カテゴリ
ダム・発電所(310)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(97)

2011年06月12日

比奈知ダム

君ヶ野ダムから比奈知ダムへと向かいます。
君ヶ野ダムを下りてすぐのところに名松線が
あります。
またゆっくり見てみたいけど、なかなか実現
もしそうにないですが・・・
01.JPG

02.JPG

03.JPG

随分草がありますが、線路は無事です。
04.JPG

途中の峠には雪が積もっていました。
05.JPG

ダムの下流側にある駐車場に車を入れます。
カラフルなモニュメントが有りますが、旧比奈知発電所の水車
と発電機の実物なのです。
今は三重県企業庁に比奈知発電所の名前のまま引き継がれ
ている、と書かれています。
06.JPG

07.JPG

スイスのエッシャーウィス社製の横軸フランシス水車
です。
08.JPG

発電機は日機製作所製。昭和39年製ですから
初代ではないのでしょう。
09.JPG

10.JPG

工具も展示してある、と言うのは珍しいような
気がしますね。
11.JPG

郷愁の碑があります。
12.JPG

ここからのダムは、カメラに収まりきらない大きさです。
13.JPG

この減勢工の角度はどうですか。
川に逆らわず、ですね。
14.JPG

下流側の建物です。
15.JPG

下流側はダムが出来る前の川の雰囲気を
少し残しています。
16.JPG

堤体へ近づいていきます。
17.JPG

監視カメラ付きです。
18.JPG

公園の端っこには穴が有ります。
19.JPG

20.JPG

21.JPG

クレストに有るこの穴は何でしょう。
22.JPG

これ。
23.JPG

ここからも水が出てくるのでしょうか。
あまり水跡は付いていません
24.JPG

位置的には真下のゲート放流の通気のようにも
見えますがよくわかりません。
25.JPG

クレスト両サイドには展望台みたいなタワーがあります。
26.JPG

27.JPG

あんな高い所にも穴が開いています。いろいろ不思議です。
ここには水跡があります。
28.JPG

29.JPG

堤体近く、地下へ向かう入口も有ります。
30.JPG

入ってみたいなぁ。
31.JPG

カメラが監視しています。
32.JPG

33.JPG

34.JPG

35.JPG

堤体間近から見上げるのも良いです。
写真ではうまく伝わりません。
実際はすごい迫力です。
36.JPG

やはり間近で見るのは良いもんです。
37.JPG

どうです。このカーブ
38.JPG

このまま天端へ登って行きたいのですが・・・
39.JPG

だいたいどこでも立ち入り禁止になっています。
そんなに危険でもないと思うのですが・・・
でもまぁしんどいのであまり利用する人は居ない
とも思います。
40.JPG

41.JPG

次に駐車場の下に来ました。
42.JPG

43.JPG

下流すぐに有る月出橋です。
44.JPG

ここから見るダム。
45.JPG

下流左岸側。
立ち入り禁止です。
46.JPG

門には2種類の水利標識が出ています。
47.JPG

よく見ると少し違う事が書いてあります。
48.JPG

49.JPG

50.JPG

ここから望遠で。
51.JPG

52.JPG

53.JPG

この小さな建物が比奈知発電所のようです。
54.JPG

公園の最も下流側には「大井手水路改修之碑」
が有ります。
55.JPG

56.JPG

もう一度車で左岸の川沿いへ進んでみました。
57.JPG

58.JPG

59.JPG

すぐに林の中に入ってしまいました。
60.JPG

ダムを見ながらバック。
61.JPG

天端へ来ました。
62.JPG

ダムの概要を説明するスペース。
63.JPG

ダム湖からみた堤体。
こっちから見るとクレストが幅広。
64.JPG

ダム湖。
65.JPG

66.JPG

右岸から左岸方向を見たところ。
歩道も有ってかなりの広さです。
67.JPG

68.JPG

69.JPG

70.JPG

71.JPG

72.JPG

下流側、減勢工の曲がりっぷりがわかります。
73.JPG

ここからだと穴の位置がよくわかります。
74.JPG

75.JPG

76.JPG

左岸にある碑。
77.JPG

78.JPG

左岸から右岸の方向を見たところ。
79.JPG

80.JPG

81.JPG

82.JPG

やっぱりクレストの様子が妙な感じです。
沈砂構造になってるのでしょうか。
83.JPG

なかなかいろんな仕掛けが有りますが、何も
書いていないので何するものかはわかりま
せん。
84.JPG

85.JPG

86.JPG

87.JPG

88.JPG

89.JPG

90.JPG

2段に越流する感じ?減勢越流ですかね。
91.JPG

国道から天端への入口へ分かれる所まで
歩いてきました。
92.JPG

この円筒形のものは何でしょう。
93.JPG

わからんものだらけです。
94.JPG

夜間10時以降は立ち入り出来ないようです。
95.JPG

すっかり暗くなって、照明が点灯し始めました。
96.JPG

posted by Shimneti at 10:29| Comment(4) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは☆ ダムごはん☆2にコメント並びにリンクありがとうございます。

只今更新できませんが、また再開しますのでそれまでお待ち下さい。

比奈知ダムイイですよね♪ クレストの構造は、『天端側水路』と言うシステムです。 神奈川県の宮ヶ瀬ダムも同じ構造です。 他にもこのようなダムがあるようです。
Posted by キリ☆ at 2011年06月12日 21:23
 
キリ☆さま こんばんは。
お忙しいようで。あまりご無理をなさらないよう
に。


天端に側水路なんですか。先程比奈知で検索して
たら、あの中を見学している方が結構居られます
ね。 もっとよく見ておけばよかったです。
それにしても、何のため? と言うのも聞いて
こればよかったです。

宮ヶ瀬もそうなんですか。宮ヶ瀬は作ってる最中
に行ったことが有りますが、出来てからは無いの
で、あらためて行きたいものです。

ではまた更新楽しみにしてます。。
 
Posted by shimneti at 2011年06月14日 00:51
お久しぶりです!

キリ☆さんと内容がかぶってしまいますがw
比奈知ダムの天端側水路の分りやすい説明看板の写真があるのでご参考までにどうぞ!!

ダムの機能を喪失して提体越流してしまった場合に,天端側水路へ水を一旦溜め込んで,下流へ大量の水が流れるまでの時間を稼ぐ!
という,
文書で長ったらしく説明するよりも,写真を一見してもらえれば分ると思います。
(2010年のMMにて撮影)

http://twitpic.com/5eca35/
見学時の簡単なレポ
http://ameblo.jp/coextensive04/entry-10619126501.html
Posted by 3A at 2011年06月21日 00:43
 
3Aさま ご来訪ありがとうございます。

3Aさまも天端側水路内を訪問されたのですね。

写真ありがとうございます。これは貴重な説明書
きですね。現在の貯水位まで書いてある・・。

あれだけ大きなダムで、水位がクレストまで達っ
したら、やはりいきなり下流側の狭い川巾でいき
なり越流するより、一旦広く越流させて・・あの
側水路をバッファにして巾を変える・・・みたい
な感じでしょうか。
越流時は凄い迫力じゃないでしょうか。見てみた
いけど近寄りがたし、かもしれませんね。

これはもう一度見に行くべきか、と思いましたよ。
またよろしくお願いします。
 
Posted by shimneti at 2011年06月21日 03:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: