カテゴリ
ダム・発電所(310)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(97)

2011年11月30日

東杉原堰堤(イビデン東横山発電所)

有り得ない橋=平成橋へ向かう林道が開通
したようなので、ちょっと寄ってみます。
01.JPG

しかし雪崩ていて、一旦は開通したものの今は
行けない、といった感じでした。
02.JPG

林道から下を見ると東杉原堰堤が見えました。
こちらも盛大に流れています。
03.JPG

そして、あの青い屋根の小屋方面は工事中の
ようでした。
04.JPG

林道を戻ってくると先ほどの東杉原第一沈砂池
が見下ろせました。
05.JPG

東杉原堰堤へ向かうと、こちらも車では通過
できない状況となっていました。
06.JPG

雪解けのシーズンの一時的なものでしょうけど、
今は歩いてやり過ごすしかありません。
07.JPG

08.JPG

そして・・・先ほど林道から見えていたあの工事は
新しく作る徳山発電所の土砂捨場のものだった
ようです。
09.JPG

10.JPG

東杉原堰堤です。
11.JPG

今日は川全面で越流しています。
12.JPG

13.JPG

アーチも水で一杯。
14.JPG

尾蔵谷の入口が工事で開けた為、ここの
景観も変わりました。
15.JPG

16.JPG

17.JPG

18.JPG

ここに「東杉原堰堤」と「東杉原第一隧道」と
書かれてあります。
それぞれ補修工事は2007年に行われた
ようです。
19.JPG

ここでも電力量計に東杉原堰堤であること
が書かれています。
20.JPG

上流側へは以前はもう少し緑が続いていましたが
土砂捨場をバックに、これは測水でしょう。
21.JPG

道よりも高いところまで目盛りが振ってあり
ます。
恐るべき揖斐川の風景ですが、徳山ダムが
出来た今、ここに水が到達することはもう
無いことでしょう。
22.JPG

徳山発電所用の土砂捨場は、ガードマンが
立って、せっせとダンプカーが行き来して
いました。
23.JPG

随分前から、仮設の為の工事がされていたこと
を思うと、かなり以前から計画されて動いていた
のだと、ちょっと感心してしまいました。
24.JPG

ここから見る東杉原堰堤と測水所。
25.JPG

26.JPG

おまけです。

2006年11月の東杉原第一沈砂池です。
改修していますよね。
まぁ青い屋根の小屋の時にちょっと紹介
はしているのですが・・・
27.JPG

28.JPG

そして、これは東杉原堰堤。
先ほど第一隧道の補修が2007年3月竣工と
有りましたが、この辺り一帯を改修していたの
ですね。
29.JPG

なんとなんと、と言うか、やはり・・ですが、
東杉原堰堤は以前は石積だったのです。
30.JPG

この時改修していたのです。
いまではコンクリートとなっています。
31.JPG

改修前の取水口です。
32.JPG

測水所も。
33.JPG

半分づつ通水して工事していたのですね。
34.JPG

右岸から取水口を撮影。
35.JPG

36.JPG

そして土砂捨場はあの庭石と泳ぐ宝石の廃墟
だったということです。
37.JPG

次のおまけ。
2008年4月の東杉原堰堤。
改修後ですのでコンクリートの上を水が
滑り落ちています。
38.JPG

右岸からも撮影。
39.JPG

40.JPG

取水口も改修後ですが、よくはわかりませんね。
41.JPG

posted by Shimneti at 23:23| Comment(2) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この東杉原堰堤って、徳山ダムへと向かう途中気になるやつですか?? 

もしそうでしたら、徳山ダムへ行く度に、気になってたので、スッキリしました! 

行けるんですね。

沈砂池とかその隋道も気になります。 地元岐阜ながら知らない事ばかり。 あはは!
Posted by キリ☆ at 2011年12月11日 19:30
キリ☆さま そうですよ。 徳山ダムの下流に有る
やつです。 キリ☆さまのとこからだと遠いですが
私のところからは近いです。

イビデンの施設は古い物でも大切に使っている感じ
がして、見るのが好きです。

発電所と取水ダム、と言うセットでまとめておか
ないと、すぐ忘れてどれとどれがどうやったっけ
ってなことになってややこしくなってしまいます。
なのでイビデンの施設はこうやって記録しておく
ことにしました。

Posted by shimneti at 2011年12月12日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: