カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(97)

2011年07月06日

三重 白倉林道 清五郎取水堰堤

01.JPG

4月30日、今年1月に行きそびれた清五郎
取水堰堤を見に、再びこの場所へ。
02.JPG

清五郎取水堰堤までなら車横付けが可能
なことはわかっています。
03.JPG

道中山男達が索道で木材を降ろしていました。
かっこいい。
04.JPG

その間ちょっと待っていました。
「釣りかね?」と言う問いに
「ダム見に来ました。」
「へぇ〜」
ちょっと不思議そうにされていました。
05.JPG

それでは、清五郎取水堰堤への分岐点に
車横付けです。
06.JPG

07.JPG

1月には無かったロープが張られていました。
08.JPG

まださらっぴん。
09.JPG

ここはそんなに下りていく必要は有りません。
10.JPG

でも要所には階段が有って歩きやすくなって
います。
11.JPG

12.JPG

13.JPG

14.JPG

15.JPG

この隧道を越えると間もなく堰堤です。
16.JPG

17.JPG

18.JPG

19.JPG

20.JPG

21.JPG

見えてまいりました。
22.JPG

まず目に入るのは水路隧道です。
古和谷取水堰堤からの放流口です。
そしてこの上の堰堤で不動谷取水堰堤からの
水と合流です。
23.JPG

隧道脇には水位の目盛りが付いています。
しかし、ここから勢いよく放流されることは無い
と思います。
24.JPG

25.JPG

貴重な情報源は何も読みとれません。
残念。
26.JPG

27.JPG

当たり前ですが、ちゃんと施錠されています。
まぁされていなくても入っていく勇気は有りませんが・・・
28.JPG

中を覗いたところ。
はるか山向こう、古和谷まで真っ暗な隧道
が続いているはずです。
29.JPG

この水がジャンプした先には・・・
30.JPG

31.JPG

はるか下方、不動谷にはもう一つ取水堰堤が
見えています。
32.JPG

これは銚子川第二発電所の取水ですが、
ゲート設備などがなくなっていて、とても現役
には見えません。
33.JPG

この川も水の多い時はえらいことになるでしょう。
34.JPG

35.JPG

36.JPG

では階段を登っていきます。
37.JPG

38.JPG

すぐに堰堤が見えてきます。
清五郎滝です。
39.JPG

立入禁止なのだとは思うのですが、施錠はされて
いません。
40.JPG

少々失礼して登らせて頂きます。
41.JPG

ここでも貴重な情報源が読みとれません。
42.JPG

トランスが乗っかっています。
43.JPG

ゲート操作部。
44.JPG

制御盤。
電源は入っていません。
45.JPG

上流は石がごろごろ。
46.JPG

堰堤も、もはや砂防の有様です。
47.JPG

トランスは3.3KV受ですが、唸っていない
ので、電気は入っていないようです。
48.JPG

49.JPG

清五郎滝3.3KV受電設備単線結線図
と書かれています。
古和谷で受電して、ここ清五郎取水堰堤と不動谷
取水堰堤へ行っているようです。
50.JPG

51.JPG

土砂吐どころじゃない様子なんですが・・・
52.JPG

清五郎滝をジャンプした先には先ほどの
取水が見えています。
53.JPG

54.JPG

あそこまでは結構落差が有ります。
55.JPG

56.JPG

先ほどの取水堰堤。
57.JPG

ここからの方が良く見えます。
堰堤は削れているのか削ってあるのか・・・
58.JPG

59.JPG

しばらく清五郎滝を眺めてから戻りました。
60.JPG

61.JPG

オーバーハングな石の下です。
62.JPG

掘削用の機器を留める穴でしょうか。
63.JPG

先ほどの山男達はもう作業を終了して撤収されて
いました。
64.JPG

丸太がたくさん出来ていました。
65.JPG

posted by Shimneti at 22:27| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: