カテゴリ
ダム・発電所(308)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(96)

2011年06月01日

羽根谷砂防

R21関ヶ原から養老へ向かいます。
途中、広瀬橋から牧田川用水の取水堰堤を眺めます。
昭和初期のコンクリート製のいかすデザインです。
01.JPG

02.JPG

03.JPG

何度も見に来ているので今日は望遠ですませて
進みます。
04.JPG

次にやって来たのは、羽根谷。
養老山地の東面に有る羽根谷は土石流が多いので
昔から砂防に関する工事が行われていた場所です。
05.JPG

普段はもう少し家族連れが遊んでいたりするのですが、
もう夕方ですし寒くなってきたので人気は殆どありません。
06.JPG

まずはここから見始めました。
07.JPG

危険注意を促す看板があちらこちらにあります。
08.JPG

09.JPG

記念植樹も有り、寄付をされたかたの名前が有ったり
します。
10.JPG

羽根谷と言うと、あのデ・レーケが指導したと言う
巨石積み堰堤が有名なのですが、それ以外にも
近代のたくさんの砂防が見られます。
11.JPG

12.JPG

13.JPG

車で入れない林道も続いています。この先にも
砂防が有るのでしょう。
14.JPG

下流側も近づいてみます。
15.JPG

16.JPG

次には、明治の巨石積み堰堤に来ました。
17.JPG

18.JPG

19.JPG

20.JPG

明治21年12月20日竣工です。
21.JPG

とても明治から有るとは思えぬほどしっかりした
状態です。
22.JPG

さらに林道を登ります。
23.JPG

道は3つに分かれています。
24.JPG

25.JPG

まず@から進んでみます。
26.JPG

近代の砂防が隠れていました。
27.JPG

まだまだ道は続いていそうですが、プロ用林道の様相。
28.JPG

次にAの新しい林道へ。
29.JPG

まだ新しい雰囲気です。
30.JPG

やがて月見の森の歩道と合流する場所で行き止まり。
ここからも歩道へ観光できるようにするのではないで
しょうか。
31.JPG

32.JPG

この林道からは最初に訪れた砂防が見えています。
33.JPG

34.JPG

そして砂防遊学館も。
あとであの上に行ってみます。
35.JPG

次にBの林道へ進みましたが・・
洗い越しで、ハンターのおじさんが獲物の鹿を
洗っていたので先へは行きませんでした。
ちょっとお話をしてここで退散。
36.JPG

37.JPG

林道を砂防遊学館の方へ降りてきました。
38.JPG

39.JPG

砂防の上を通っている感じの道。
40.JPG

綺麗に整備されています。
41.JPG

その名の通り遊びながら学べる施設です。
もう時間も遅く、今日は入りませんが、あらためて来て
みたいです。
42.JPG

土石流のつらい歴史とその爪痕を公園や学習の
場として、前向きにとらえた素晴らしい試みだと
思います。
43.JPG

44.JPG

この碑。
「治山 治水
川を治むるには まず山を」
まさにデ・レーケの教えです。
45.JPG

施設内にはミニ砂防も有ります。
46.JPG

47.JPG

白竜神社にちなんだ竜の公園から見た砂防遊学館。
48.JPG

UFOのようにも、古墳のようにも見えます。
未来と過去の融合です。
白竜のとぐろを巻いているようにも見えます。
49.JPG

ちょっと上がってみました。
50.JPG

白竜の頭のよう。
51.JPG

52.JPG

そこからの眺め。
53.JPG

そして白竜のモニュメントも見えました。
54.JPG

posted by Shimneti at 01:39| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: