カテゴリ
ダム・発電所(308)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(95)

2011年06月03日

屯鶴峯 再び

もう2011年も6月だというのに・・・
ここではやっと正月です。
屯鶴峯 再びと言っても何のことやら・・・
2009年の正月にも屯鶴に居た・・だけです。
今年も何故か屯鶴に居ます。別に実家に
近いわけでもなし・・・
今日は二上山に登る約束をして、その待ち
時間をここで過ごしているのです。
01.JPG

だから屯鶴を前にしながら、道の駅ふたかみパーク
當麻に来てみたり・・・
02.JPG

正月をいいことに屯鶴の前の砕石場の終点まで
行ってみたり・・・
03.JPG

でもそんなに時間が有るわけでもないので、
やっと屯鶴峯へ。
04.JPG

確かに屯鶴峯はその雰囲気を味わいに行くには
ちょっと登れば済むわけですが、全容をつかむと
なると、これはまる一日でも厳しいかもしれません。
ここに書かれているようにR165へ抜けるのは
困難だと思います。
ちょっと行ってみたいとも思いますが、またあら
ためてですね。
05.JPG

歩いて5分もたたずにこの風景です。奇勝もうなづける
この風景。二上山が一千万年以上も前に噴火して、
その火砕流の堆積によってできたそうです。
千年でも凄いけど、千万年ですからね。どれだけ正しい
のかなんて誰にもわからないことです。
06.JPG

北側の砕石場の道路が見えています。
07.JPG

上がるのはすぐでしたが、この先、あまりにも
広すぎてどうしたらいいのかわかりません。
08.JPG

あっちにうろうろ、こっちにうろうろ。
09.JPG

10.JPG

ものすごくざらざらして滑りやすい斜面を滑るように
転げ落ちます。
11.JPG

こんなに層がはっきり見えたら、研究対象としても
良いでしょうね。
12.JPG

13.JPG

14.JPG

住宅と砕石場のコントラスト。
15.JPG

東屋の先にも道が有ります。
16.JPG

これは全容をつかむのは大変だわ。
17.JPG

それではそろそろ二上山へ向かうとしましょう。
18.JPG

ところで、これは2009年の正月です。
この時は三級基準点に行きました。
19.JPG

屯鶴と言うと、地下壕が有名なのですが、それは
またいつの日か・・・
20.JPG

posted by Shimneti at 07:30| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: