カテゴリ
ダム・発電所(316)
鉱山(47)
林道(54)
隧道(105)
(16)
鉄道(58)
その他(103)

2011年07月08日

三重 白倉林道 謎の橋(二ノ俣橋らしい)

01.JPG

白倉林道に入り、銚子川第二発電所を越えてすぐに
あらわれるこの謎の橋。はたして林鉄のものでしょうか。
もうちょっと近くで見てみたいものです。
どうやったら行けるでしょう。
1月よりはやはり鬱蒼としてきました。
ロープ垂らすか・・
いやいや、橋に降りれても橋の向こうでストンです。
02.JPG

結局こうなりました。
橋より大分下流にこんな分岐が有りました。
写真撮るのを忘れていたので、1月の時の
写真です。
03.JPG

今は4月も末なので実際はもう少し鬱蒼として
いました。
04.JPG

しかしこの道も川の手前でストンです。
すんなりとは行かせてもらえません。
05.JPG

川の上の大きな岩をぴょんぴょんと軽快に・・・
と思っていたのですが・・・
06.JPG

ぴょんつるりん、おっと、ぴょんつるりん、おっと危ない、
こんな調子です。
07.JPG

水流に落ちそうになりながらもなんとか濡れずに
来ました。
08.JPG

コンクリ橋です。
09.JPG

10.JPG

左岸はここからではよくわかりません。
11.JPG

水は深そうです。きれい。
12.JPG

高巻くしかなし。
13.JPG

左岸をよじ登ると、道らしき跡がありました。
14.JPG

ちょうど橋の高さに近い場所です。
15.JPG

私の立っている場所につながっていたものと
思われます。
16.JPG

17.JPG

崩落した場所を下ります。
18.JPG

19.JPG

20.JPG

上流側からの眺めです。
21.JPG

鉄筋が見えています。
22.JPG

痛々しい姿ながらも、橋自体の寿命はもう少し有り
そうです。ただあの石積みは危ういと思います。
もうちょっとでキャンテになりそう・・・
23.JPG

橋から先、上流側へは、左岸を道の跡らしき
ものが残っています。
24.JPG

巾的には林鉄と思っても良い感じですが、
その証拠となるようなものは見あたりません。
25.JPG

対岸、右岸側の白倉林道が見えています。
ガードレールが外れています。
26.JPG

あまり良い状態ではないですがちょっとだけ
進んでみました。
27.JPG

しかし、崩落していて、高巻くしかなし。
28.JPG

登ってみると・・・何やら人工物が有ります。
29.JPG

石積みですが、見ようによっては貯水槽の基礎の
ようです。
30.JPG

31.JPG

何かの跡です。
32.JPG

上から。
水路のような・・・
33.JPG

横から。
34.JPG

状態はかなり悪いです。
35.JPG

36.JPG

まだ続いていそうですが今日のところは引き上げ
ました。
37.JPG

38.JPG

39.JPG

レール?ではないのか。
40.JPG

41.JPG

看板を食っています。
42.JPG

橋の横を通り、
43.JPG

44.JPG

45.JPG

お別れです。
46.JPG

面倒になって、別の斜面を登り、林道へ復帰しました。
47.JPG




【2018年3月3日追記】
昨年2017年9月にM氏が銚子川に連れて行ってくれた。

懐かしいこの場所で、私が最も気になっていたのは
やっぱりあの光谷との合流地点にある丸木橋、と言うか
あの一本橋。

それはさておき、この謎の橋。二ノ俣橋。
M氏の話だとやはり林鉄の二ノ俣橋らしい。
名前は欄干にちゃんと書いてある。


私のブログは例によって適当いい加減なため、途中の
投稿には、既にこの橋は林鉄の二ノ俣橋、ということに
なっていたり、謎となっていたり・・・。一貫性が無いの
だが、ただ他人からちゃんと聞いたことは無かったのだ。
48.jpg

恥ずかしながら、私の今年2018年の目標地の一つは
この奥地にある。そう、あの一本橋の丸木橋。
制覇で最も重要なことは天候だ。天候が悪ければ清く
諦めなければならない。危険だからだ。
しかしそれがわかっていても、近くまで来てしまう。
それがどんなに無駄なことであっても。それが私だ。
いや、無駄に終わらすのはもったいない。
ルートと方法を練りに練りまくろう。
49.jpg

久しぶりに二ノ俣橋に立ち寄った。前回来てから幾多
の大雨にも、あまり変化が無いように思った。
50.jpg






【2018年3月5日追記】
昨年の9月以来、彼の地への思いは募るばかり。

「もう少し・・・もう少しでいいからもっと近くで見てみたい。」

そもそも、この地形、人工のものなのか、自然の成せる業なのか、
それすら判然としていない。ちなみにこれが自然が創出したもの
であるならば、ちょっと私の興味は無くなってしまいそうである。

もう少し近くで見たい、と言うのは、そこを確かめたいからに
他ならん、と言うことだ。

人生も終盤に入っている。今後もずっとこういうことはやり続ける
だろうけれど、体力的なことはいかんともしがたい、と感じている
今日この頃である。これが人工的なものであるとすれば、そう
のんびりもしていられない気持ちになる。
51.jpg

もう少し近くで見たい。望遠を持ち込んだ。果たしてどうだ?
52.jpg

53.jpg

水平道のように見えるのはあの区間だけか?
こちら側に水平道が続いているようには思えない。
ここから見た限り・・・
54.jpg

しかし・・・
55.jpg

どう?これ。
この丸木・・・折れたものではない。
56.jpg

57.jpg

もう何年もここに居座っている。
自然とは言い難し。
望遠で満足できるかと思ったが、やっぱりもう少し近づきたい。
58.jpg

でもどうやったらあんな場所に近づけるんだ?
不動谷の取水堰堤からしかないのか?
今年2018年の目標に十分、値しそうであるよ。
51.jpg



【2018年3月10日追記】
ちなみに、この下見を行ったのは2018年2月の末である。
だいたい私はこの時期にここら辺をうろついていることが多い。
そしてだいたいこの季節は林業の方が居こそすれ、他の人と会う
なんてことはまずもって無かった。
ところが、この日はあの清五郎のところのゲート前に何台もの車
が停まっていた。県外ナンバーだ。これにはとても驚いた。

今日その事をM氏に言ったところ、それもそのはず。M氏曰く、
なんでもここは昨年TVで紹介されて、プチ有名どころになっている、
というのだ。
さらに驚くことに、あの丸木橋の上に立った人が居る。昨年ネット
で写真が上がっていた、と言うのである。
なぁ〜んだ。そう言うことだったのか。今年の目標にしていた私
だったが、テンションだだ下がりなことは言うまでもない。
私はブログなんかやってるくせに、そういう他人の情報にはうとい。

あの何台も停まっていた車は、その方面の有名どころの方々の
車だったのかもしれない。そう思うとあの時強行して、ニアミス
なんてことにならなくて良かったと今更ながらに感じた次第。

ブームも去ってまた静かな不動谷、光谷になったころに訪れるか。
・・・などと勝手なことを言っている自分も、ここに居る林業の人達
からすればよそ者のブームに過ぎないのである。
posted by Shimneti at 23:31| Comment(0) | 林道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: