カテゴリ
ダム・発電所(308)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(96)

2011年11月09日

五月橋(深沢峡 大西瑞浪線 岐阜県道352)

R418をさらに東へ進むと、廃墟いさまつが
見渡せる場所が出てきます。
01.JPG

いさまつは3階建てです。
02.JPG

いさまつから船着き場へ向かう途中に有る
東屋ですが、屋根が抜けてしまっています。
鉄骨造です。
03.JPG

船着き場は石積み。
04.JPG

今日のメインは、ここ五月橋です。
いさまつは、なんやかんやで3回目の訪問
ですが、五月橋は初めてなのです。
05.JPG

昭和29年製とは思えないほどしっかりとした
状態です。
06.JPG

橋の真横には滝が隠れています。
07.JPG

ロングスパンを飛ばしている足下もとても
しっかりしている感じ。
橋脚の水面下は、岸に近い場所のでそんな
に深くはなさそうです。
08.JPG

アンカーも何の不安も有りません。
09.JPG

かつては、ここを車で渡ることが出来て、
この先に駐車場が有った・・・
現在の橋の前後の道は、いささか信じが
たい状況ではあります。
しかし橋はまだまだ現役でも問題無さそう
です。
10.JPG

これを見ると車が曲がれるように造られたことが
わかります。
11.JPG

12.JPG

13.JPG

14.JPG

15.JPG

昭和29年製  さすがは松尾橋梁
16.JPG

改修してグレーチングになったのかどうかは
わかりませんが、まだ新しいです。
17.JPG

丸山ダムで静かな湖となった木曽川です。
18.JPG

新丸山ダムでさらに水位が上がってしまいます。
もったいないですねぇ。仕方有りませんが。
19.JPG

20.JPG

21.JPG

左岸、つまりは五月橋南側へやってきました。
22.JPG

北側を振り返り。
23.JPG

24.JPG

こちらはアンカーの位置が下に有ります。
25.JPG

大西瑞浪線だということがわかる三角ポスト。
26.JPG

27.JPG

28.JPG

29.JPG

30.JPG

31.JPG

この先も昔は車道だった・・
32.JPG

五月橋方向を振り返り。
33.JPG

よく見ると右に分岐しています。
駐車場でも有ったのでしょうか。
34.JPG

ここからすぐの所にいさまつが有ります。

posted by Shimneti at 02:56| Comment(0) | 林道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: