG

上部池の越流部分です。
61.JPG

越流した水は、あさっての方向にこれまた
隧道で下っていきます。
62.JPG

どこへ行くんでしょう。これは追いかけていません。
63.JPG

その隧道の上から越流部を撮影したところ。
64.JPG

排砂門の上に排砂門、という出で立ちです。
これも沈砂池で見た形です。
65.JPG

66.JPG

水圧鉄管のところまで一周して戻ってきました。
67.JPG

68.JPG

隧道を含めて越流部を振り返ります。
69.JPG

名残惜しみながらも、
70.JPG

一気に降りました。
71.JPG

72.JPG

posted by Shimneti at 04:11| Comment(2) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なかなかいい雰囲気が醸し出されていますね
ゲート横の薄っぺらい階段サイコーです
あの形にしないといけない理由がわかりません

下りるのがなかなか怖そうで
滑ったらあっという間に下まで行けそう
Posted by mt.tell at 2011年12月16日 00:56
mt.tellさま こんばんは。
下から望遠で見えていた姿に惹かれてしまいまし
た。水圧鉄管の間の階段のしんどさを吹き飛ばし
てくれる期待以上のお姿にとても満足しましたよ。

ただ立入禁止じゃないから、と言って投稿する事
には、いささかの罪悪感があったことは確かです。
滑ったらあっという間に・・・と言う決して安全
が確保されているような場所では無かったので、
やはり一般公開してるわけではないんでしょうか
ね。これ以上厳重にしないで頂きたい、と願いな
がらも投稿しちゃいました。

薄い階段の現地では「ここまでやっといてコンク
リート節約かね?」って叫んでましたよ。そんな
理由じゃなかったりして・・・

Posted by shimneti at 2011年12月16日 04:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: