カテゴリ
ダム・発電所(310)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(97)

2011年08月28日

朝熊登山鉄道3 朝熊岳駅舎到着

どこから上がりましょうか。
01.JPG

ここからですかね。
02.JPG

03.JPG

04.JPG

ホームに上がりました。
背後に駅舎が見えています。
ケーブルカーの入る場所は草で埋もれています。
05.JPG

06.JPG

駅舎に到着。
07.JPG

ここからはもう廃墟探索の世界です。
よくぞ残っていてくれたと感謝するのみです。
そして自分のような奴がたくさん来て汚されて
ほしくない、と勝手な願いをめぐらせています。
本当に勝手なもんです。
08.JPG

09.JPG

10.JPG

11.JPG

12.JPG

13.JPG

14.JPG

15.JPG

16.JPG

17.JPG

18.JPG

19.JPG

この部屋には盤が残っていました。
20.JPG

21.JPG

屋上への階段の下。
22.JPG

23.JPG

24.JPG

25.JPG

屋上へ上がります。
26.JPG

27.JPG

28.JPG

屋上からの景色を楽しみます。
29.JPG

30.JPG

景色を楽しんでいたら落とし穴にかかりそう
です。
31.JPG

下の階が見えています。
32.JPG

33.JPG

愛宕山と違い、こちらは車で来れてしまうので
フェンス+有刺鉄線で囲まれています。
私は先にフェンスの中に到着してしまいましたが・・
34.JPG

35.JPG

フェンスを出ると、あの麓の変電所とよく似た
デザインの建物が有ります。
36.JPG

37.JPG

便所でした。
38.JPG

便所だけでも50枚くらい撮りましたが割愛。
39.JPG

このまま山頂を目指します。
40.JPG

アンテナが有ります。
このカメラの目つきは確実に監視用ですな。
41.JPG

城跡のような、建物跡が有ります。
42.JPG

43.JPG

44.JPG

展望スペースがもう一段上にも有りました。
広場です。
45.JPG

46.JPG

47.JPG

その下に先ほどの駅舎が見えています。
48.JPG

アンテナ近くの斜面を上がると、何やら
有ります。
49.JPG

50.JPG

51.JPG

地理調査所 天測点 と書かれています。
52.JPG

そして一等三角点 477.9m

でももう少し別の場所に555mが有るんですよね。
53.JPG

54.JPG

金剛證寺方面へ進むと、本来の駅舎への分岐
が有ります。立入禁止になっています。
私はまたしても左の道から出てきてしまいましたが・・
55.JPG

まだ他にもアンテナがいっぱい。
56.JPG

57.JPG

登山道を来ると、ここで合流します。
58.JPG

朝熊岳道です。ここで宇治岳道と合流。
59.JPG

これが二十二町石です。
60.JPG

ここにも遺構が有ります。
61.JPG

62.JPG

63.JPG

64.JPG

朝熊岳東風屋旅館跡です。
65.JPG

そしてこの道、登山バスが走っていたのです。
66.JPG

大正15年開業。
開業初年は52000人もの乗客を運んだそうです。
67.JPG

さらに進んで、配水池。
68.JPG

山頂近く。
69.JPG

アンテナに囲まれて幸せです。
70.JPG

これは金剛證寺八大龍王社の有る場所からの
眺めです。
71.JPG

72.JPG

金剛證寺八大龍王社です。
73.JPG

ここに朝熊ヶ岳山頂の碑が有ります。
ここが一般に言われている555mですね。
74.JPG

75.JPG

JARLのレピータを見てから経塚へ入ります。
76.JPG

77.JPG

朝熊山経塚群。
78.JPG

近くに広場が有って、中日新聞無線中継所。
79.JPG

でこぼこの山道を下っていくと・・・
80.JPG

塔婆が見えてきました。金剛證寺です。
81.JPG

奥の院への極楽門を抜けて、
82.JPG

塔婆の間を抜けて奥の院へ。
83.JPG

池の右手、彼岸に立つ雨宝堂を見てから、
84.JPG

おとなしく登山道を降りて振り出しの橋に
来ました。
85.JPG

もういっぺん橋の下に潜りましたが・・・
86.JPG

posted by Shimneti at 04:35| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: