カテゴリ
ダム・発電所(308)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(96)

2011年07月19日

大杉谷森林鉄道 大杉谷索道跡水越峠側

01.JPG

千尋隧道から奥へは、歩きとなりました。
昔は車で入ってきていたのですが、今はゲートが
ちゃんとしてあります。
晩飯、朝飯抜きで歩き始めます。
02.JPG

ちょっと雨がぱらつきました。
03.JPG

水をはじくほど真新しい木製看板。
04.JPG

05.JPG

森鹿橋
06.JPG

水越峠方面への分岐です。右が水越峠方面。
ゲートも有り、閉まっていますが、以前は無かった
ように思います。
左は粟谷〜大台辻の方面です。
今日は右の大杉谷索道跡を目指します。
07.JPG

08.JPG

林道沿いに有るので、ここを歩いていくだけの
ことです。
09.JPG

10.JPG

途中、千尋谷へ降りる旧道らしき道をみつけ
ました。
11.JPG

その前には何かの建物跡が有ります。
12.JPG

13.JPG

タイヤ跡が少なく、ここ数日は車が入って
いないようです。
14.JPG

15.JPG

16.JPG

17.JPG

大きく補修している箇所もあります。
18.JPG

19.JPG

20.JPG

しばらく進むと、見えてきました。
大杉谷索道跡。
21.JPG

かなりのごつさです。
以前、ここで弁当を食べたりしましたが、今日は
何も持っていなくてひもじい感じ。
22.JPG

ではしばらくデジタル化に勤しみます。
23.JPG

24.JPG

25.JPG

かなり大規模な索道だったのでしょう。
26.JPG

発着場の基礎でしょうか。
27.JPG

今となっては何の跡だったのかわかりません。
28.JPG

29.JPG

30.JPG

31.JPG

32.JPG

33.JPG

階段が有りました。
34.JPG

階段を降りた先にも基礎が残っています。
35.JPG

36.JPG

37.JPG

38.JPG

もう一つ階段が有りました。
39.JPG

40.JPG

風呂桶のようなのもあります。
41.JPG

42.JPG

43.JPG

ちょっと向きがおかしいと思います。
44.JPG

45.JPG

供養 と書かれています。
昭和32年。
あの千尋隧道や、大台林道にかかる橋などを
作っていた頃です。工事で犠牲になった方の
供養ということでしょうか。
あまり手入れされていない印象でした。
46.JPG

林道はまだ水越谷へ向かって続いています。
47.JPG

車で来れた時に水越峠も行っておくべきでした。
行くにはそれなりに時間がかかりそうです。
いつか行きたいと思いながらも当分実現しそうに
ありません。
48.JPG

ちょっと行って、すぐに引き返している自分。
49.JPG

50.JPG

51.JPG

52.JPG

53.JPG

日本の林業が活況だった時代を想いながら
元来た道を戻ります。
54.JPG

さすがは大台。雨が本降りになる予感。
55.JPG

来る時に通った何かの建物跡に少し立ち寄って
車まで戻りました。
56.JPG

57.JPG

58.JPG

posted by Shimneti at 03:35| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: