カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(45)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(57)
その他(98)

2011年09月24日

元発電所池 神山発電所跡 鶏鳴の滝 2

水路跡を辿ることにします。
01.JPG

うっすらと踏み跡は有ります。
02.JPG

おほっ 何やら隧道っぽいのが遠くに見える。
03.JPG

ちょっと通りにくい場所もあります。
04.JPG

05.JPG

水路跡をたどって来ました。
06.JPG

07.JPG

隧道前から振り返り。小さい水路ですね。
08.JPG

09.JPG

隧道到着。
要石有る!
10.JPG

しかし小さい! これ入っていくのいやです。
11.JPG

12.JPG

13.JPG

14.JPG

横にちゃんと道がありました。
当時の巡視路なのか、現役木こりのものなのか
はわかりません。
15.JPG

とにかく隧道反対側にやって来ました。
16.JPG

正面は薮に隠れて・・
17.JPG

18.JPG

薮をはらい退けるとあらわれました。
19.JPG

20.JPG

21.JPG

隧道を離れて、さらに水路を行きます。
22.JPG

ちょっと振り返り。
23.JPG

24.JPG

25.JPG

やがて終点・・ではなく、沈砂池のような場所
に到着しました。
26.JPG

方角的には写真のような感じです。
27.JPG

余水は鶏鳴の滝方向に行っている水路。
28.JPG

この下に滝が有ります。
29.JPG

一方の水圧鉄管方向。
30.JPG

ここにゲートを置いて水量調整して、余水側は
閉か自然越流させて、メンテ時切り替える、という
感じでしょうか。
31.JPG

32.JPG

沈砂池方向振り返り。
33.JPG

34.JPG

水圧鉄管下流方向。
35.JPG

ところどころにベースが残っています。
36.JPG

沈砂池、水圧鉄管出口の部分。
37.JPG

38.JPG

水圧鉄管に沿って降りていきます。
39.JPG

40.JPG

少々尾根のようになっています。
41.JPG

岩と岩の間なのかベースとベースの間なのか。
42.JPG

鉄も少々見かけます。
43.JPG

44.JPG

木が話にならない程生い茂って撮影どころ
ではありません。
45.JPG

46.JPG

47.JPG

密林地帯を抜けるとまた視界が広がります。
もう下界は近そうです。
48.JPG

49.JPG

50.JPG

穴の開いたベース有りました。
51.JPG

52.JPG

53.JPG

54.JPG

もう下が見えています。
55.JPG

あの駐車場から滝への入口に到着しました。
この辺りに発電所が居たと言うことですね。
56.JPG

駐車場周辺には関電のVAマークとともに
土木槽のようなのもありました。
57.JPG

公営林に入り、小川を挟んだ尾根に有る
遺構を見ます。
58.JPG

わかりますかねぇ。
59.JPG

60.JPG

あれ?すっかり笹ヶ岳のことは忘れてしまって
いました。
帰って調べてみたら、神山発電所と言うことが
わかりました。すごい。
でも結局、元発電所池は謎のままなのです。
61.JPG

posted by Shimneti at 01:13| Comment(2) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここは大正5年に50kwで運開ですが
小水力発電が話題になっていても
50kwの出力で滝の横に発電所を建設するなんてことしたら猛反対が起きるでしょうね
執念の50kw

滝を見に来ても山歩きに来ても、ここに発電所があったなんて誰も気かないですね

最近shimnetiさんところの白倉林道の記事を見てから隧道・素掘りとかに敏感に反応するようになってきて
「要石ある!」が妙に心に響いてしまいました
Posted by mt.tell at 2011年09月24日 08:23
mt.tellさま こんばんは。 毎度ありがとうござい
ます。

50KWなんですか。これだけの工事をやって50KWです
からね。これが必要だった当時を想うとやっぱり
執念ですね。

誰も気づきそうに無い所にあんなに立派な隧道が
現れて、そのことだけでも感動してしまいました。

しかし、よく考えたら滝のためにしては良い道が
ついてるなと思いますね。

Posted by shimneti at 2011年09月27日 01:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: