カテゴリ
ダム・発電所(310)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(97)

2011年08月18日

宮川第三ダム 不動谷ダムへの道中1

何とか三発ルートのお世話にならずに日浦杉
方面へ登るルートは無いんかいな、と一応・・・
一応探しましたけど、ダメなものはダメです。
01.JPG

ウグイ谷と三発の間の少々わかりにくいところ
から登り始めます。
02.JPG

驚くほどの枚数を撮ってるにもかかわらず、入口の
写真が無い・・・
でも入口は注意深く見ていると、気付きます。

登り始めてすぐの所にアンテナの残骸が・・
これってP887に有ったやつと違うのかな?
03.JPG

殉職碑の横を通り過ぎます。
04.JPG

アンテナが無くなった今、この電柱が使われている
のかどうかわかりませんが、これが目印になるで
しょうか。
05.JPG

あまり良い登山道ではありませんが、とにかく登り
ます。
06.JPG

07.JPG

しばらく進んだところで三発パイプと合流です。
そこに立入禁止の看板が有ります。
これが有るから投稿を控えていましたが、よく考えたら
日浦杉へ行くにはここは利用させていただく他に良い
ルートは有りません。だからOKですよね。
08.JPG

ここからしばらく安心ルートで登ります。
09.JPG

保全の方々はモノレールを使用するのでしょうか。
10.JPG

ではいつものように水圧鉄管の横を点検しながら
登っていきます。
11.JPG

三発パイプは角度を変えながら、結構な距離をかせが
せてくれます。
12.JPG

13.JPG

14.JPG

登っては次の目標を目指す、と言う感じです。
15.JPG

三発パイプ後半がなかなかスリリングです。
16.JPG

17.JPG

高いところが苦手な方には厳しい感が有りますが、
このルートが無かったらもっと大変なことになります。
18.JPG

尾根伝いに随分来ました。
19.JPG

このまま三発パイプはトンネルへ入って行きます。
20.JPG

では私も・・・と言うわけにはいきません。
21.JPG

ちゃぁんと鍵が掛かっています。
22.JPG

当たり前ですよね。
23.JPG

隙間から。
でもこんな配管の横を歩いて行くとしても勇気が
いりますね。
モノレールもここまでのようです。
24.JPG

ここで三発パイプとはお別れして私は更に上へ
上へと登ります。
まずは三発パイプの上へ。
25.JPG

26.JPG

階段が見えています。
やはり点検ルートはトンネルでは無いのでは
ないでしょうか。だとするととても大変なルート
です。
ここからのダムまでの距離の方が遙かに長い
んですから。
山が嫌いな人には務まらない仕事ですね。
27.JPG

トンネル入口のすぐ上には調整タンクのような
のが有りました。
28.JPG

その横には捨てCONなのか、何かの基礎跡
なのか。
ワイヤーが有るので索道跡かもしれません。
29.JPG

30.JPG

このタンクの脇にボードが落ちていたのでひっくり
返してみました。
やはり点検歩道を整備しているようです。
ここがルートなんだ。凄い。
31.JPG

32.JPG

33.JPG

山道はまだまだ続いていきます。

posted by Shimneti at 08:01| Comment(4) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜
行きたい
でも、立ち入り禁止の所に入るのは・・・
う〜・・・
でも行きたい

かなり歩いてるようにみえて
ホント、まだこれだけですね

宮川第三発電所で290mくらいだから
500mは上ってるってことでしょうか
Posted by mt.tell at 2011年08月18日 22:27
mt.tellさん おはようございます。

結構細いめの尾根なので、立入禁止以外のところ
に行くとかなり危険だと思います。

三発パイプ合流まで標高差200mくらいだった
のできっと500mくらいで、トンネルのところ
が等高線で800mくらいだと思います。

続きまた投稿します。

Posted by shimneti at 2011年08月19日 04:17
(;゜д゜) これほどまでとは!! やっぱり過酷な道のりですね! 

まだつづきがあるんですか! 是非とも参考にさせて下さい!

想像以上だったので、正直ビビってます。

やっぱ、シマさんってすごいや!
Posted by キリ☆ at 2011年08月21日 20:47
おはようございます。

続きを投稿します。道中気が散って時間がかかって
いますが、キリ☆さんなら大丈夫ですよ。
もうちょっとダムをちゃんとおさえると思います。
涼しい季節に是非。
 
Posted by shimneti at 2011年08月22日 04:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: